Google の新しいタグに関するドキュメントをご確認いただきありがとうございます。このサイトは公開ベータ版です。(フィードバック

コンバージョンを測定する

広告主様にとって価値があると定義した行動(購入登録など)をユーザーが完了することを、コンバージョンと呼びます。コンバージョンを測定すれば、広告に対するユーザーの操作が価値あるユーザー行動にどの程度つながっているかを確認できます。

Google 広告でコンバージョンを測定する

コンバージョン測定を行うと、ユーザーが広告を操作した後の行動(商品の購入、ニュースレターへの登録、電話での問い合わせ、アプリのダウンロードなどが行われたかどうか)を把握できます。

gtag.js

  1. Google 広告でコンバージョン測定を設定するには、事前にコンバージョン アクションを作成しておく必要があります。
  2. 表示された画面の [グローバル サイトタグ] で、状況に最も適したオプションを選択し、手順に沿ってタグをインストールします。グローバル サイトタグをインストールして Google 広告コンバージョンの測定に使用する方法の詳細
  3. (省略可)必要に応じて、グローバル サイトタグを変更します。

    • 最初のページ読み込み時に、ウェブサイトにアクセスしたユーザーがリマーケティング リストに追加されないようにする場合は、以下のコードをグローバル サイトタグの 'config' コマンドに追加します。

      gtag('config', 'AW-XXXXXX', {'send_page_view': false});
      
    • リマーケティング データの収集を無効にする場合は、ハイライト表示された gtag('set') コマンドをグローバル サイトタグの gtag('js') コマンドの上に追加します。これにより、設定済みのすべての Google 広告アカウントでリマーケティング データの収集が無効になります。

      <script async
      src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-XXXXXX"></script>
      <script>
      window.dataLayer = window.dataLayer || [];
      function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
      gtag('set', 'allow_ad_personalization_signals', false);
      gtag('js', new Date());
      gtag('config', 'AW-XXXXXX');
      </script>
      
  4. [イベント スニペット] の横で、ページの読み込みとクリックのどちらをコンバージョンとして測定するかを選択します。

    • ページの読み込み: ユーザーが購入や申し込みの確認ページなどのコンバージョン ページにアクセスしたときにコンバージョンがカウントされます。こちらがデフォルトのオプションで、最も一般的です。詳しくは、Google のセキュリティ基準をご確認ください。
    • クリック: ユーザーがボタンやリンク(「今すぐ購入」ボタンなど)をクリックしたときにコンバージョンがカウントされます。
  5. イベント スニペットをコピーし、手順に沿ってウェブサイトに追加するか、[スニペットをダウンロード] をクリックして後で追加します。

    • ページの読み込みをコンバージョンとして測定する場合は、ページにイベント スニペットを追加します。
    • クリックをコンバージョンとして測定する場合は、クリック数をモニタリングするボタンやリンクがあるページにイベント スニペットを追加します。

    Google 広告のイベント スニペットでは、イベントをコンバージョンとしてマークするために gtag('event', 'conversion', ...) を使用します。コンバージョン イベントでは、send_tovaluecurrency の各パラメータを含むオブジェクトが送信されます。以下に例を示します。

    <script>
     gtag('event', 'conversion', {
       'send_to': 'AW-123456789/AbC-D_efG-h12_34-567',
       'value': 1.0,
       'currency': 'USD'
     });
    </script>
    
  6. [次へ]、[完了] の順にクリックします。

  7. ウェブサイトでのクリックをコンバージョンとして測定する場合は、こちらの手順に沿って、測定対象のボタンやリンクにコードを追加します。コンバージョン測定が行われるようにするには、この手順が必要です。

