グローバル サイトタグ(gtag.js)は Google タグに変わりました。詳細

概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ウェブサイトにタグを追加すると、測定サービスや広告サービス(Google アナリティクスや Google 広告コンバージョン測定など)でデータを収集できるようになります。タグを追加する際は、gtag.js という Google タグ(JavaScript コードの変更が必要)や、Google タグ マネージャーなどのタグ管理システム(タグ管理システム内の変更が必要)が使えます。

モバイルアプリに測定タグと広告タグをデプロイする場合は、Firebase 向け Google アナリティクス SDK が使えます。この SDK をデプロイすると、Google タグ マネージャーを使ってデータの変更とルーティングもできるようになります。

「タグ」とは

Google タグとは

Google タグ マネージャーとは

Google のドキュメントでは、Google タグ(直接記述)の使用例として gtag.js コードを、Google タグ マネージャーの使用例としてタグ設定の手順をご案内しています。

使用例

次の例は、Google タグ(直接記述)とタグ マネージャーの使用方法の違いを示したものです。

Google タグを直接記述する場合、ウェブサイトの各ページに追加するコードは次のようになります。コード内で指定されたタグ ID によって、Google アナリティクスと Google 広告での測定が可能になります。

<script async
  src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=TAG_ID">
</script>

<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [] ;
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag( 'js', new Date () ) ;

  gtag( 'config', 'TAG_ID');
</script>

タグ マネージャーを使って Google アナリティクスと Google 広告での測定を可能にするには、Google アナリティクス用のタグと Google 広告のコンバージョン用のタグを作成し、どちらも同じトリガーで配信するように設定します。このコンテナを公開すると、その変更が直ちにウェブサイトに反映されます。詳しくは、Google 広告のコンバージョン トラッキングに関する記事をご覧ください。

Google タグ(直接記述)とタグ マネージャーで使用できるタグ

Google タグ(gtag.js)とタグ マネージャーでのタグのサポート状況は次のとおりです。

タグの種類 gtag.js タグ マネージャー
Google アナリティクス 4
Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス
Google 広告コンバージョン
Google 広告リマーケティング
Floodlight
Google オプティマイズ
Google サーベイ ウェブサイト満足度調査 ×
第三者タグ ×

タグ マネージャーでは、ここに記載している Google の測定サービスのほか、さまざまな第三者タグがサポートされています。コミュニティ テンプレート ギャラリーには、第三者が管理しているその他のタグおよび変数のテンプレートが用意されています。また、カスタム テンプレートを使用して独自のタグを作成、共有することもできます。