Google Mobile Ads Lite SDK

他の Android ライブラリと同様に、Google Play 開発者サービス SDK を含めたアプリはサイズが大きくなります。Google Mobile Ads Lite SDK は、アプリのサイズ増大を軽減するために作られた、Google Mobile Ads SDK の軽量バージョンです。通常の SDK よりもサイズが小さくなっています。

Lite SDK を利用すると、アプリのサイズ増大が軽減されるだけでなく、アプリで参照されるメソッドの総数が少なくなります。古いバージョンの Android にアプリを導入する際 64K 参照制限に遭った場合に、これは特に便利です。

次に示すのは、アプリに Lite SDK を組み込むために Gradle を設定する方法です。

dependencies {
    implementation 'com.google.android.gms:play-services-ads-lite:18.1.0'
}

Lite SDK の制限事項

Lite SDK は、Google Play ストアで配布されるアプリでのみお使いください。

他の Google Play 開発者サービスとは異なり、Google Play 開発者サービス APK に標準の Google Mobile Ads SDK を実装した場合も、Google Play 開発者サービスのクライアント ライブラリに含まれます。これにより、Google Play 開発者サービス APK がない端末のサポートが可能になります。SDK がランタイムにクライアント ライブラリと Google Play 開発者サービス APK のバージョンを比較し、新しい方のバージョンを使用します。

Lite SDK の場合、Google Mobile Ads SDK の実装がクライアント ライブラリに含まれず、Google Play 開発者サービスのインターフェースだけが残ります。Lite SDK の場合、APK の実装が必須です。Google Play ストア以外からアプリを導入すると、ユーザーの端末に Google Play 開発者サービス APK がインストールされない場合があります。

デバイスに最新バージョンの Google Play 開発者サービスがインストールされている場合、Lite SDK の動作は標準の SDK とまったく同じになります。ただし、Google Play 開発者サービスのバージョンが古い場合や Google Play 開発者サービスがインストールされていない場合、利用できない API や Google Play 開発者サービス APK とは異なる API を Lite SDK が参照することがあります。この場合、アプリは動作せず、エラーが記録され、デバイスに広告が配信されないことがあります。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。