Google Play 開発者サービスの概要

Stay organized with collections Save and categorize content based on your preferences.

Google Play 開発者サービスは、Android 上の幅広い SDK セットを支え、アプリの開発、プライバシーとセキュリティの強化、ユーザーのエンゲージメント、ビジネスの成長を支援します。図 1 に示すように、これらの SDK は、シン クライアント ライブラリをアプリに含めるだけでよいという点で優れています。クライアント ライブラリは、ランタイムに Google Play 開発者サービスの SDK の実装とフットプリントの大部分を通信します。

クライアント側の実装を共有して Google Play 開発者サービスを提供すると、次のことが可能になります。

  • ストレージやメモリなどのデバイス上のリソースを最適化して、アプリの品質やユーザー エクスペリエンス全体を改善できます。
  • OS、OEM、アプリのアップデートにかかわらず、自動更新を受け取ることができるため、ユーザーにより早く改善やバグの修正が提供されます。
  • Android 4.4(API レベル 19)と下位互換性があり、さまざまなフォーム ファクタで使用できる SDK を利用することで、少ない労力で多くのユーザーにリーチできます。

軽量のクライアント ライブラリは、IPC を使用して Google Play 開発者サービスと通信します。Google Play 開発者サービスは、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、テレビ、スマートウォッチ、そして自動車で利用できます。

図 1. Google Play 開発者サービスには、改善とバグの修正を含む定期的なアップデートが届きます。

Google Play 開発者サービスの仕組み

SDK

Google Play 開発者サービスを利用する各 SDK は、それぞれのサービスを操作するために必要な API を含む軽量のクライアント ライブラリを提供します。その他の API を使用すると、サービスの欠落、無効、期限切れなど、実行時に問題を解決できます。Android Studio 3.4 以降を使用してコード圧縮を有効にしている場合、R8 オプティマイザーを使用すると、各 SDK のフットプリントを削減し、アプリのパッケージ サイズに与える影響を減らすことができます。

新しい Google Play 開発者サービスの機能またはプロダクトにアクセスするには、新しいバージョンが Google Maven リポジトリリリースされたときに SDK をアップグレードしてください。

サービス

Google Play 開発者サービスには、Google 認定のすべての Android デバイスでバックグラウンドで実行されるデバイス上の Google サービスが含まれています。

Google Play 開発者サービスの自動更新は、携帯通信会社、OS、OEM システム イメージのアップデートとは別に提供されます。一般的に、Android 4.4 以降を搭載しているデバイスは、Google Play 開発者サービスがインストールされ、十分な保存容量がある場合、自動的にアップデートを受信します。つまり、ユーザーは改善とバグの修正をより迅速に行うことができます。また、Android エコシステムのほとんどのデバイスにアクセスしながら、最新の API を利用できます。Android 4.4 より前のデバイス、または Google Play 開発者サービスがインストールされていないデバイスはサポートされていません。

次のステップ: アプリを設定する

アプリで Google Play 開発者サービス API の使用を開始するには、こちらの設定ガイドをご覧ください。