以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps Roads API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps Roads API をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

高度なコンセプト

注: 以下の例では、Java Client for Google Maps ServicesGoogle Maps Roads API を使用しています。 ここで紹介するコンセプトは、ご利用の言語に適用することができます。 また、Python ClientGo Client、および Node.js Client は GitHub で入手できます。

データの取得

収集された位置データはさまざまな方法で入手できます。 ここでは、Google Maps Roads API道路へのスナップ機能で使用するデータを取得するためのテクニックを 2 つ紹介します。

GPX

GPX とは、GPS 端末で取得したルート、軌跡、ウェイポイントの共有を目的としたオープンな XML ベースの形式です。 この例では、Java サーバーとモバイル環境の両方で利用できる軽量 XML パーサーである XmlPull パーサーを使用しています。

/**
 * Parses the waypoint (wpt tags) data into native objects from a GPX stream.
 */
private List<LatLng> loadGpxData(XmlPullParser parser, InputStream gpxIn)
        throws XmlPullParserException, IOException {
    // We use a List<> as we need subList for paging later
    List<LatLng> latLngs = new ArrayList<>();
    parser.setInput(gpxIn, null);
    parser.nextTag();

    while (parser.next() != XmlPullParser.END_DOCUMENT) {
        if (parser.getEventType() != XmlPullParser.START_TAG) {
            continue;
        }

        if (parser.getName().equals("wpt")) {
            // Save the discovered latitude/longitude attributes in each <wpt>.
            latLngs.add(new LatLng(
                    Double.valueOf(parser.getAttributeValue(null, "lat")),
                    Double.valueOf(parser.getAttributeValue(null, "lon"))));
        }
        // Otherwise, skip irrelevant data
    }

    return latLngs;
}

次に示すのは、地図上に読み込んだ未加工の GPX データです。

地図上の未加工 GPX データ

Android の位置情報サービス

Android 端末から GPS データを収集する最適な方法はユースケースによって異なります。 位置情報のアップデートの受信GitHub の Google Play の位置情報サンプルに関する Android トレーニング クラスをご覧ください。

長いパスの扱い

道路へのスナップ機能は、個々の地点ではなくフルパスに基づいて位置を推測するため、長いパス(1 リクエストあたりの制限である 100 地点を超えるパス)を扱う場合は注意が必要です。

個々のリクエストを 1 つの長いパスとして扱うには、前回のリクエストの最後の数地点を次のリクエストの最初の部分に含めるように、パスの一部を重複させる必要があります。

含める地点の数は、データの精度によって異なります。 精度の低いリクエストの場合は、含める地点の数を増やす必要があります。

次の例では、Java Client for Google Maps Services を使用して「ページ分けした」リクエストを送信し、データを再連結してリストを返しています。その際に、補完された地点も含めています。

/**
 * Snaps the points to their most likely position on roads using the Roads API.
 */
private List<SnappedPoint> snapToRoads(GeoApiContext context) throws Exception {
    List<SnappedPoint> snappedPoints = new ArrayList<>();

    int offset = 0;
    while (offset < mCapturedLocations.size()) {
        // Calculate which points to include in this request. We can't exceed the API's
        // maximum and we want to ensure some overlap so the API can infer a good location for
        // the first few points in each request.
        if (offset > 0) {
            offset -= PAGINATION_OVERLAP;   // Rewind to include some previous points.
        }
        int lowerBound = offset;
        int upperBound = Math.min(offset + PAGE_SIZE_LIMIT, mCapturedLocations.size());

        // Get the data we need for this page.
        LatLng[] page = mCapturedLocations
                .subList(lowerBound, upperBound)
                .toArray(new LatLng[upperBound - lowerBound]);