タグ マネージャー

  1. タグ マネージャーで、新しい Google 広告タグを作成します。ホーム画面で、[新しいタグ] > [タグの設定] > [Google 広告コンバージョン トラッキング] を選択します。
  2. Google 広告アカウントにログインして、タグの設定で使用する値を取得します。
    • Google 広告アカウントで、[ツールと設定]()をクリックします。
    • [測定: コンバージョン] を選択して、「コンバージョン アクション」表を表示します。
    • 使用するコンバージョンの名前を [コンバージョン アクション] 列から選択します。
    • [タグを設定する] のタブを展開して、タグの詳細を表示します。
    • [Google タグ マネージャーを使用する] を選択します。
    • コンバージョン ID とコンバージョン ラベルをコピーします。
    • 必須のコンバージョン ID とコンバージョン ラベルの値を該当のフィールドに追加します。必要に応じて、コンバージョン値、オーダー ID、通貨コードを追加することもできます。その際、必ずフィールドの値に該当するタグ マネージャー変数を使用します(たとえば、オーダー ID では変数を使用するケースがほとんどです)。
  3. [トリガー] でトリガーを選択して、タグを配信するタイミングを指定します。
  4. コンテナを保存して公開します。
  5. コンバージョン リンカーが有効になっていることを確認します。
  6. 変更をプレビューし、準備ができたら公開します。

Google アナリティクス 4 でコンバージョンを測定する

Google アナリティクス 4 プロパティでコンバージョン測定を設定する手順は次のとおりです。

gtag.js

  1. コンバージョンとしてマークするイベントを送信します(注: さまざまなタイプのイベントが自動的に取得されます)。

    gtag('event', 'login', {
      'method': 'Google'
    });
    
  2. Google アナリティクスで、イベントをコンバージョンとして有効または無効にします

タグ マネージャー

  1. コンバージョンとしてマークするイベントの種類を送信するよう GA4 イベントタグを設定します。(注: さまざまなタイプのイベントが自動的に取得されます)。
  2. Google アナリティクスで、イベントをコンバージョンとして有効または無効にします

ディスプレイ&ビデオ 360 とキャンペーン マネージャー 360 でコンバージョンを測定する

ディスプレイ&ビデオ 360 とキャンペーン マネージャー 360 のコンバージョンは、Floodlight タグで測定します。広告を目にしたかクリックしたユーザーが特定のページにアクセスした回数をカウントするには Floodlight カウンタタグを使用し、購入された数量と金額を測定するには Floodlight 販売タグを使用します。Floodlight タグでコンバージョン測定を設定するには、以下のオプションを選択します。

gtag.js

Floodlight タグは、ディスプレイ&ビデオ 360 とキャンペーン マネージャー 360 からコピーできます。それぞれのインストールでは、標準のグローバル サイトタグを使用してサービスにデータ接続を設定し、イベントタグで必要なデータを収集するよう設定します。手順は次のとおりです。

  1. グローバル サイトタグをインストールします。この例の DC-XXXXXX を有効な設定 ID に置き換えるか、サービスからタグをコピーします。

    <!-- Global site tag (gtag.js) - Google Marketing Platform -->
    <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=DC-XXXXXX"></script>
    <script>
     window.dataLayer = window.dataLayer || [];
     function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
     gtag('js', new Date());
    
     gtag('config', 'DC-XXXXXX');
    </script>
    
  2. コンバージョンとしてマークするイベントを gtag('event', ...) で送信します。

    イベントタグは、コンバージョンとしてマークするイベントが発生するページに配置する必要があります。イベントタグを、グローバル スニペットの後の <head> セクション内に配置します。

    イベント スニペットのフィールドは、タグの種類、カウント方法、タグに渡される他のデータによって異なります。

    イベントタグはサービスからコピーできます。以下に例を示します。

    <script>
      gtag('event', 'conversion', {
        'allow_custom_scripts': true,
        'u1': '[variable]',
        'send_to': 'DC-[floodlightConfigID]/[activityGroupTagString]/[activityTagString]+[countingMethod]'
      });
    </script>
    <noscript>
    <img src="https://ad.doubleclick.net/ddm/activity/src=[floodlightConfigID];type=[activityGroupTagString];cat=[activityTagString];dc_lat=;dc_rdid=;tag_for_child_directed_treatment=;ord=1?" width="1" height="1" alt=""/>
    </noscript>
    

タグ マネージャー(カウンタ)

Floodlight タグをコンテナに追加するには、次の 2 つの方法があります。

  • キャンペーン マネージャー 360 の管理画面からプッシュされたタグを受け取る。
  • Floodlight カウンタタグ テンプレートを使用する。

プッシュされた Floodlight タグを受け取る

Floodlight カウンタタグは、キャンペーン マネージャー 360 のユーザー インターフェースからコンテナに直接プッシュできます。Floodlight タグをタグ マネージャーにプッシュする場合は、リンクのリクエストとプッシュされたタグを承認する必要があります。

