プレミアム プラン:更新ユーザー向けの変更点の概要

この変更点の概要は、以前の Maps API for Business ライセンスまたは Maps APIs for Work ライセンスを、新しい Google Maps APIs Premium Plan に更新しているユーザーが対象です。新しいプランは 2016 年 1 月に利用可能になります。Premium Plan の詳細については、プレミアム プランの概要をご覧ください。

購入

API へのスケーラブルなアクセス 1 つの使用割り当てを使って、サービス一式にアクセスできるようになります。
Maps APIs Credits 基本価格には、Maps APIs Credits の共通プールが含まれています。API に対するすべてのリクエストは、このプールのクレジットを消費します。

使用モデル

使用レート Maps API に対するリクエストは、Maps APIs Credits を消費します。使用レートは API ごとに異なります。
QPD ウェブサービス リクエストの 1 日あたりの無料 QPD 使用制限は 100,000 回の共有リクエストです。API ごとの個別の使用制限ではありません。
QPS ウェブサービス API の QPS は、10 QPS から 50 QPS に引き上げられ、Places API Web Service の QPS は5 QPS まで引き下げられています。ウェブサービスの使用状況を最適化する方法または 1 QPS の引き上げを申請する方法を確認してください。
クライアント側リクエスト クライアント側リクエストは、ウェブサービス リクエストと同じ使用レートで課金されるようになります。
マップロード 以前の Maps APIs for Work と Maps API for Business の提供物での Maps JavaScript API のページビューは、マップロードに置き換えられています。マップロードでは、ページ上でマップのインスタンスが実際に作成される場合のみ、Maps APIs Credits を消費します。
Places API プレイス オートコンプリートを含め、Google Places API に対するクライアント側リクエストとサーバー側リクエストはどちらも Maps APIs Credits を消費します。

レポート機能

クレジットの使用状況レポート Maps APIs Credits の使用状況は、Google Cloud Support PortalGoogle API ConsoleGoogle Maps 使用状況レポート ツールで表示できます。

アプリケーション開発

プロビジョニング すべての Google Maps APIs は、 Google API Console の API プロジェクトを使って自動的にプロビジョニングされます。開発者は Google API Console プロジェクト ID とクライアント ID の両方を受け取ります。
API キー API キーは、すべての Maps API で使用できるようになります。Google Places API、Google Maps Roads API、Google Maps Geolocation API、Mobile SDK を除き、すべての Maps API では、クライアント ID も使用できます。
Zagat コンテンツ Zagat 機能にアクセスするために、Google API Console プロジェクトで Zagat コンテンツ サービスを有効にする必要がなくなります。プロジェクトで Google Places API を有効にするだけで、これらの機能にアクセスできるようになります。
Mobile SDK プレミアム モバイル機能にアクセスするために、Google API Console プロジェクトで Google Maps Mobile SDK for Work を有効にする必要がなくなります。Google Maps Android API と Google Maps SDK for iOS でこれらの機能にアクセスできるようになります。
Android 用動的ライブラリ Google Maps Android API では、静的ライブラリだけでなく、Android 用の動的ライブラリも使用できるようになります。

サポート

サポートへのアクセス Google Maps APIs Premium Plan には、これまでと同じ 24 時間のテクニカル サポートが含まれています。
サービスレベル契約 Google Maps APIs Premium Plan は、これまでと同じ SLA に基づいています。