ネットワーク トレース

ネットワーク トレースを使用すると、Google Mobile Ads SDK に関連するネットワーク アクティビティを表示できます。これは、Google モバイル広告の実装をデバッグする際に役立ちます。

Charles プロキシなどのツールの代わりにネットワーク トレースを使用する主なメリットとして、iOS のすべてのバージョンと、認定を受けた第三者によるセキュリティ証明書プロファイルがないデバイスで動作することが挙げられます。iOS 10.3 以降に適用される証明書プロファイルの要件により、プロキシツールは対象外となります。

このガイドでは、デバッグ用にネットワーク トレースを有効にする方法について説明します。

トレースを有効にする

ネットワーク トレースを有効にするには、アプリの「有効化 URL」を Google サポート エンジニアから取得する必要があります。提供されたアプリの有効化 URL を、デバイスのペーストボードにコピーします。そしてアプリを起動または再入力すると、次のダイアログが表示されます。

[OK] をタップすると、ネットワーク トレースが有効になります。アプリを強制終了すると無効になります。

ネットワーク トレースを有効にすると、Google Mobile Ads SDK でネットワーク イベントのログがコンソールに記録されます。

ログが記録されたら、そのログのコピーをデベロッパー フォーラムで Google のエンジニアに非公開の返信として提供すると、詳しく分析してもらうことができます。

ログ

ネットワーク ログを出力するには、プラットフォームに適した標準のコンソールログを使用します。

コンソールログのメッセージは常に GMA Debug BEGINGMA Debug CONTENTGMA Debug FINISH のいずれかの文字列で始まっているため、検索や除外に使用できます。個々のネットワーク ログでは、最初のログメッセージが GMA Debug BEGIN、最後のログメッセージが GMA Debug FINISH となっていて、ネットワーク ログのコンテンツは GMA Debug CONTENT で始まっています。ネットワーク ログのコンテンツが長すぎて 1 行に収まらない場合は、複数の行に分割され、それぞれの行が GMA Debug CONTENT で始まります。

出力例

<Your App Name>[2710:30568] <Google> GMA Debug BEGIN
2017-12-06 09:47:09.268020-0800 <Your App Name>[2710:30568] <Google> GMA Debug CONTENT: {
  "components" : [
    "network_request_31107D12-E54E-45D6-AEA9-4A303C659EDF"
  ],
  "timestamp" : 1512582429267.2629,
  "event" : "onNetworkRequest",
  "params" : {
    "firstline" : {
      "uri" : "<encoded text>",
      "verb" : "<encoded text>"
    },
    "headers" : [
      {
        "name" : "<encoded text>",
        "value" : "<encoded text>"
      }
    ]
  }
}
2017-12-06 09:47:09.275742-0800 <Your App Name>[2710:30568] <Google> GMA Debug FINISH

ログが出力されたら、そのログのコピーを Google のエンジニアに提供すると、詳しく分析してもらうことができます。