Map View

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

JourneySharingMapView クラス

google.maps.journeySharing.JourneySharingMapView クラス

地図表示。

&libraries=journeySharing URL パラメータを使用して読み込みます。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

v=beta を使用している場合は、const {JourneySharingMapView} = await google.map.importLibrary("journeySharing") を呼び出してアクセスできます。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

JourneySharingMapView
JourneySharingMapView(options)
パラメータ:
地図表示をインスタンス化します。
anticipatedRoutePolylines
タイプ: Array<Polyline>
想定されるルートのポリラインがあれば、それを返します。
anticipatedRoutePolylineSetup
タイプ: PolylineSetup
想定されるルート ポリラインのオプションを設定します。想定される新しいルート ポリラインがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は、google.maps.PolylineOptions オブジェクトを含む入力の defaultPolylineOptions フィールドを変更し、出力された PolylineSetupOptions オブジェクトで ポリライン Options として返すことができます。

PolylineSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定した場合と同じ結果が得られます。

同じ PolylineSetupOptions オブジェクトを異なる PolylineSetup 関数または静的な値で再利用しないでください。また、同じ google.maps.PolylineOptions オブジェクトを、異なる PolylineSetupOptions オブジェクトにある toolchainOptions キーに再利用しないでください。polylineOptions または visible が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。ポリライン Options.map または polylineOptions.path に設定された値はすべて無視されます。

automaticViewportMode
このフィールドは読み取り専用です。自動ビューポート モード。
element
タイプ: Element
このフィールドは読み取り専用です。ビューを支える DOM 要素。
enableTraffic
タイプ: boolean
トラフィック レイヤを有効または無効にします。
locationProvider
タイプ: LocationProvider
このフィールドは読み取り専用です。トラッキング マップ ビューに表示されるトラッキング対象地域の情報源です。
map
タイプ: Map
このフィールドは読み取り専用です。地図表示に含まれる地図オブジェクト。
mapOptions
タイプ: MapOptions
このフィールドは読み取り専用です。地図表示を介して地図に渡される地図オプション。
takenRoutePolylines
タイプ: Array<Polyline>
ルートのポリラインがあれば、それを返します。
takenRoutePolylineSetup
タイプ: PolylineSetup
取得したルート ポリラインのオプションを設定します。新しく取得したルート ポリラインがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は、google.maps.PolylineOptions オブジェクトを含む入力の defaultPolylineOptions フィールドを変更し、出力された PolylineSetupOptions オブジェクトで ポリライン Options として返すことができます。

PolylineSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定した場合と同じ結果が得られます。

同じ PolylineSetupOptions オブジェクトを異なる PolylineSetup 関数または静的な値で再利用しないでください。また、同じ google.maps.PolylineOptions オブジェクトを、異なる PolylineSetupOptions オブジェクトにある toolchainOptions キーに再利用しないでください。

ポリライン Options.map または polylineOptions.path に設定された値はすべて無視されます。未設定または null の値を指定すると、デフォルト値で上書きされます。

destinationMarkerSetup
タイプ: MarkerSetup
目的地の場所マーカーのオプションを設定します。新しいデスティネーション マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

originMarkerSetup
タイプ: MarkerSetup
オリジンのマーカー オプションを設定します。新しいオリジン マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

pingMarkerSetup
タイプ: MarkerSetup
ping 位置マーカーのオプションを設定します。新しい ping マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

successfulTaskMarkerSetup
タイプ: MarkerSetup
タスクの位置を示すマーカーの成功オプションを設定します。新しいタスク マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

taskOutcomeMarkerSetup
タイプ: MarkerSetup
タスクの結果位置マーカーのオプションを設定します。新しいタスクの結果位置マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

unsuccessfulTaskMarkerSetup
タイプ: MarkerSetup
失敗したタスクのロケーション マーカーのオプションを構成します。失敗した新しいタスク マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

