プレミアム プランのレポート

注: Google Maps Platform プレミアム プランは、新規のお申し込み時や新規のお客様はご利用いただけません。

レポートツール

このページの内容は、2016 年 1 月にリリースされた Google Maps Platform プレミアム プランの新バージョンを使用しているお客様のみを対象としています。

プレミアム プランまたは以前のライセンスをお持ちの場合
現在お持ちのライセンスを確認するには:
> Google Cloud サポート ポータルで、左側の [Maps: Usage Report] をクリックします。
> レポート上部の ID の形式が以下のようになっているか確認します。
   gme-[company] & proj-[number] ([type])
この形式の場合は、プレミアム プランをご利用中です。
この形式ではない場合は、以前のライセンス(Maps API for Work または Maps API for Business)をご利用中です。

Google Maps Platform プレミアム プランでは、複数のレポートツールを利用して、さまざまな種類の使用状況データを参照できます。

サポート ポータルの使用状況レポート

Google Cloud サポート ポータルGoogle マップ使用状況レポートでは、次のデータを参照できます。

  • クライアント ID または API キーを使用した API リクエストの使用状況データ
  • API ごとの日別および月別 Maps API 合計使用回数(1 日後に反映)
  • API ごとの日別および月別 Maps APIs Credits 合計使用回数(3 日後に反映)
  • クライアント ID を使用するウェブサービス リクエストのエラーレポート
  • Maps JavaScript API、Image API(Maps Static API、Street View Static API)、ウェブサービス API に関するチャネル レポート

Support Portal Analytics

Google Cloud サポート ポータルGoogle Maps Analytics ツールを使うと、クライアント ID を使用する Maps JavaScript API リクエストのリアルタイム Google Maps Analytics データを参照できます。Analytics では、ユーザーによるアプリの利用状況を詳しく確認できるほか、アプリが提供しているジオコーディングなどのサービスをどの国からリクエストしているのかもわかります。

Google Cloud Platform Console のレポート

Google Cloud Platform Console のレポートでは、API キーを使用している API のリアルタイム使用状況データを参照できます。このレポートで参照できるのは、最長 30 日間分のデータのみです。

Google Cloud Platform Console のレポートを表示するには:

  1. Google アカウントを使用して Google Cloud Platform Console にログインします。
  2. プロジェクトのプルダウン メニューで、プレミアム プランを購入した際に作成されたプロジェクトを選択します。
  3. Google Maps API を選択し、[使用量] をクリックします。

レポートツールの概要

以下の表に、各レポートツールで参照できるデータの種類と対象期間をまとめています。

ID レポートツール 使用状況データ リアルタイム 1 日後 3 日後
クライアント ID サポート ポータルの使用状況レポート リクエスト ✔
Maps APIs Credits ✔
リクエスト エラー(ウェブサービス) ✔
チャネル ✔
Support Portal Analytics Maps Analytics Maps JavaScript API ✔
API キー サポート ポータルの使用状況レポート リクエスト ✔
Maps APIs Credits ✔
Google Cloud Platform Console のレポート リクエスト ✔
成功したリクエスト ✔