以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps Android API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps Android API をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

サンプルコード

GitHub の Google マップ リポジトリには、Android アプリでの Google Maps Android API の使用方法を説明するいくつかのサンプルがあります。 また、デベロッパー ガイドでも、各ページにコード スニペットを掲載しています。

GitHub のサンプル マップ アクティビティ

GitHub の ApiDemos リポジトリにあるサンプルアプリには、API の一般的な使用方法を示すいくつかのアクティビティが含まれています。 アプリをインポートしてビルドし、デモを表示して、提供されているサンプルコードをアプリの開始点として使用することができます。

サンプルアプリを実行すると、自分の端末で実行できるデモのリストが表示されます。 オプションの 1 つを選択します。 たとえば、[Basic Map] をクリックします。

トラブルシューティング: サンプルアプリが正常に実行されたのにマップが表示されない場合は、サインアップ ガイドで説明されているように、アプリのマニフェスト ファイルに API キーが追加されていることを確認してください。

Android Wear でのマップのサンプルアプリ

サンプルアプリは GitHub で入手でき、ウェアラブル アプリをビルドする際の開始点として使用できます。 サンプルでは、Android Wear での基本的な Google マップのセットアップ方法を説明しています。

デベロッパー ガイドのコード スニペット

デベロッパー ガイドの各ページにあるコード スニペットで、API 固有の機能の使い方を確認できます。 たとえば、このガイドのマップ オブジェクト、[マーカー]、[図形] などのページをご確認ください。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。