State

/osc/state API は、カメラの state 属性を返します。 この API と info API の違いは、state にはカメラのステータス(batteryLevel など)を表す可変値が含まれているのに対し、info にはカメラの静的属性(頻繁には変更されない属性、たとえば manufacturerfirmwareVersion))のみが含まれていることです。

入力

  • このコマンドは入力を受け取りません。

出力

名前 説明
fingerprint 文字列 現在のカメラの状態のフィンガープリント(一意の識別子)。
state オブジェクト さまざまなカメラの状態のステータスを含む JSON オブジェクト。 次の表をご覧ください。

state オブジェクト

この JSON オブジェクトは、さまざまなカメラの状態のステータスを提供します。 メーカーは、新しいカスタム状態を提供できますが、名前空間の競合を防ぐために、アンダースコア(_)を先頭に付ける必要があります。

名前 説明
sessionId 文字列 現在のセッションの ID。 このフィールドは、API レベル 2 ではサポートが終了しました。
batteryLevel 数値 バッテリー残量の浮動小数点値(0.5 など)として表されます。
storageChanged Boolean 型 新しいタイプのストレージ (たとえば、SD カードや USB ドライブ)が挿入されたか、取り外された場合は True。 このフィールドは、API レベル 2 ではサポートが終了しました。
storageUri 文字列 さまざまなストレージを区別する一意の識別子。 ストレージを変更したかどうかを指示するために使用します。 このフィールドは API レベル 2 で追加されました。
_vendorSpecific [型](optional) カメラに関するベンダー固有の追加の状態。 名前空間の競合を防ぐために、下線(_)が先頭に付けられます。

エラー

  • このコマンドはエラーを返しません。

リクエスト
POST /osc/state HTTP/1.1
Host: [camera ip address]:[httpPort]
Accept: application/json
X-XSRF-Protected: 1
レスポンス
HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json;charset=utf-8
Content-Length: {CONTENT_LENGTH}
X-Content-Type-Options: nosniff

{
    "fingerprint": "12EGA33",
    "state": {
        "sessionId": "12ABC3",
        "batteryLevel": 0.5,
        "storageChanged": false
    }
}

フィードバックを送信...

Open Spherical Camera API