Drawing Library

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

DrawingManager クラス

google.maps.drawing.DrawingManager クラス

地図上にマーカー、ポリゴン、ポリライン、長方形、円を描画できます。DrawingManager の描画モードは、ユーザーが作成するオーバーレイの種類を定義します。地図にコントロールを追加して、ユーザーが描画モードを切り替えられるようにします。

このクラスは MVCObject を拡張します。

&libraries=drawing URL パラメータが必要です。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

DrawingManager
DrawingManager([options])
パラメータ:
ユーザーが地図上にオーバーレイを描画し、描画コントロールを使用して描画するオーバーレイのタイプを切り替えることができる DrawingManager を作成します。
getDrawingMode
getDrawingMode()
パラメータ: なし
戻り値: OverlayType|null
DrawingManager の描画モードを返します。
getMap
getMap()
パラメータ: なし
戻り値: Map
DrawingManager がアタッチされている Map を返します。これは、作成されたオーバーレイの配置先となる Map です。
setDrawingMode
setDrawingMode(drawingMode)
パラメータ:
戻り値: なし
DrawingManager の描画モードを変更します。このモードは、地図に追加するオーバーレイの種類を定義します。指定できる値は 'marker''polygon''polyline''rectangle''circle'null です。描画モードが「null」の場合、ユーザーは通常どおりマップを操作でき、クリック時に何も描画されません。
setMap
setMap(map)
パラメータ:
戻り値: なし
指定された MapDrawingManager オブジェクトをアタッチします。
setOptions
setOptions(options)
パラメータ:
戻り値: なし
DrawingManager のオプションを設定します。
継承: addListenerbindTogetnotifysetsetValuesunbindunbindAll
circlecomplete
function(circle)
引数:
  • circleCircleユーザーが描画した円。
このイベントは、ユーザーが円の描画を終了したときに発生します。
markercomplete
function(marker)
引数:
  • marker: Marker ユーザーが描画したマーカー。
このイベントは、ユーザーがマーカーの描画を終了したときに発生します。
overlaycomplete
function(event)
引数:
  • eventOverlayCompleteEventユーザーが描画したばかりのオーバーレイと、オーバーレイのタイプ。
このイベントは、ユーザーが任意のタイプのオーバーレイの描画を完了すると発生します。
polygoncomplete
function(polygon)
引数:
  • polygonPolygon ユーザーが描画したポリゴン。
このイベントは、ユーザーがポリゴンの描画を終了したときに発生します。
polylinecomplete
function(polyline)
引数:
  • polylinePolyline ユーザーが描画したポリライン
このイベントは、ユーザーがポリラインの描画を完了すると発生します。
rectanglecomplete
function(rectangle)
引数:
  • rectangle: Rectangle ユーザーが描画した長方形。
このイベントは、ユーザーが長方形の描画を終了したときに発生します。

DrawingManagerOptions インターフェース

google.maps.drawing.DrawingManagerOptions インターフェース

描画マネージャーのオプション。

&libraries=drawing URL パラメータが必要です。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

circleOptions optional
タイプ: CircleOptions optional
この DrawingManager で作成された新しいサークルに適用するオプション。center プロパティと radius プロパティは無視され、新しい円の map プロパティは常に DrawingManager の地図に設定されます。
drawingControl optional
タイプ: boolean optional
デフォルト: true
描画コントロールの有効/無効の状態。
drawingControlOptions optional
タイプ: DrawingControlOptions optional
描画コントロールの表示オプション。
drawingMode optional
タイプ: OverlayType optional
DrawingManager の描画モード。地図に追加するオーバーレイのタイプを定義します。指定できる値は 'marker''polygon''polyline''rectangle''circle'null です。描画モードが「null」の場合、ユーザーは通常どおりマップを操作でき、クリック時に何も描画されません。
map optional
タイプ: Map optional
DrawingManager がアタッチされている Map。これは、オーバーレイを作成する Map です。
markerOptions optional
タイプ: MarkerOptions optional
この DrawingManager で作成された新しいマーカーに適用するオプション。position プロパティは無視され、新しいマーカーの map プロパティは常に DrawingManager の地図に設定されます。
polygonOptions optional
タイプ: PolygonOptions optional
この DrawingManager で作成された新しいポリゴンに適用するオプション。paths プロパティは無視され、新しいポリゴンの map プロパティは常に DrawingManager の地図に設定されます。
polylineOptions optional
タイプ: PolylineOptions optional
この DrawingManager で作成された新しいポリラインに適用するオプション。path プロパティは無視され、新しいポリラインの map プロパティは常に DrawingManager の地図に設定されます。
rectangleOptions optional
タイプ: RectangleOptions optional
この DrawingManager で作成した新しい長方形に適用するオプション。bounds プロパティは無視され、新しい長方形の map プロパティは常に DrawingManager の地図に設定されます。

DrawingControlOptions インターフェース

google.maps.drawing.DrawingControlOptions インターフェース

描画コントロールのレンダリング オプション。

&libraries=drawing URL パラメータが必要です。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

drawingModes optional
タイプ: Array<OverlayType> optional
描画コントロールに表示される描画モードとその順序。手のアイコン(null の描画モードに対応)は常に使用可能で、この配列では指定されません。
position optional
タイプ: ControlPosition optional
デフォルト: ControlPosition.TOP_LEFT
位置 ID。地図上のコントロールの位置を指定するために使用されます。

OverlayCompleteEvent インターフェース

google.maps.drawing.OverlayCompleteEvent インターフェース

DrawingManager のオーバーレイ完了イベントのプロパティ

&libraries=drawing URL パラメータが必要です。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

overlay
完成したオーバーレイ。
type
タイプ: OverlayType
完成したオーバーレイのタイプ。

OverlayType 定数

google.maps.drawing.OverlayType 定数

DrawingManager が作成できるオーバーレイのタイプ。これらの値を指定するか、定数名を使用して指定します。たとえば、'polygon'google.maps.drawing.OverlayType.POLYGON などです。

&libraries=drawing URL パラメータが必要です。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

CIRCLE DrawingManager が円を作成し、overlaycomplete イベントで指定されたオーバーレイが円であることを指定します。
MARKER DrawingManager がマーカーを作成し、overlaycomplete イベントで指定されたオーバーレイがマーカーであることを指定します。
POLYGON DrawingManager がポリゴンを作成し、overlaycomplete イベントで指定されたオーバーレイがポリゴンであることを指定します。
POLYLINE DrawingManager がポリラインを作成し、overlaycomplete イベントで指定されたオーバーレイがポリラインであることを指定します。
RECTANGLE DrawingManager が長方形を作成し、overlaycomplete イベントで指定されたオーバーレイが長方形であることを指定します。