プッシュされた Floodlight タグを受け取るには:

  1. [承認キュー] > [タグ] に移動します。
  2. アクティビティの名前をクリックします。一部のパラメータ("src= ""type= ""cat= " の値など)は事前定義されます。
  3. タグを適切に変更してから、[承認] をクリックします。
  4. コンバージョン リンカーが有効になっていることを確認します。
  5. コンテナを保存して公開します。

Floodlight カスタム変数は、収集しているユーザーデータをトラッキングする際に使用する Key-Value ペアです。カスタム Floodlight 変数では、「u1=」や「u2=」といったキーを使用します。プッシュされたタグでは、カスタム変数フィールドにタグ マネージャーの変数の名前が事前入力されます。適切なデータが渡されるようにこれらの変数を設定するには、タグ マネージャーの変数にマッピングします。

詳しくは、Floodlight の承認についての記事をご覧ください。

新しい Floodlight カウンタタグを作成する

新しい Floodlight カウンタタグを手動で作成するには:

  1. Google タグ マネージャーで、[タグ] > [新規] をクリックします。
  2. [タグの設定] をクリックし、タグタイプとして [Floodlight カウンタ] を選択します。
  3. タグ設定に必要な値を取得するには、別のブラウザ ウィンドウを開き、キャンペーン マネージャー 360 にログインします。[広告主] をクリックし、広告主の名前をクリックします。タグ マネージャーの新しい Floodlight カウンタタグに次の値を入力します。
    • 広告主 ID: 広告主 ID は、広告主名のすぐ下にある広告主の詳細ページに表示されます。この値は、生成された Floodlight タグにも src= の値として表示されます。
    • グループタグ文字列: アクティビティ テーブルで、測定するアクティビティを特定し、右側の列でグループタグ文字列を確認します。この値は、生成された Floodlight タグにも type= の値として表示されます。
    • アクティビティ タグ文字列: アクティビティ テーブルで、測定するアクティビティを特定し、右側の列でアクティビティ タグ文字列を確認します。この値は、生成された Floodlight タグにも cat= の値として表示されます。
  4. ご希望のカウント方法を設定します。
    • 標準: すべてのコンバージョンをカウントします。
    • ユニーク: 各ユニーク ユーザーの 1 日の間(米国東部標準時間の深夜 0 時から翌深夜 0 時までの 24 時間)の最初のコンバージョンをカウントします。
    • セッションごと: セッションごとにユーザー 1 人あたり 1 回としてコンバージョンをカウントします。セッションの長さは、Floodlight タグが実装されているサイトで設定されます。
  5. U 変数と Tran 変数を使用する以前の実装では、それぞれの値を入力します。
  6. 実装に必要なカスタム変数を入力します。 Floodlight カスタム変数は、ユーザーに関する追加データを取得するために使用する Key-Value ペアです。キーは「u1=」や「u2=」などの形式になります。新しい Key-Value のペアを追加するには、[+ カスタム変数] をクリックします。カスタム変数ごとに、Floodlight カスタム変数に渡す値を含むタグ マネージャー変数を選択します。
  7. [トリガー] をクリックし、タグを配信するキャンペーンのランディング ページに対応するトリガーを選択します。
  8. コンバージョン リンカーが有効になっていることを確認します。
  9. コンテナを保存して公開します。

タグ マネージャー(販売)

Floodlight 販売タグをコンテナに追加するには、次の 2 つの方法があります。

  • キャンペーン マネージャー 360 の管理画面からプッシュされたタグを受け取る。
  • Floodlight 販売タグ テンプレートを使用する。

キャンペーン マネージャー 360 からプッシュされた Floodlight タグを受け取る

キャンペーン マネージャー 360 からプッシュされた Floodlight タグは、タグ マネージャーのコンテナに直接追加できます。それには、リンクのリクエストとプッシュされたタグを承認する必要があります。

