ネイティブ広告のオプション

GADAdLoader の作成時に、最後のパラメータとして次のようなオブジェクト配列を含めることもできます。このセクションでは、これらのオプションについて説明します。

Swift

adLoader = GADAdLoader(adUnitID: "ca-app-pub-3940256099942544/3986624511",
    rootViewController: self,
    adTypes: [ ... ad type constants ... ],
    options: [ ... ad loader options objects ... ])

Objective-C

self.adLoader = [[GADAdLoader alloc]
      initWithAdUnitID:@"ca-app-pub-3940256099942544/3986624511"
    rootViewController:rootViewController
               adTypes:@[ ... ad type constants ... ]
               options:@[ ... ad loader options objects ... ]];

GADNativeAdImageAdLoaderOptions

GADNativeAdImageAdLoaderOptions には、ネイティブ アドバンス広告の画像に関連するプロパティが含まれます。GADNativeAdImageAdLoaderOptions オブジェクトを作成してそのプロパティ(disableImageLoadingpreferredImageOrientationshouldRequestMultipleImages)を設定し、初期化中に渡すことで、ネイティブ アドバンス広告の画像アセットを GADAdLoader でどのように処理するか管理できます。

GADNativeAdImageAdLoaderOptions には次のプロパティがあります。

disableImageLoading
image プロパティと imageURL プロパティを格納する GADNativeAdImage のインスタンスから、ネイティブ広告の画像アセットが返されます。disableImageLoading をデフォルトの false(Objective-C の場合は NO)に設定すると、SDK で自動的に画像アセットが取得され、image プロパティと imageURL プロパティの両方が設定されます。true(Objective-C の場合は YES)に設定すると、SDK で imageURL のみが設定され、実際の画像をご自身の判断でダウンロードできます。GADMediaContentmainImage プロパティを使用してメディアビューの画像を設定します。
preferredImageOrientation

一部のクリエイティブでは、デバイスの向きに応じて表示できるように複数の画像が用意されています。このプロパティを、次のいずれかの方向を示す定数値に設定すると、その向きの画像をアプリでリクエストできます。

  • GADNativeAdImageAdLoaderOptionsOrientationAny
  • GADNativeAdImageAdLoaderOptionsOrientationLandscape
  • GADNativeAdImageAdLoaderOptionsOrientationPortrait

    preferredImageOrientation を使用して画像の向き(横または縦)を指定すると、SDK でその向きと一致する画像が画像アセット配列の最初に配置され、一致しない画像がその後に配置されます。いずれかの向きしか利用できない広告もあるため、アプリが横向きの画像と縦向きの画像の両方を処理できるようにする必要があります。

    このメソッドを呼び出さない場合は、デフォルト値の GADNativeAdImageAdLoaderOptionsOrientationAny が使用されます。

shouldRequestMultipleImages

一部の画像アセットには、1 つだけでなく複数の画像が含まれています。この値を true に設定すると、複数の画像が含まれるアセットについて、アプリがすべての画像を表示できることを意味します。この値をデフォルトの false に設定すると、アプリは複数の画像が含まれるアセットについて最初の画像だけを表示するよう SDK に指示します。

GADAdLoader を初期化する際に GADAdLoaderOptions オブジェクトが渡されない場合は、どちらのオプションでもデフォルト値が使用されます。

GADNativeAdViewAdOptions

GADNativeAdViewAdOptions オブジェクトを使用すると、ネイティブ広告ビューで広告をどのように表示するかを設定することができます。このオブジェクトには、preferredAdChoicesPosition というプロパティが 1 つ含まれています。このプロパティで、AdChoices アイコンを配置する位置を指定できます。このアイコンは、広告の四隅のいずれかに表示可能で、デフォルトでは GADAdChoicesPositionTopRightCorner に設定されています。このプロパティで有効な値は次のとおりです。

  • GADAdChoicesPositionTopRightCorner
  • GADAdChoicesPositionTopLeftCorner
  • GADAdChoicesPositionBottomRightCorner
  • GADAdChoicesPositionBottomLeftCorner

AdChoices アイコンを広告の左上の隅に配置する方法について、次に例を示します。

Swift

let adViewOptions = GADNativeAdViewAdOptions()
adViewOptions.preferredAdChoicesPosition = .topLeftCorner
adLoader = GADAdLoader(adUnitID: "ca-app-pub-3940256099942544/3986624511",
    rootViewController: self,
    adTypes: [ ... ad type constants ... ],
    options: [ ... ad loader options objects ... ])

Objective-C

GADNativeAdViewAdOptions *adViewOptions = [[GADNativeAdViewAdOptions alloc] init];
adViewOptions.preferredAdChoicesPosition = GADAdChoicesPositionTopLeftCorner;
self.adLoader = [[GADAdLoader alloc]
      initWithAdUnitID:@"ca-app-pub-3940256099942544/3986624511"
    rootViewController:self
               adTypes:@[ ... ad type constants ...  ]
               options:@[ ... ad loader options objects ... ]];

GADVideoOptions

GADVideoOptions オブジェクトを使用すると、ネイティブ動画アセットをどのように表示するかを示すことができます。このオブジェクトには、startMuted というプロパティが 1 つ用意されています。

このブール値は、動画アセットの再生をミュート状態で開始するかどうかを示します。デフォルト値は true です。

GADMultipleAdsAdLoaderOptions

GADMultipleAdsAdLoaderOptions オブジェクトを使用すると、1 つのリクエストで複数の広告を読み込むよう広告ローダーに指示できます。この方法で読み込まれる広告は、重複しないことが保証されています。GADMultipleAdsAdLoaderOptions には、プロパティとして numberOfAds 1 つが含まれています。このプロパティは、広告ローダーがリクエストに対して返すことを試みる広告の数を表します。この値は、デフォルトでは 1 で、最大数の 5 まで設定できます(アプリでこれより多くの広告がリクエストされても、返されるのは 5 個までです)。指定された数の広告が常に返されるとは限りませんが、ゼロと numberOfAds の間の数が返されます。

GADNativeAdMediaAdLoaderOptions

この機能を使用するには、GADAdLoader 初期化のネイティブ広告オプション配列に GADNativeAdMediaAdLoaderOptions クラスを含めます。

GADNativeAdMediaAdLoaderOptions オブジェクトを使用すると、メディアのアスペクト比を選択できます。このオプションは画像とビデオの両方に適用されます。このクラスには mediaAspectRatio プロパティがあり、メディアのアスペクト比の指定に使用できます。このプロパティで有効な値は次のとおりです。

Objective-CSwift
GADMediaAspectRatioAny .any
GADMediaAspectRatioLandscape .landscape
GADMediaAspectRatioPortrait .portrait
GADMediaAspectRatioSquare .square

mediaAspectRatio をこれらのオプションのいずれかに設定すると、指定されたアスペクト比のメディアのみを含む広告が返されます。このプロパティが明示的に設定されていない場合、値はデフォルトで GADMediaAspectRatioUnknown になり、アスペクト比に対する制限は適用されません。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。