gtag.js を使用して、アプリ + ウェブ プロパティの Google アナリティクス タグをサイトに追加する

この記事では、gtag.js を使ってアプリ + ウェブ プロパティのウェブページを設定する方法について説明します。アプリ + ウェブ プロパティの詳細

グローバル サイトタグ(gtag.js)とは、Google の測定サービスにイベントデータを送信する、JavaScript のタグ設定フレームワークおよび API です。Google アナリティクスが提供するデフォルトのタグは gtag.js をベースとしており、Google アナリティクスから直接取得できます。Google アナリティクスは、タグ マネージャーを使用して導入することもできます。この記事では、新たにアナリティクス タグを導入する方法、また追加のアナリティクス プロパティを既存の gtag.js に統合する方法について説明します。

新しいタグを設定する

既存のグローバル サイトタグが存在しない場合に Google アナリティクスを導入するには、次のプロトタイプを使用します。MEASUREMENT_ID は、データの送信先にする Google アナリティクス プロパティの ID に置き換えます。このコードは、<head> 開始タグの直後に追加します。各ページに必要なグローバル スニペットは 1 つだけです。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=MEASUREMENT_ID"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'MEASUREMENT_ID');
</script>

このコードは、gtag.js ライブラリを読み込み、デフォルトの Google アナリティクス測定 ID を設定して、自動的に page_view イベントを Google アナリティクスに送信します。

既存のタグに Google アナリティクス プロパティを追加する

Google アナリティクス プロパティをもうひとつ設定する場合は、次のように config コマンドを追加します。上記の例を基にして、新しい config エントリを追加し、MEASUREMENT_ID_2 を 2 番目の Google アナリティクス アカウントの ID に置き換えます。

<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=MEASUREMENT_ID">
</script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'MEASUREMENT_ID');
  gtag('config', 'MEASUREMENT_ID_2');
</script>

Google アナリティクスを Google 広告、Floodlight などの他のサービス用に設置されたグローバル サイトタグに追加することもできます。詳細