よくある質問:ライセンスの更新

このよくある質問は、以前の Maps API for Business ライセンスまたは Maps APIs for Work ライセンスを、新しい Google Maps APIs Premium Plan に更新しているユーザーが対象です。新しいプランは 2016 年 1 月に利用可能になります。Premium Plan の詳細については、プレミアム プランの概要をご覧ください。

Google Maps APIs Premium Plan の概要

ライセンスの更新

使用モデルについて

使用状況レポートの表示

アプリケーションの開発

サポートの利用

Google Maps APIs Premium Plan の概要

Google Maps APIs for Work ライセンスの変更点を教えてください。

以前、Google Maps APIs for Work のユーザーは、Google Places API、モバイル SDK、Google Maps Roads API、Google Maps Geolocation API など、一部の API ではライセンスと割り当てを個別に購入する必要がありました。新しい Google Maps APIs Premium Plan では、1 つの使用割り当てで、一連のサービスにスケーラブルにアクセスできるようになります。また、Premium Plan の主な変更点は以下のとおりです。

  • Maps APIs Credits という新しいレートが導入され、Maps API へのリクエストはこのレートで割り当てを消費します。
  • ウェブサービス API に対する QPS(1 秒あたりのクエリ回数)の既定の使用制限が引き上げられています。
  • クライアント側リクエストの使用量の課金が新しくなっています。
  • ウェブサービスとクライアント側サービスの無料の QPD(1 日あたりのクエリ回数)共有プールが新しく導入されています。
  • Google Maps JavaScript API 使用モデルが更新され、ページビューではなくマップロードが使用されるようになります。
Maps APIs for Work ライセンスを新しい Google Maps APIs Premium Plan に変更した理由を教えてください。

Google Maps の提供内容は、長い年月をかけて新しい API を加えながら、より堅牢になるよう拡張されてきました。このような API により、開発者や企業は新しいアプリケーションやソリューションにマッピングを統合できるようになります。ただし、API スイートの拡張と共に、提供内容が複雑になっていることも認識していました。Google Maps APIs Premium Plan を新しく導入する目的は、以下のように提供内容と使用モデルをシンプルにすることです。

  • サービス一式にアクセスできるようにする。これにより、開発者は、モバイル対応のカスタマイズ可能でスケーラブルなマップを、自分のアプリやサイトに実装するために必要なすべてのツールにアクセスできるようになります。使用する API を事前に決めたり、価格や使用制限が異なる API を個別に購入する必要がなくなります。
  • 使用モデルをシンプルにする。これにより、共通割り当てプールに対するアプリケーションの使用状況の把握と追跡が容易になります。アプリケーションが使用している割り当て数や、円滑な実行を継続するために必要なことを正確に把握できるようになり、契約途中でのアップグレード、割り当ての追加、QPS の引き上げを行う必要性が少なくなります。
新しい Google Maps APIs Premium Plan に含まれている API を教えてください。

Premium Plan に含まれている API のリストについては、プレミアム プランの概要をご覧ください。

Google Places API、Mobile SDK、Google Maps Geolocation API、または Google Maps Roads API をまだ個別に購入できますか?

これらの API は個別に入手できなくなります。Premium Plan により、サービス一式にアクセスできるようになります。

ライセンスの更新

新しい Google Maps APIs Premium Plan に更新する理由を教えてください。

Google Maps APIs for Work ライセンス下での更新は提供されなくなります。今後も以下のいずれかを必要とする企業や組織は、新しい Google Maps APIs Premium Plan に更新してください。

  • 24 時間のテクニカル サポートが組み込まれた SLA
  • Google マップが埋め込まれた製品またはサービスの販売
  • 社内のアプリケーションまたはウェブサイトでの Google Maps APIs の使用
  • 特定の量の割り当て
  • アセット トラッキング アプリケーションでの Google Maps APIs(Places API を除く)の使用
  • 既存の Google Maps APIs for Work ライセンスで利用できるプレミアム機能
既存のライセンスを新しい Google Maps APIs Premium Plan にいつ更新できますか?

