グローバル サイトタグ(gtag.js)は Google タグに変わりました。詳細

概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

測定サービスや広告サービス(Google アナリティクス、Google 広告のコンバージョン測定、リマーケティングなど)を使用するには、ウェブサイトに Google タグを追加します。Google タグは、JavaScript で直接タグとして記述することも、Google タグ マネージャーのグラフィカル インターフェースを使って設定で追加することもできます。タグ マネージャーはウェブサイトとモバイルアプリの両方に対応しています。Firebase を使用してモバイルアプリを作成する場合は、API を利用して Google の測定サービスと広告サービスに必要な情報を提供できます。

「タグ」とは

Google タグとは

Google タグ マネージャーとは

Google のドキュメントでは、Google タグ(直接記述)の使用例として gtag.js コードを、Google タグ マネージャーの使用例としてタグ設定の手順をご案内しています。

使用例

次の例は、Google タグ(直接記述)とタグ マネージャーの使用方法の違いを示したものです。

Google タグを直接記述する場合、ウェブサイトの各ページに追加するコードは次のようになります。コード内ではタグ ID が指定されており、これによって Google アナリティクスと Google 広告による測定が有効化されます。

<script async
  src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=TAG_ID">
</script>

<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [] ;
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag( 'js', new Date () ) ;

  gtag( 'config', 'TAG_ID');
</script>

タグ マネージャーを使用する場合、ユーザー インターフェースでタグの設定を行い、ワンクリックで公開するだけで、ウェブサイトの全ページに上記の例と同じ機能が導入され、Google アナリティクスと Google 広告による測定を有効化することができます。詳しくは Google 広告のコンバージョン トラッキングについての記事をご確認ください。

Google タグ(直接記述)とタグ マネージャーで使用できるタグ

Google タグ(gtag.js)とタグ マネージャーにおける各タグのサポート状況は次のとおりです。

タグの種類 gtag.js タグ マネージャー
Google アナリティクス 4
Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス
Google 広告コンバージョン
Google 広告リマーケティング
Floodlight
Google オプティマイズ
Google サーベイ ウェブサイト満足度調査 ×
第三者タグ ×

タグ マネージャーでは、ここに記載している Google の測定サービスのほか、さまざまな第三者タグがサポートされています。コミュニティ テンプレート ギャラリーには、第三者が管理しているその他のタグおよび変数のテンプレートが用意されています。また、カスタム テンプレートを使用して独自のタグを作成、共有することもできます。