vehicleMarkerSetup
タイプ: MarkerSetup
車両の位置情報マーカーのオプションを設定します。新しい車両マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

waypointMarkerSetup
タイプ: MarkerSetup
地点マーカーを配置するオプションを設定します。新しい地点マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

destinationMarkers
タイプ: Array<Marker>
デスティネーション マーカーがある場合は、それを返します。
originMarkers
タイプ: Array<Marker>
原点マーカーを返します(存在する場合)。
successfulTaskMarkers
タイプ: Array<Marker>
成功したタスク マーカーを返します(存在する場合)。
taskOutcomeMarkers
タイプ: Array<Marker>
タスクの結果を示すマーカー(存在する場合)を返します。
unsuccessfulTaskMarkers
タイプ: Array<Marker>
失敗したタスク マーカーを返します(存在する場合)。
vehicleMarkers
タイプ: Array<Marker>
車両マーカーがあれば返します。
waypointMarkers
タイプ: Array<Marker>
地点マーカー(存在する場合)を返します。

JourneySharingMapViewOptions インターフェース

google.maps.journeySharing.JourneySharingMapViewOptions インターフェース

地図表示のオプション。

&libraries=journeySharing URL パラメータを使用して読み込みます。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

element
タイプ: Element
ビューを支える DOM 要素。必須。
locationProvider
タイプ: LocationProvider
トラッキング マップ ビューに表示されるトラッキング対象地域の情報源です。必須。
anticipatedRoutePolylineSetup optional
タイプ: PolylineSetup optional
想定されるルート ポリラインのオプションを設定します。想定される新しいルート ポリラインがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は、google.maps.PolylineOptions オブジェクトを含む入力の defaultPolylineOptions フィールドを変更し、出力された PolylineSetupOptions オブジェクトで ポリライン Options として返すことができます。

PolylineSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定した場合と同じ結果が得られます。

同じ PolylineSetupOptions オブジェクトを異なる PolylineSetup 関数または静的な値で再利用しないでください。また、同じ google.maps.PolylineOptions オブジェクトを、異なる PolylineSetupOptions オブジェクトにある toolchainOptions キーに再利用しないでください。polylineOptions または visible が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。ポリライン Options.map または polylineOptions.path に設定された値はすべて無視されます。

automaticViewportMode optional
タイプ: AutomaticViewportMode optional
自動ビューポート モード。デフォルト値は FIT_ANTICIPATED_ROUTE です。これにより、地図ビューは、車両マーカー、場所マーカー、想定されるルートのポリラインに合うようにビューポートを自動的に調整できるようになります。自動フィッティングを無効にするには NONE に設定します。
destinationMarkerSetup optional
タイプ: MarkerSetup optional
目的地の場所マーカーのオプションを設定します。新しいデスティネーション マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

mapOptions optional
タイプ: MapOptions optional
google.maps.Map コンストラクタに渡される地図オプション。
originMarkerSetup optional
タイプ: MarkerSetup optional
オリジンのマーカー オプションを設定します。新しいオリジン マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

pingMarkerSetup optional
タイプ: MarkerSetup optional
ping 位置マーカーのオプションを設定します。新しい ping マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

successfulTaskMarkerSetup optional
タイプ: MarkerSetup optional
タスクの位置を示すマーカーの成功オプションを設定します。新しいタスク マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

takenRoutePolylineSetup optional
タイプ: PolylineSetup optional
取得したルート ポリラインのオプションを設定します。新しく取得したルート ポリラインがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は、google.maps.PolylineOptions オブジェクトを含む入力の defaultPolylineOptions フィールドを変更し、出力された PolylineSetupOptions オブジェクトで ポリライン Options として返すことができます。

PolylineSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定した場合と同じ結果が得られます。

同じ PolylineSetupOptions オブジェクトを異なる PolylineSetup 関数または静的な値で再利用しないでください。また、同じ google.maps.PolylineOptions オブジェクトを、異なる PolylineSetupOptions オブジェクトにある toolchainOptions キーに再利用しないでください。