現在のライセンスを更新するときに、新しい Premium Plan に移行できます。現時点では、契約の途中での移行には対応していません。更新の時期になりましたら、新しい Premium Plan の詳細およびアプリケーションの使用状況に基づく価格見積もりについて、Google の営業担当者または Google Maps パートナーにお問い合わせください。

自動更新のユーザー:前の Google Maps APIs for Work ライセンスの自動更新がキャンセルされたことを示す通知が、ライセンスの終了日前に送られてきます。ライセンスを新しい Premium Plan に更新した後、自動更新を再設定できます。

ライセンスを Google Maps APIs Premium Plan に更新するために、Google アカウントは必要ですか?

はい。Google API Console にアクセスするために Google アカウントが必要です。ここで Google Maps APIs がプロビジョニングされます。Google アカウントの設定の詳細については、Google API Console にサインインする方法に関する記事をご覧ください。

Google Maps APIs Standard Plan にダウングレードすることはできますか?

はい。ニーズが変わり、Maps API 実装が適している場合、ライセンスの更新時に Premium Plan ではなく、従量課金製品の 標準プラン を使用することを選択できます。詳細については、価格とプランをご覧ください。

使用モデルについて

Maps APIs Credits とは何ですか。また、どのように消費されますか?

異なる API ごとに個別の使用制限を設定するのではなく、API を使用するためのすべての割り当てを Maps APIs Credits という 1 つのプールにまとめました。ユーザーはこのクレジットを購入します。Maps APIs Credits と、異なる API へのリクエストがクレジットを消費するレートの詳細については、使用レートと使用制限をご覧ください。

Google Maps APIs Premium Plan の使用制限とは何ですか?

Premium Plan の使用制限の詳細については、使用レートと使用制限をご覧ください。

新しいマップロードと Google Maps JavaScript API のページビューの違いは何ですか?

以前、Google Maps JavaScript API を使用するアプリケーションは、ページビューに応じて割り当てを消費しました。ページビューは、Google Maps JavaScript API の <script> タグがウェブページに含まれていると生成されます。マップが実際にそのページに表示されるかどうかは関係ありません。Google Maps APIs Premium Plan では、アプリケーションはページビューではなくマップロードを生成します。マップロードは、ウェブページ上(new google.maps.Map() の呼び出し)やモバイルアプリ内でマップのインスタンスが実際に作成された場合のみ生成されます。

この変更による重要なメリットは、マップを表示しないサイトのページに不注意で Google Maps JavaScript API タグを含めてしまい、不必要な割り当て消費や課金が生じるのを心配する必要がなくなることです。このような問題は、サイト テンプレートに Google Maps JavaScript API タグが含まれている場合などに発生することがありました。効率の点から、Google Maps JavaScript API の不必要な読み込みは今後も避けることをお勧めしますが、読み込んでも課金はされることはなくなります。

Google Places API に対するクライアント側リクエストは、ウェブサービス リクエストと同様に課金されるようになりますか?

はい。Google Maps APIs Premium Plan では、Google Places API に対するクライアント側(JavaScript プレイス ライブラリ経由)のリクエストでも、ウェブサービス(サーバー側)リクエストでも、2 Maps APIs Credits が課金されようになります。以前、クライアント側のプレイス リクエストは、プレイスの割り当てに対して報告されませんでした。現在は、クライアント ID を使用して、Google Cloud Support Portal でプレイスの使用状況に関する詳細レポートを取得できるようになります。

プレイスの詳細リクエストに対しては 2 Maps APIs Credits が課金され、プレイスのオートコンプリート リクエストに対しては 0.1 クレジットのみが課金される理由を教えてください。

Google Places API は、店舗などのプレイスデータが保存された膨大なデータベースを使用します。店舗などは開店や閉店が頻繁に行われるため、このデータベースのデータを正確な状態に維持するには、多くの時間と労力がかかります。そのため、プレイスの詳細リクエストの課金を増やすことが必要でした。プレイス オートコンプリートについては、多くの場合、ユーザーは数文字を入力するだけで、プレイスを見つけることができるため、リクエストごとにわずかなクレジットしか課金されません。

アプリケーションの Maps APIs Credits 使用量を見積もる方法を教えてください。

クレジット使用量の計算方法の詳細については、クレジットの計算例をご覧ください。

レポートの表示

アプリケーションのリクエストと Maps APIs Credits の使用状況に関するレポートを表示する方法を教えてください。

Google Maps APIs Premium Plan で利用可能なレポートツールの詳細については、レポート機能の概要をご覧ください。

アプリケーションの開発

Google API Console のプロジェクト ID とクライアント ID は両方発行されますか?