        // Perform the request. Because we have interpolate=true, we will get extra data points
        // between our originally requested path. To ensure we can concatenate these points, we
        // only start adding once we've hit the first new point (that is, skip the overlap).
        SnappedPoint[] points = RoadsApi.snapToRoads(context, true, page).await();
        boolean passedOverlap = false;
        for (SnappedPoint point : points) {
            if (offset == 0 || point.originalIndex >= PAGINATION_OVERLAP - 1) {
                passedOverlap = true;
            }
            if (passedOverlap) {
                snappedPoints.add(point);
            }
        }

        offset = upperBound;
    }

    return snappedPoints;
}

上記のデータに対して道路へのスナップ リクエストを実行すると、次のようになります。 赤線は未加工のデータで、青線はスナップされたデータです。

道路にスナップされたデータの例

割り当ての効率的な使用

道路へのスナップ リクエストへのレスポンスには、指定した地点をマッピングするプレイス ID のリストが含まれます。interpolate=true を設定した場合は、地点が追加されている可能性もあります。

速度制限リクエストで利用可能な割り当てを効率的に使うためには、リクエストで一意のプレイス ID のみを照会する必要があります。 次の例では、Java Client for Google Maps Services を使用してプレイス ID のリストから速度制限を照会しています。

/**
 * Retrieves speed limits for the previously-snapped points. This method is efficient in terms
 * of quota usage as it will only query for unique places.
 *
 * Note: Speed limit data is only available for requests using an API key enabled for a
 * Google Maps APIs Premium Plan license.
 */
private Map<String, SpeedLimit> getSpeedLimits(GeoApiContext context, List<SnappedPoint> points)
        throws Exception {
    Map<String, SpeedLimit> placeSpeeds = new HashMap<>();

    // Pro tip: Save on quota by filtering to unique place IDs.
    for (SnappedPoint point : points) {
        placeSpeeds.put(point.placeId, null);
    }

    String[] uniquePlaceIds =
            placeSpeeds.keySet().toArray(new String[placeSpeeds.keySet().size()]);

    // Loop through the places, one page (API request) at a time.
    for (int i = 0; i < uniquePlaceIds.length; i += PAGE_SIZE_LIMIT) {
        String[] page = Arrays.copyOfRange(uniquePlaceIds, i,
                Math.min(i + PAGE_SIZE_LIMIT, uniquePlaceIds.length));

        // Execute!
        SpeedLimit[] placeLimits = RoadsApi.speedLimits(context, page).await();
        for (SpeedLimit sl : placeLimits) {
            placeSpeeds.put(sl.placeId, sl);
        }
    }

    return placeSpeeds;
}

上記のデータについて一意のプレイス ID ごとに速度制限を表示すると次のようになります。

地図上の速度制限標識

他の API との連携

道路へのスナップ レスポンスでは、プレイス ID が返されます。このメリットの 1 つは、さまざまな Google Maps API でプレイス ID を使用できることです。

次の例では、Java Client for Google Maps Services を使用して、上記の道路へのスナップ リクエストで返されたプレイスのジオコーディングを行っています。

/**
 * Geocodes a snapped point using the place ID.
 */
private GeocodingResult geocodeSnappedPoint(GeoApiContext context, SnappedPoint point) throws Exception {
    GeocodingResult[] results = GeocodingApi.newRequest(context)
            .place(point.placeId)
            .await();

    if (results.length > 0) {
        return results[0];
    }
    return null;
}

ここでは、速度制限のマーカーのコメントとして Google Maps Geocoding API で取得した住所を表示しています。

マーカー上のジオコーディングした住所

サンプルコード

考慮事項

この記事のコードは、説明用の単一の Android アプリとして提供されているものです。 実際には、許可されていない第三者によるアクセスからキーを保護することができないため、Android アプリにサーバー側 API キーを配布しないでください。 代わりに、API を呼びだすコードをサーバー側プロキシとしてデプロイし、Android アプリからプロキシ経由でリクエストを送信してキーを保護することにより、リクエストが確実に承認されるようにします。

ダウンロード

GitHub からコードをダウンロードしてください。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。