SCA と Google Pay API

強力な顧客認証(SCA)

SCA の対象となる取引で Google Pay が適切な支払い認証情報を返せるようにするため、実装にいくつかの小さな更新を加えなければならない場合があります。

Google Pay API V2 の統合を完了している場合、次の変更が必要です。

PaymentDataRequest オブジェクトの更新

次のプロパティを使用して、PaymentDataRequest オブジェクトを更新します。

更新された PaymentDataRequest オブジェクトの例

以下は、更新された PaymentDataRequest オブジェクトの例です。

{
  "apiVersion": 2,
  "apiVersionMinor": 0,
  "merchantInfo": {
    "merchantName": "Example Merchant"
  },
  "allowedPaymentMethods": [
    {
      "type": "CARD",
      "parameters": {
        "allowedAuthMethods": ["PAN_ONLY", "CRYPTOGRAM_3DS"],
        "allowedCardNetworks": ["AMEX", "DISCOVER", "INTERAC", "JCB", "MASTERCARD", "VISA"]
      },
      "tokenizationSpecification": {
        "type": "PAYMENT_GATEWAY",
        "parameters": {
          "gateway": "example",
          "gatewayMerchantId": "exampleGatewayMerchantId"
        }
      }
    }
  ],
  "transactionInfo": {
    "totalPriceStatus": "FINAL",
    "totalPrice": "12.34",
    "countryCode": "GB",
    "currencyCode": "GBP"
  }
}

レスポンス オブジェクトの処理

販売者は次のいずれかを受け取ります。

  • 追加のステップアップやチャレンジなしで処理できる認証済みのペイロード。
  • 社内または PSP 提供のソリューションを通じた 3D Secure 2.0 を必要とする PAN