Data-driven styling (beta)

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

FeatureLayer インターフェース

google.maps.FeatureLayer インターフェース

特定の FeatureType の対象物を含む地図レイヤを表すインターフェースです。クライアント側でスタイルをオーバーライドしたり、イベントをアタッチしたりできます。

BetafeatureType
タイプ: FeatureType
この FeatureLayer に関連付けられている FeatureType
BetaisAvailable
タイプ: boolean
この FeatureLayer が使用可能かどうか。つまり、この地図でデータドリブン スタイリングを利用できるかどうかを表します(Google Cloud Console の地図スタイルで、この FeatureLayer が有効になっているベクタータイルを使用した地図 ID があります)。false(誤)の場合は、FeatureLayer のスタイルがデフォルトに戻り、イベントがトリガーされません。
Betastyle optional
FeatureLayer 内の Feature のスタイル。スタイルが設定されると、そのスタイルが適用されます。スタイル関数が更新された場合は、スタイル プロパティを再度設定する必要があります。FeatureStyleFunction がマップタイルに適用された場合は、一貫した結果を返す必要があり、パフォーマンスを最適化する必要があります。FeatureStyleOptions を使用すると、そのレイヤのすべての対象物に同じ FeatureStyleOptions でスタイルが設定されます。スタイルを null に設定して、以前に設定したスタイルを削除します。この FeatureLayer が使用できない場合、スタイルを設定しても何も行われず、エラーがログに記録されます。
BetaaddListener
addListener(eventName, handler)
パラメータ:
  • eventName: string 実地イベント。
  • handlerFunction イベントを処理する関数。
戻り値: MapsEventListener 結果のイベント リスナー。
指定されたリスナー関数を指定されたイベント名に追加します。event.removeListener で使用できるこのリスナーの識別子を返します。

FeatureType 定数

google.maps.FeatureType 定数

特徴タイプの識別子。

ADMINISTRATIVE_AREA_LEVEL_1 国レベルの下の 1 次的な行政区画を示します。
ADMINISTRATIVE_AREA_LEVEL_2 国レベルの下の 2 次的な行政区画を示します。
ADMINISTRATIVE_AREA_LEVEL_3 国レベルの下の 3 次的な行政区画を示します。
ADMINISTRATIVE_AREA_LEVEL_4 国レベルの 4 次以下の行政区画を示します。
COUNTRY 国の政治団体を示します。
LOCALITY 組み込みの都市または町の政治団体を示します。
NEIGHBORHOOD 名前のある区域を示します。
POSTAL_CODE 対象の国内で郵便物の宛先として使用される郵便番号を示します。
SUBLOCALITY_LEVEL_1 地域区分下の 1 次的な行政区画を示します。

FeatureStyleFunction typedef

google.maps.FeatureStyleFunctiontypedef

FeatureLayer のスタイルを設定する関数。

function(FeatureStyleFunctionOptions): (FeatureStyleOptions optional)

FeatureStyleFunctionOptions インターフェース

google.maps.FeatureStyleFunctionOptions インターフェース

FeatureStyleFunction に渡されるオプション。

Betafeature
タイプ: Feature
スタイル設定のために FeatureFeatureStyleFunction に渡されました。

FeatureStyleOptions インターフェース

google.maps.FeatureStyleOptions インターフェース

これらのオプションでは、地図上で Feature のスタイルを変更する方法を指定します。

BetafillColor optional
タイプ: string optional
16 進数の RGB 文字列(例: 緑色の場合は &#t0FF00")。ポリゴン ジオメトリにのみ適用されます。
BetafillOpacity optional
タイプ: number optional
塗りつぶしの不透明度(0.0 ~ 1.0 で指定)。ポリゴン ジオメトリにのみ適用されます。
BetastrokeColor optional
タイプ: string optional
16 進数の RGB 文字列(例: 緑色の場合は &#t0FF00")。
BetastrokeOpacity optional
タイプ: number optional
ストロークの不透明度(0.0 ~ 1.0 で指定)。ライン ジオメトリとポリゴン ジオメトリにのみ適用されます。
BetastrokeWeight optional
タイプ: number optional
ピクセル単位のストローク幅。ライン ジオメトリとポリゴン ジオメトリにのみ適用されます。

Feature インターフェース

google.maps.Feature インターフェース

ベクター地図タイルの対象物を表すインターフェース。これらは FeatureStyleFunction への入力です。特定の Feature オブジェクトへの参照は不安定なため、参照を保存しないでください。

BetafeatureType
タイプ: FeatureType
このFeatureFeatureType

PlaceFeature インターフェース

google.maps.PlaceFeature インターフェース

FeatureType.ADMINISTRATIVE_AREA_LEVEL_1FeatureType.ADMINISTRATIVE_AREA_LEVEL_2FeatureType.ADMINISTRATIVE_AREA_LEVEL_3FeatureType.ADMINISTRATIVE_AREA_LEVEL_4FeatureType.COUNTRYFeatureType.LOCALITYFeatureType.NEIGHBORHOODFeatureType.POSTAL_CODEFeatureType.SUBLOCALITY_LEVEL_1 タイプの対象物を含む場所 ID を含む対象物を表すインターフェース。

このインターフェースは Feature を拡張します。

BetadisplayName
タイプ: string
表示名。
BetaplaceId
タイプ: string
継承: BetafeatureType

FeatureMouseEvent インターフェース

google.maps.FeatureMouseEvent インターフェース

このオブジェクトは、FeatureLayer のマウスイベントから返されます。

このインターフェースは MapMouseEvent を拡張します。

Betafeatures
タイプ: Array<Feature>
このマウスイベントでの Feature
継承: domEventlatLng
継承: stop