コネクタの概要

デフォルトでは、Google Cloud Search は Google Workspace のすべてのデータをインデックスに登録します。 また、コネクタと呼ばれる独自のカスタム プログラムを作成して、サードパーティのリポジトリに保存されているデータをインデックスに登録することもできます。コネクタは、個別のプログラム、独自のプロセスで実行されるスクリプト、またはリポジトリへのアドオンのいずれでも構いません。

コネクタには、コンテンツ コネクタと ID コネクタの 2 種類があります。コンテンツ コネクタは、Google Cloud Search がそのデータを効果的に検索できるように、リポジトリ全体にわたってデータのインデックスを作成するために使用されます。

ID コネクタは、企業の ID とグループ名簿を Google Cloud Search で使用される Google アカウントとグループにマッピングするために使用されます。これらのマッピングにより、インデックス作成中の ACL および検索品質のヒントの設定が容易になります。

次のステップ

必要に応じて次の手順を行います。