  1. [管理] > [承認キュー] > [タグ] に移動します。
  2. アクティビティの名前をクリックします。一部のパラメータ(src=type=cat= の値など)は事前定義されます。
  3. 収益のパラメータ値には、&lbrace;&lbrace;cost&rbrace;&rbrace; タグ マネージャー変数が入力されるため、収益額を取得する &lbrace;&lbrace;cost&rbrace;&rbrace; 変数を作成、設定する必要があります。トランザクション収益を取得する変数をすでに作成している場合は、&lbrace;&lbrace;cost&rbrace;&rbrace; をその変数の名前に変更します。
  4. オーダー ID のパラメータ値には、&lbrace;&lbrace;ord&rbrace;&rbrace; タグ マネージャー変数が入力されるため、オーダー ID を取得する &lbrace;&lbrace;ord&rbrace;&rbrace; 変数を作成、設定する必要があります(「販売したアイテム」をカウント方法として指定している場合は、この変数を、販売したアイテム数のカウントとして設定します)。オーダー ID を取得する変数がすでにある場合は、&lbrace;&lbrace;ord&rbrace;&rbrace; をその変数の名前に変更します。
  5. Floodlight カスタム変数は、使用状況データを収集するために使用する Key-Value ペアです。Floodlight カスタム変数では、_u1=_u2= などのキーを使用します。プッシュされたタグでは、カスタム変数フィールドに変数の名前が入力されます。これらのカスタム Floodlight 変数をタグ マネージャー変数にマッピングして、それらの値が Floodlight タグに渡されるようにします。
  6. Floodlight タグを適切に変更してから、[承認] をクリックします。
  7. コンバージョン リンカーが有効になっていることを確認します。
  8. コンテナを保存して公開します。

詳しくは、承認についての記事をご覧ください。

Floodlight 販売タグ テンプレートを使用する

新しい Floodlight 販売タグを手動で設定するには:

  1. [タグ] > [新規] をクリックします。
  2. [タグの設定] > [Floodlight 販売] をクリックします。
  3. タグ設定に必要な値を取得するには、別のブラウザ ウィンドウを開き、キャンペーン マネージャー 360 にログインします。[広告主] をクリックし、広告主の名前をクリックします。タグ マネージャーの新しい Floodlight 販売タグに次の値を入力します。
    • 広告主 ID: 広告主 ID は、広告主名のすぐ下にある広告主の詳細ページに表示されます。この値は、生成された Floodlight タグにも src= の値として表示されます。
    • グループタグ文字列: アクティビティ テーブルで、測定するアクティビティを特定し、右側の列でグループタグ文字列を確認します。この値は、生成された Floodlight タグにも type= の値として表示されます。
    • アクティビティ タグ文字列: アクティビティ テーブルで、測定するアクティビティを特定し、右側の列でアクティビティ タグ文字列を確認します。この値は、生成された Floodlight タグにも cat= の値として表示されます。
  4. [収益] で、収益額を含む変数を選択します。 [オーダー ID] で、オーダー ID を含む変数を選択します。「販売したアイテム」をカウント方法として選択している場合は、販売したアイテム数のカウントを含む変数を選択します。これらの変数をまだ作成していない場合は、タグ マネージャーで作成します。
  5. Floodlight カスタム変数は、ユーザーのアクションに関するデータの収集に使用できる Key-Value ペアです。Floodlight カスタム変数では、_u1=_u2= などのキーを使用します。カスタム変数ごとに、Floodlight カスタム変数に渡す値を含むタグ マネージャー変数を選択します。
  6. 購入イベントに対応するトリガーを選択するか、まだ作成していない場合はそのトリガーを作成します。トリガーを作成するには、サイトや目標、タグ マネージャーの実装に応じて、いくつかの方法があります。たとえば、ページビュー トリガーは、購入確認ページでタグを配信する際によく使用されています。トリガーのフィルタを指定するには、購入確認ページの URL を追加するか、データレイヤーを使用してカスタム イベント(dataLayer.push({ 'event': 'purchase' });)をプッシュし、イベント条件を「purchase」に設定したカスタム イベント トリガーとしてトリガーを設定します。
  7. タグの情報の入力が完了したら、[保存] をクリックします。
  8. コンバージョン リンカーが有効になっていることを確認します。
  9. コンテナを保存して公開します。

詳細については、ディスプレイ&ビデオ 360 およびキャンペーン マネージャー 360 向けのグローバル サイトタグのインストルメンテーションをご覧ください。