Videos: rate

動画に高い/低い評価を追加したり、動画から評価を削除したりします。 今すぐ試すまたは例を見る

リクエスト

HTTP リクエスト

POST https://www.googleapis.com/youtube/v3/videos/rate

承認

このリクエストは、最低でも以下のスコープの 1 つによって承認される必要があります(認証と承認の詳細については、こちらをご覧ください)。

スコープ
https://www.googleapis.com/auth/youtubepartner
https://www.googleapis.com/auth/youtube

パラメータ

下記の表は、このクエリでサポートされているパラメータの一覧です。このリストのパラメータはすべてクエリ パラメータです。

パラメータ
必須パラメータ
id string
id パラメータには、評価する動画または評価を削除する動画の YouTube 動画 ID を指定します。
rating string
記録する評価を指定します。

以下の値を指定できます。
  • dislike – 認証されたユーザーが動画を低く評価したことを記録します。
  • like – 認証されたユーザーが動画を高く評価したことを記録します。
  • none – 認証されたユーザーがこれまでにその動画に設定した評価をすべて削除します。
省略可能なパラメータ
onBehalfOfContentOwner string
このパラメータは、適切に承認されたリクエストでのみ使用できます。注: このパラメータは、YouTube コンテンツ パートナー専用です。

onBehalfOfContentOwner パラメータは、リクエストの承認用認証情報が、パラメータ値で指定されたコンテンツ所有者の代理人である YouTube CMS ユーザーのものであることを示します。このパラメータは、複数の YouTube チャンネルを所有、管理している YouTube コンテンツ パートナーを対象にしています。このパラメータを使用すると、コンテンツ所有者は一度認証されれば、すべての動画やチャンネル データにアクセスできるようになります。チャンネルごとに認証情報を指定する必要はありません。ユーザー認証に使用する CMS アカウントは、指定された YouTube コンテンツ所有者にリンクされていなければなりません。

リクエストの本文

このメソッドを呼び出す場合は、リクエストの本文を指定しないでください。

レスポンス

成功すると、このメソッドは HTTP 204 レスポンス コード(No Content)を返します。

注: 以下のコード サンプルは、サポートされているプログラミング言語すべてについて表したものではありません。サポートされている言語の一覧については、クライアント ライブラリのドキュメントを参照してください。

Python

この例では、Python クライアント ライブラリを使用しています。

#!/usr/bin/python

import httplib2
import os
import sys

from apiclient.discovery import build
from apiclient.errors import HttpError
from oauth2client.client import flow_from_clientsecrets
from oauth2client.file import Storage
from oauth2client.tools import argparser, run_flow


# The CLIENT_SECRETS_FILE variable specifies the name of a file that contains
# the OAuth 2.0 information for this application, including its client_id and
# client_secret. You can acquire an OAuth 2.0 client ID and client secret from
# the Google Developers Console at
# https://console.developers.google.com/.
# Please ensure that you have enabled the YouTube Data API for your project.
# For more information about using OAuth2 to access the YouTube Data API, see:
#   https://developers.google.com/youtube/v3/guides/authentication
# For more information about the client_secrets.json file format, see:
#   https://developers.google.com/api-client-library/python/guide/aaa_client_secrets
CLIENT_SECRETS_FILE = "client_secrets.json"

# This variable defines a message to display if the CLIENT_SECRETS_FILE is
# missing.
MISSING_CLIENT_SECRETS_MESSAGE = """
WARNING: Please configure OAuth 2.0

To make this sample run you will need to populate the client_secrets.json file
found at:

   %s

with information from the Developers Console
https://console.developers.google.com/

For more information about the client_secrets.json file format, please visit:
https://developers.google.com/api-client-library/python/guide/aaa_client_secrets
""" % os.path.abspath(os.path.join(os.path.dirname(__file__),
                                   CLIENT_SECRETS_FILE))

# This OAuth 2.0 access scope allows for full read/write access to the
# authenticated user's account.
YOUTUBE_READ_WRITE_SCOPE = "https://www.googleapis.com/auth/youtube"
YOUTUBE_API_SERVICE_NAME = "youtube"
YOUTUBE_API_VERSION = "v3"

def get_authenticated_service(args):
  flow = flow_from_clientsecrets(CLIENT_SECRETS_FILE,
    scope=YOUTUBE_READ_WRITE_SCOPE,
    message=MISSING_CLIENT_SECRETS_MESSAGE)

  storage = Storage("%s-oauth2.json" % sys.argv[0])
  credentials = storage.get()

  if credentials is None or credentials.invalid:
    credentials = run_flow(flow, storage, args)

  return build(YOUTUBE_API_SERVICE_NAME, YOUTUBE_API_VERSION,
    http=credentials.authorize(httplib2.Http()))

# Add the video rating. This code sets the rating to "like," but you could
# also support an additional option that supports values of "like" and
# "dislike."
def like_video(youtube, video_id):
  youtube.videos().rate(
    id=video_id,
    rating="like"
  ).execute()

if __name__ == "__main__":
  argparser.add_argument("--videoid", default="L-oNKK1CrnU",
    help="ID of video to like.")
  args = argparser.parse_args()

  youtube = get_authenticated_service(args)
  try:
    like_video(youtube, args.videoid)
  except HttpError, e:
    print "An HTTP error %d occurred:\n%s" % (e.resp.status, e.content)
  else:
    print "%s has been liked." % args.videoid

エラー

次の表は、このメソッドを呼び出したときに API からレスポンスとして返される可能性のあるエラー メッセージの一覧です。詳細については、エラー メッセージのドキュメントを参照してください。

エラー タイプ エラーの詳細 説明
forbidden forbidden 評価しようとしている動画は評価できません。リクエストが適切に認証されていない可能性があります。
notFound videoNotFound 評価しようとしている動画は見つかりません。リクエストの id パラメータの値が正しいことを確認してください。

実際に試してみる

API Explorer を使用し、ライブ データに対してこのメソッドを呼び出して、API リクエストとレスポンスを確認してください。