サーバー側タグ設定

サーバー側タグ設定を使用すると、タグ マネージャーのユーザーは、ウェブサイトやアプリで行っていた測定タグの処理を Google Cloud 経由でサーバー側へ移行できます。クライアント側のタグと比べ、サーバー側でのタグ設定には次のようなメリットがあります。

  • パフォーマンスの向上: ウェブサイトやアプリの測定タグが少なくなるため、クライアント側で実行するコードが減少します。
  • セキュリティの強化: お客様が管理するサーバー側環境でデータを収集し、配布することで、訪問者データの保護が強化されます。データは Google Cloud インスタンスへ送信された後、他のタグによって処理され、転送されます。

サーバー側タグ設定を開始するには:

  1. タグ マネージャーのサーバー側コンテナを新規に作成します
  2. 作成したコンテナを Google Cloud Platform(GCP)サーバーにデプロイします

新しいタグ マネージャー サーバー側コンテナを作成する

サーバー側タグ設定を使用するには、タグ マネージャーのサーバー用コンテナを新規に作成します。

  1. タグ マネージャー アカウントで、新しいコンテナを作成します。
    1. [アカウント] をクリックし、目的のアカウント名の横にある その他の操作メニュー をクリックします。
    2. [コンテナを作成] を選択します。
  2. [ターゲット プラットフォーム] で [Server] を選択します。
  3. [作成] をクリックします。

新しいサーバー用コンテナを初めて作成するときは、タグ設定サーバーを設定するためのダイアログが表示されます。このプロセスについては、次のセクションで詳しく説明します。

Google Cloud Platform(GCP)サーバーを作成する

サーバー側コンテナを作成したら、そのコンテナを GCP サーバーにデプロイします(後でインストール画面に戻るには、画面上部のバーでコンテナ ID をクリックするか、[管理] 矢印 [Google タグ マネージャーをインストール] へ移動します)。

  1. タグ設定サーバーを設定します。

    1. タグ設定サーバーを自動的にプロビジョニングする(推奨): タグ マネージャーの画面に表示される指示に従います。詳しい手順は、この後の説明をご覧ください。
    2. タグ設定サーバーを手動でプロビジョニングする: App Engine 設定ガイドに記載されている手順に従います。
  2. GCP の請求先アカウントを選択または作成し、サーバーを作成します。GCP で請求先アカウントをすでに作成している場合は、メニューから目的の請求先アカウントを選択します。請求先アカウントがまだない場合は、作成するよう求められます。サーバーが作成されたことを知らせるメッセージが表示されたら、スライダーを閉じるか、このウィンドウ以外へ移動すると、サーバー側コンテナを使用できるようになります。

サーバー ドメインを設定する

タグ設定サーバーのプロビジョニングが完了すると、appspot.com にデフォルトの URL が設定されます。ウェブサイトのサブドメインでタグ設定サーバーを指定することを強くおすすめします。ウェブサイトのサブドメインをタグ設定サーバーにマッピングする方法については、こちらの手順をご覧ください。

デフォルトの GCP デプロイについて

自動プロビジョニング プロセスを使用してタグ設定サーバーを作成すると、そのサーバーにはデフォルトの設定が適用されます。

タグ設定サーバーを自動プロビジョニングした場合、どの GCP リソースが割り当てられますか?

タグ設定サーバーを自動プロビジョニングすると、スタンダード環境の単一の App Engine サーバー上にサーバー側コンテナがデプロイされ、そのコンテナを使用して GCP プロジェクトが作成されます。単一のサーバー上にデプロイされたサーバー側タグ設定環境は、トラフィック量が少ない状況でサーバー側タグ設定機能をテストする場合に適しています。

サーバー側コンテナがライブ トラフィックの受信を開始したら、App Engine フレキシブル環境にアップグレードして追加の GCP サーバーを割り当てます。これによって冗長性を確保し、システムダウンや容量制限が生じた際にデータ損失を回避できます。冗長性を確保するには、コンテナごとに 3 台以上のサーバーを構成する必要があります。こちらの手順に沿って環境をアップグレードします。

タグ設定サーバーのドメインとは?

デフォルトのデプロイでは App Engine サブドメインが使用されます。ウェブサイトのサブドメインでタグ設定サーバーを指定することを強くおすすめします。ウェブサイトのサブドメインをタグ設定サーバーにマッピングする方法については、こちらの手順をご覧ください。

デフォルトの環境では料金がかかりますか?

単一サーバーを使用する GCP プロジェクトのデフォルト環境では、ほとんどの場合、料金がかかりません。ただし、次のような状況では、単一サーバー環境でも料金が発生します。

  1. GCP デプロイで使用する請求先アカウントが、GCP Always Free 枠からサーバーをプッシュする他のプロジェクトにリンクされている。
  2. サーバーから送信されるトラフィックの量が無料枠の上限を超えている。

App Engine フレキシブル環境にアップグレードすると、サーバー 1 台につき、毎月 30〜50 ドルの料金が発生します。ネットワーク トラフィックが多いと、この料金が増加する可能性があります。

GCP プロジェクトにサーバーを追加するにはどうすればよいですか?

GCP プロジェクトにサーバーを追加するには、こちらの手順に従ってください。

最初のリクエストを送信する

最初のリクエストを送信する方法については、サーバー側の Google タグ マネージャーにデータを送信する方法をご覧ください。