Distance Matrix

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

DistanceMatrixService クラス

google.maps.DistanceMatrixService クラス

複数の出発地と目的地の間の距離を計算するサービス。

v=beta を使用している場合は、const {DistanceMatrixService} = await google.map.importLibrary("routes") を呼び出してアクセスできます。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

DistanceMatrixService
DistanceMatrixService()
パラメータ: なし
距離行列クエリを Google サーバーに送信する DistanceMatrixService の新しいインスタンスを作成します。
getDistanceMatrix
getDistanceMatrix(request[, callback])
パラメータ:
距離行列リクエストを発行します。

DistanceMatrixRequest インターフェース

google.maps.DistanceMatrixRequest インターフェース

DistanceMatrixService によって送信された距離行列クエリ。出発地と目的地の場所の配列と、指標を計算するためのさまざまなオプションが含まれています。

destinations
タイプ: Array<string|LatLng|LatLngLiteral|Place>
距離と時間の計算に使用される目的地の住所の文字列、LatLng、または Place オブジェクトを含む配列。必須。
origins
タイプ: Array<string|LatLng|LatLngLiteral|Place>
出発地の住所の文字列、LatLngPlace オブジェクトを含む配列。距離や時間の計算に使用されます。必須。
travelMode
タイプ: TravelMode
リクエストされたルーティングのタイプ。必須。
avoidFerries optional
タイプ: boolean optional
true の場合、可能な限りフェリーを回避するよう、距離行列サービスに指示します。省略可。
avoidHighways optional
タイプ: boolean optional
true の場合、できる限り高速道路を避けるよう、距離行列サービスに指示します。省略可。
avoidTolls optional
タイプ: boolean optional
true: 可能な場合は、距離行列サービスを使用して有料道路を避けます。省略可。
drivingOptions optional
タイプ: DrivingOptions optional
travelModeDRIVING であるリクエストにのみ適用される設定。このオブジェクトは、他の移動手段には影響しません。
language optional
タイプ: string optional
結果を結果で返す言語の言語識別子(可能な場合)。サポートされている言語の一覧をご覧ください。
region optional
タイプ: string optional
ジオコーディング リクエストのバイアスとして使われる地域コード。地域コードは 2 文字の ccTLD(「トップレベル ドメイン」)を受け入れます。ほとんどの ccTLD コードは ISO 3166-1 コードと同一ですが、いくつか注意が必要な例外もあります。たとえば、イギリスの ccTLD は「uk」(.co.uk)ですが、ISO 3166-1 コードは「gb」(技術的には「グレート ブリテンおよび北アイルランド連合王国」のエンティティ)です。
transitOptions optional
タイプ: TransitOptions optional
travelMode が交通機関であるリクエストにのみ適用される設定です。このオブジェクトは、他の移動手段には影響しません。
unitSystem optional
タイプ: UnitSystem optional
距離を表示するときに使用する推奨単位系。省略可能で、デフォルトはメートル法です。

DistanceMatrixResponse インターフェース

google.maps.DistanceMatrixResponse インターフェース

DistanceMatrixService リクエストに対するレスポンス。フォーマットされた出発地と目的地の住所、および対応する出発地の住所ごとに 1 つの DistanceMatrixResponseRow のシーケンスで構成されます。

destinationAddresses
タイプ: Array<string>
書式設定した目的地の住所。
originAddresses
タイプ: Array<string>
書式設定した出発地の住所。
rows
出発地の住所に対応する行列の行。

DistanceMatrixResponseRow インターフェース

google.maps.DistanceMatrixResponseRow インターフェース

DistanceMatrixService リクエストへのレスポンスの行。DistanceMatrixResponseElement のシーケンス(対応する宛先アドレスごとに 1 つずつ)で構成されます。

elements
目的地の住所に対応する行の要素。

DistanceMatrixResponseElement インターフェース

google.maps.DistanceMatrixResponseElement インターフェース

DistanceMatrixService リクエストに対するレスポンスの 1 つの要素。1 つの出発地から 1 つの目的地までの所要時間と距離が含まれます。

distance
タイプ: Distance
この出発地と目的地のペアの距離。このプロパティは距離が不明な場合は未定義にできます。
duration
タイプ: Duration
この出発地と目的地のペアの長さ。このプロパティは所要時間が不明な場合は未定義にできます。
duration_in_traffic
タイプ: Duration
trafficModel プロパティで示される交通状況を考慮した、この出発地と目的地のペアの期間。所要時間が不明な場合、このプロパティが undefined になることがあります。プレミアム プランをご利用のお客様に、リクエスト時に drivingOptions が定義されている場合にのみご利用いただけます。
fare
タイプ: TransitFare
この出発地と目的地のペアの合計運賃。交通機関のリクエストにのみ適用されます。
status
この特定の出発地と目的地のペアのステータス。

DistanceMatrixStatus 定数

google.maps.DistanceMatrixStatus 定数

距離行列リクエストの完了時に DistanceMatrixService によって返されるリクエストの一般的な最上位ステータス。値または定数名を使用して指定します。たとえば、'OK'google.maps.DistanceMatrixStatus.OK などです。

v=beta を使用している場合は、const {DistanceMatrixStatus} = await google.map.importLibrary("routes") を呼び出してアクセスできます。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

INVALID_REQUEST 指定されたリクエストが無効です。
MAX_DIMENSIONS_EXCEEDED リクエストに 25 を超える出発地または 25 を超える目的地が含まれています。
MAX_ELEMENTS_EXCEEDED 出発地と目的地のサービスが、クエリごとの制限を超えました。
OK 有効な結果がレスポンスに含まれています。
OVER_QUERY_LIMIT 許可された時間内にリクエストされた要素が多すぎます。しばらく待ってから再度試すと、リクエストが成功します。
REQUEST_DENIED 距離行列サービスの使用がウェブページによって拒否されたことを示します。
UNKNOWN_ERROR サーバーエラーが原因で、距離行列リクエストを処理できませんでした。再度リクエストすると、成功する可能性があります。

DistanceMatrixElementStatus 定数

google.maps.DistanceMatrixElementStatus 定数

距離行列のリクエストが完了すると DistanceMatrixService から返される、特定の出発地と目的地のペアに関する要素レベルのステータス。これらの値は文字列で指定します(例: 'OK')。

v=beta を使用している場合は、const {DistanceMatrixElementStatus} = await google.map.importLibrary("routes") を呼び出してアクセスできます。詳しくは、Maps JavaScript API のライブラリをご覧ください。

NOT_FOUND このペアの出発地または目的地、あるいはその両方がジオコード化できませんでした。
OK 有効な結果がレスポンスに含まれています。
ZERO_RESULTS 出発地点と到着地点間でルートを見つけられませんでした。