Mobile Ads SDK における Open Measurement

Open Measurement は IAB 規格のソリューションで、パブリッシャーがサードパーティの可視性プロバイダを使ってインプレッション数とクリック数の測定を検証することを可能にします。Android 向け Google Mobile Ads SDK は SDK バージョン 18.1.0 以降、Open Measurement SDK(OM SDK)と統合されます。これにより、サードパーティの視認性測定が可能になります。

OM SDK とは Open Measurement Interface Definition(OMID) を実装したものです。OMID には API が定義されており、サードパーティの検証プロバイダはその API を実装しているモバイル SDK で配信される広告を効果的に測定できます。

前提条件

Open Measurement を実装する

AdMob 管理画面で視認性プロバイダを設定し、広告申込情報でその視認性プロバイダが使用されるように設定したら、アプリで Open Measurement を有効にできるようになります。ほとんどの広告フォーマットでは、Open Measurement が機能するために追加の設定は必要ありません。

Mobile Ads SDK では、Open Measurement は次の広告フォーマットで自動的にサポートされています。

  • バナー
  • インタースティシャル
  • リワード
  • ネイティブ(統合型)

    不鮮明な広告を見やすくする

    ビューが原因で広告が不鮮明になっている場合、alpha = 0hidden = YES に設定する必要があります。広告を不鮮明にしているビューの背景が透明かどうかは関係ありません。ビューが広告をブロックしているとみなされる基準は、ビューの alpha 値と hidden 値です。Open Measurement SDK により、広告を覆っている障害物が検出された場合、ビューは好ましくない障害物として記録されます。これを修正するには、ビューの alpha を 0 に設定するか、ビューを hidden にします。

    留意点

    Open Measurement を実装する際は、次の点にご留意ください。

    • 表示する広告で Open Measurement がサポートされているかどうかについては、メディエーション パートナーにご確認ください。

    • 広告を覆っているビューによって不透明になっている広告は、視認性が測定されていない可能性があります(不鮮明な広告を見やすくするを参照)。

    • Android シミュレータを含むテストデバイスでは、テスト広告のラベルによる広告ビューの不透明さは、好ましいものとして検出されます。