ポリライン Options.map または polylineOptions.path に設定された値はすべて無視されます。未設定または null の値を指定すると、デフォルト値で上書きされます。

taskOutcomeMarkerSetup optional
タイプ: MarkerSetup optional
タスクの結果位置マーカーのオプションを設定します。新しいタスクの結果位置マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

unsuccessfulTaskMarkerSetup optional
タイプ: MarkerSetup optional
失敗したタスクのロケーション マーカーのオプションを構成します。失敗した新しいタスク マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

vehicleMarkerSetup optional
タイプ: MarkerSetup optional
車両の位置情報マーカーのオプションを設定します。新しい車両マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

waypointMarkerSetup optional
タイプ: MarkerSetup optional
地点マーカーを配置するオプションを設定します。新しい地点マーカーがレンダリングされるたびに呼び出されます。

関数を指定する場合、関数は google.maps.MarkerOptions オブジェクトを含む入力の defaultMarkerOptions フィールドを変更し、出力の MarkerSetupOptions オブジェクト内の markerOptions として返すことができます。

MarkerSetupOptions オブジェクトを指定すると、その静的オブジェクトを返す関数を指定するのと同じ結果が得られます。

異なる MarkerSetup 関数または静的な値で同じ MarkerSetupOptions オブジェクトを再利用しないでください。また、異なる MarkerSetupOptions オブジェクト内の MarkerOptions キーに同じ google.maps.MarkerOptions オブジェクトを再利用しないでください。markerOptions が設定されていない場合、または null の場合は、デフォルトで上書きされます。markerOptions.map または markerOptions.position に設定した値はすべて無視されます。

AutomaticViewportMode 定数

google.maps.journeySharing.AutomaticViewportMode 定数

自動ビューポート モード。

&libraries=journeySharing URL パラメータを使用して読み込みます。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

v=beta を使用している場合は、const {AutomaticViewportMode} = await google.map.importLibrary("journeySharing") を呼び出してアクセスできます。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

FIT_ANTICIPATED_ROUTE マーカーと予想されるルート ポリラインに合うように、ビューポートを自動的に調整します。グローバル ウィンドウはデフォルト。
NONE ビューポートを自動的に調整しないでください。

LocationProvider 抽象クラス

google.maps.journeySharing.LocationProvider 抽象クラス

すべての位置情報プロバイダの親クラス。

&libraries=journeySharing URL パラメータを使用して読み込みます。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

addListener
addListener(eventName, handler)
パラメータ:
  • eventName: string リッスンするイベントの名前。
  • handler: Functionイベント ハンドラ。
位置情報プロバイダによって呼び出されるイベントに MapsEventListener を追加します。event.removeListener で使用できるこのリスナーの識別子を返します。

PollingLocationProvider 抽象クラス

google.maps.journeySharing.PollingLocationProvider 抽象クラス

ポーリング ロケーション プロバイダの親クラス。

この抽象クラスは LocationProvider を拡張します。

&libraries=journeySharing URL パラメータを使用して読み込みます。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

isPolling
タイプ: boolean
位置情報プロバイダがポーリングしている場合は true。読み取り専用。
継承される: addListener
ispollingchange
function(event)
ロケーション プロバイダのポーリング状態が更新されるとトリガーされるイベント。PollingLocationProvider.isPolling を使用して、現在のポーリング状態を確認します。

PollingLocationProviderIsPollingChangeEvent インターフェース

google.maps.journeySharing.PollingLocationProviderIsPollingChangeEvent インターフェース

PollingLocationProvider.ispollingchange イベントがトリガーされたときにイベント ハンドラに渡されるイベント オブジェクト。

&libraries=journeySharing URL パラメータを使用して読み込みます。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

error optional
タイプ: Error optional
ポーリングの状態の変化の原因となったエラー。状態の変化がエラーによる場合。状態の変化が通常のオペレーションに起因するかどうか未定義。