前提条件

Google Wallet API との統合を開始する前に、次の手順を行ってください。

1. Google Wallet API カード発行会社アカウントを登録する

Google ウォレットのパスを作成して配布するには、カード発行会社のアカウントが必要です。Google Pay とウォレット コンソールに登録して発行者アカウントを取得する。ビジネス プロフィールの入力が完了したら、[Google Wallet API] ページに移動し、[アクセス権限をリクエスト] をクリックします。Android SDK の使用を明記し、チェックリストを完了し、最後にリクエストを送信します。

パスへのアクセス権が付与されるのを待つ間に、一時的なデベロッパー アカウントを作成するか、Codelab を試します。

2. Android プラットフォームでのアプリケーション開発について理解を深める

このチュートリアルでは、Android プラットフォーム向けアプリ開発の基本的なコンセプトとスキルを習得します。このチュートリアルを始める前に Android での開発について学ぶ必要がある場合は、Android デベロッパー向けトレーニングのレッスンを受講してください。

3. アプリを認可するための認証情報を取得する

Android アプリで Google Wallet API for Android を使用するには、アプリを認可する必要があります。デベロッパーのキーの SHA1 フィンガープリントとパッケージ名を使用してこれを行うことができます。

お申し込みの承認を受けるには、証明書の SHA1 フィンガープリントを取得する必要があります。フィンガープリントを確認するには、ターミナル ウィンドウを開き、Keytool ユーティリティを実行します。

keytool -alias androiddebugkey -keystore path_to_debug_or_production_keystore -list -v

通常、デバッグ キーストアは ~/.android/debug.keystore にあり、パスワードは android です。

Keytool によりフィンガープリントがシェルに出力されます。次に例を示します。

$ keytool -alias androiddebugkey -keystore ~/.android/debug.keystore -list -v
Enter keystore password: Type "android" if using debug.keystore
Alias name: androiddebugkey
Creation date: Aug 27, 2012
Entry type: PrivateKeyEntry
Certificate chain length: 1
Certificate[1]:
Owner: CN=Android Debug, O=Android, C=US
Issuer: CN=Android Debug, O=Android, C=US
Serial number: 503bd581
Valid from: Mon Aug 27 13:16:01 PDT 2012 until: Wed Aug 20 13:16:01 PDT 2042
Certificate fingerprints:
   MD5:  1B:2B:2D:37:E1:CE:06:8B:A0:F0:73:05:3C:A3:63:DD
   SHA1: D8:AA:43:97:59:EE:C5:95:26:6A:07:EE:1C:37:8E:F4:F0:C8:05:C8
   SHA256: F3:6F:98:51:9A:DF:C3:15:4E:48:4B:0F:91:E3:3C:6A:A0:97:DC:0A:3F:B2:D2:E1:FE:23:57:F5:EB:AC:13:30
   Signature algorithm name: SHA1withRSA
   Version: 3

上記の例でハイライト表示されている SHA1 フィンガープリントをコピーします。アプリを認可するには、フィンガープリントとパッケージ名が必要です。アプリは、Business Console のお問い合わせサポート ウィジェットからサポートチームに連絡することで承認できます。

4. Google Play 開発者サービスをセットアップする

Android Studio をまだお持ちでない場合は、Android Studio をダウンロードしてインストールします。

Android 向け Google ウォレットは、Google Play 開発者サービスに含まれています。Google Play 開発者サービス ライブラリをインポートするには、Google Play 開発者サービスの設定手順を行います。

特に、Android 用 Google Wallet API をインポートするには、アプリ モジュールの build.gradle ファイルに dependencies ブロックに以下を追加します。

dependencies {
  implementation 'com.google.android.gms:play-services-pay:16.0.3'
}

5. パスクラスを作成する

ギフトカードを作成して追加するには、まず GiftCardClass を作成する必要があります。これを行うには、Google Pay とウォレット コンソールにログインし、Google Wallet API のページに移動して、新しい GiftCardClass を作成します。

  1. [管理] タブを表示
  2. [クラスを作成] をクリックします。
  3. [ギフトカード] を選択します。
  4. * が付いている必須フィールドをすべて入力します。
  5. [クラスを作成] をクリックします。

複数のギフトカードが必要な場合は、上記の手順を繰り返します。

GiftCardClass が正常に作成されたので、Google ウォレットにパスを追加するに進みます。