はい。ウェルカム レターには、 Google API Console のプロジェクト ID とクライアント ID が記載されています。

開発者が提供する Google API Console プロジェクトでは、含まれているすべての API が有効になりますか?

はい。新しい Google Maps APIs Premium Plan では、同じ Google API Console プロジェクトにすべての API を自動的にプロビジョニングしています。開発者は同じ API キーを使って、1 つのプロジェクトにインクルードされるすべての Maps API にアクセスできます。API キーでは、リアルタイムの使用状況レポートと、過去 30 日間の使用状況の履歴データにアクセスできます。Maps API Analytics、チャンネル別使用状況レポート、過去 30 日よりも前の履歴レポートデータなどの機能が必要な場合は、API キーではなくクライアント ID を使用できます。ただし、Google Places API、Google Maps Geolocation API、Google Maps Roads API、および Mobile SDK(Android、iOS)は除きます。

新しい使用モデルでは、クライアント側とサーバー側の使用状況に違いはありますか?

いいえ。新しい Google Maps APIs Premium Plan では、クライアント側とウェブサービス(サーバー側)のすべてのリクエストは、同じ数の Maps APIs Credits を消費します。使用レートと使用制限をご覧ください。

クライアント側リクエストがウェブサービス リクエストと同じように課金されるようになることで、アプリケーションの実装を変更する必要はありますか?

実装を変更する必要はありません。ただし、一般的には、効率を高めるために、可能な場合、アプリケーションではクライアント側リクエストを使用することをお勧めします。

Google API Console で有効にするサービスに変更はありますか?

はい。Google Maps APIs Premium Plan では、 Google API Console プロジェクトで Places API - Zagat Content または Google Maps Mobile SDK for Work のサービスを有効にする必要がなくなります。ただし、これらのサービスが提供する同じプレミアム機能には依然としてすべてアクセスできます。この変更のもう 1 つのメリットとして、Google API Console でこれらのサービスを表示するためにプロジェクト所有者の追加承認を要求する必要がなくなります。

新しい Google Maps APIs Premium Plan で Zagat 機能にアクセスする方法を教えてください。

Premium Plan では、API キーを含む正規の Google Places API Web Service へのリクエストによって、プレミアム Zagat コンテンツが返されます。レビューや評価にアクセスするために、 Google API Console 上で有効になっている個別の Zagat サービスを使用する必要はありません。 また、リクエスト URL を変更する必要もありません。使用できるクレジットがある限り、依然として Google Places API Web Service で機能します。Zagat コンテンツにアクセスできることを確認するには、サインアップ中に作成されるプロジェクトのキーを使って Google Places API Web Service にリクエストを送信するだけです。次に URL の例を示します。

https://maps.googleapis.com/maps/api/place/textsearch/json?query=restaurants+in+mountain+View,+ca&key=[YOUR_API_KEY]

Google Maps Mobile SDK for Work で以前に利用可能だったモバイル機能にアクセスする方法を教えてください。

Google API Console 上で有効になっている Google Maps Mobile SDK for Work は表示されなくなりますが、依然として、コンソールで有効になっている標準のエンドポイントを使用してプレミアム モバイル機能(Google Maps SDK for iOSGoogle Maps Android API)にアクセスできます。プレミアム機能にアクセスするために、コードを変更する必要はありません。サインアップ中に作成されるプロジェクトの API キーを使用し続けるだけで、静的ライブラリを使用できます。プレミアム モバイル機能にアクセスできることを確認するには、静的ライブラリを使用してマップを読み込むだけです。マップの読み込みの詳細については、デベロッパー ガイドをご覧ください。

Google Maps APIs Premium Plan で Android 用の動的ライブラリは利用できますか?

はい。Premium Plan では、静的ライブラリだけでなく、Android 用の動的ライブラリも使用できるようになります。

サポートの利用

Google Maps APIs Premium Plan のテクニカル サポートを利用する方法を教えてください。

Premium Plan には、これまでと同じ 24 時間のテクニカル サポートが含まれています。詳細については、サポートとリソースをご覧ください。

Google Maps APIs Premium Plan の対象となる SLA に変更はありますか?

いいえ。Premium Plan には、これまでと同じ堅牢なサービスレベル契約が含まれています。詳細については、サポートとリソースをご覧ください。