プレミアム プラン: 変更点の概要(更新のお客様が対象)

Google Cloud Console でのクライアント ID の管理場所

プレミアム プランのクライアント ID 管理機能は、サポート ポータルから、マップの [サービス アカウント] セクションにある [認証情報] ページの Cloud Console に移行します。

[認証情報] ページの新しいクライアント ID 領域

注: 現在、新規にお申し込みのお客様は Google Maps Platform プレミアム プランをご利用いただけません。

この「変更点の概要」は、以前のライセンス(Maps API for Business または Maps API for Work)を新しい Google Maps Platform プレミアム プランに更新するお客様が対象となります。このプレミアム プランは 2016 年 1 月にリリースされました。プレミアム プランについて詳しくは、プレミアム プランの概要をご覧ください。

購入方法

複数の API を 1 つのプランで利用 1 つの使用量割り当てで、Google の一連のサービスにアクセスできるようになりました。
Maps API クレジット プレミアム プランの料金体系では、各種サービス共通の Maps API クレジットが提供されます。API がリクエストされると、API の種類にかかわらずこのクレジットが消費されます。

使用モデル

使用レート Maps API をリクエストするたびに Maps API クレジットが消費されます。使用レートは API によって異なります。
1 日あたりのクエリ数(QPD) ウェブサービス リクエストの無料 QPD 上限は 100,000 リクエストです。このリクエスト数はすべての API で共有されます。API ごとの上限ではありません。
1 秒あたりのクエリ数(QPS) Places API を含むすべてのウェブサービス API で、10 QPS から 50 QPS に引き上げられました。ウェブサービスの使用を最適化する方法または QPS の引き上げを申請する方法をご覧ください。
クライアント側リクエスト クライアント側リクエストは、ウェブサービス リクエストと同じ使用レートで課金されるようになりました。
マップロード 以前のライセンス(Maps API for Work および Maps API for Business)で提供していた Maps JavaScript API のページビューに代わり、マップロードが使用されるようになりました。マップロードでは、ページ上でマップが実際にインスタンス化された場合のみ Maps API クレジットを消費します。
Places API Place Autocomplete を含め、Places API に対るクライアント側リクエストとサーバー側リクエストはいずれも Maps API クレジットを消費します。

レポート

クレジットの使用状況レポート Maps API クレジットの使用状況は、Google Cloud Console のマップの [指標] ページで表示できます。

アプリケーション開発

プロビジョニング すべての Google Maps Platform は、Cloud Console の API プロジェクトで自動的にプロビジョニングされます。ユーザーはプロジェクト ID とクライアント ID の両方を受け取ります。
API キー すべての Maps API で API キーを使用できるようになりました。Places API、Roads API、Geolocation API 以外の Maps API とモバイル SDK では、クライアント ID を使用することもできます。
Mobile SDK プレミアム モバイル機能にアクセスする際、Google Cloud Console プロジェクトで Google Maps Mobile SDK for Work を有効にする必要がありません。Maps SDK for Android と Maps SDK for iOS からこれらの機能にアクセスできます。
Android 用の動的ライブラリ Maps SDK for Android では、静的ライブラリだけでなく、Android 用の動的ライブラリも使用できるようになりました。

サポート

サポートへのアクセス Google Maps Platform プレミアム プランには、これまでと同様、24 時間対応のテクニカル サポートが含まれています。
サービスレベル契約 Google Maps Platform プレミアム プランには、これまでと同様のサービスレベル契約が適用されます。