Google Cloud Search スタートガイドのチュートリアル

このチュートリアルでは、シンプルな Cloud Search ソリューションをデプロイして、インデックス登録するデータのリポジトリとして GitHub を使用する方法について説明します。具体的には、このチュートリアルは 2 つのサンプル アプリケーションで構成されています。

  • Cloud Search Connector SDK で作成されるコンテンツ コネクタ。GitHub リポジトリにあるデータのインデックス登録に使用されます。インデックス登録されたデータには、問題、pull リクエスト、デフォルト ブランチ(master)のヘッド コンテンツが含まれます。
  • 検索ウィジェットを使用してカスタマイズされた検索インターフェースを提供するウェブアプリ。

前提条件

このチュートリアルでは、次の前提条件を満たす必要があります。

  • Cloud Search for サードパーティ データのインデックス登録が有効になっている Google Workspace ドメインまたは Cloud Identity ドメインへの管理者アクセス。管理コントロール パネルで設定を表示できない場合は、ドメイン管理者に問い合わせるか、Cloud Search に登録してください。
  • GitHub ユーザー アカウント。
  • Java と JavaScript に精通していること。
  • Java 8 以降。
  • Maven
  • Node.js 8.11 以降。

チュートリアル プロジェクトを作成する

まず、Google Cloud Platform プロジェクトを作成する必要があります。このプロジェクトは、API の管理、請求の有効化、共同編集者の追加と削除、権限の管理など、すべての Google Cloud Platform(GCP)サービスの作成、有効化、使用の基礎となります。

  1. Google Cloud コンソールを開きます。

  2. ページ上部にある [Google Cloud コンソール] の右側にある をクリックします。現在のプロジェクトをリストしたダイアログが表示されます。

  3. [新しいプロジェクト] をクリックします。[新しいプロジェクト] 画面が表示されます。

  4. [プロジェクト名] フィールドに、「Searchtutorial」などのプロジェクト名を入力します。

  5. (省略可)[編集] をクリックして、プロジェクト ID を編集します。プロジェクトの作成後にプロジェクト ID を変更することはできません。プロジェクトの存続期間に必要な ID を選択してください。

  6. プロジェクトのロケーションを参照するには、[参照] をクリックします。

  7. プロジェクトの場所をクリックし、[選択] をクリックします。

  8. [作成] をクリックします。コンソールが [ダッシュボード] ページに移動します。プロジェクトは数分で作成されます。

プロジェクトの作成と管理の詳細については、プロジェクトの作成と管理をご覧ください。

API を有効にする

認証情報を取得するには、Google Cloud Search API を有効にし、サービス アカウントを作成する必要があります。

  1. 左側のナビゲーションで、[API とサービス] をクリックします。
  2. 新しく作成したプロジェクトにいることを確認するには、Google Cloud コンソール バナーの右側にある アイコンをクリックし、新しく作成したプロジェクトを選択します。
  3. [API とサービスの有効化] をクリックします。[Welcome to API Library] ページが表示されます。
  4. 検索フィールドに「Cloud Search API」と入力して、return キーを押します。API のリストが返されます。
  5. Cloud Search API をクリックします。Cloud Search API のページが表示されます。
  6. [有効にする] をクリックします。[概要] ページが表示されます。

API の有効化と無効化の詳細については、Google Cloud コンソールで API を管理するをご覧ください。

チュートリアル リポジトリのクローンを作成する

サンプル リポジトリのクローンを作成するには、次のコマンドを実行します。

git clone https://github.com/googleworkspace/cloud-search-samples.git

次へ