始める

このガイドは、Unity アプリの収益化を検討しているパブリッシャー様を対象としています。

AdMob 広告を表示して収益を得るための最初のステップは、Google Mobile Ads Unity プラグインをアプリに統合することです。統合が完了したら、ネイティブ広告やリワード広告などの広告フォーマットを選択して、詳しい実装手順を確認できます。

前提条件

  • Unity 2019.4 以降を使用している
  • iOS にデプロイするには:
    • Xcode 15.1 以降
    • iOS 12.0 以降をターゲットとする
    • CocoaPods
  • Android にデプロイするには
    • Android API レベルが 21 以上であること
    • Android API レベル 31 以降をターゲットとする

Mobile Ads Unity プラグインをダウンロードする

Google Mobile Ads Unity プラグインを使用すると、Unity デベロッパーは Java や Objective-C のコードを記述することなく、Android アプリや iOS アプリで Google モバイル広告を配信できます。このプラグインは、Unity プロジェクトの C# スクリプトで使用される広告をリクエストするための C# インターフェースを提供します。

プラグインの Unity パッケージをダウンロードするか、GitHub でコードを確認するには、次のリンクをご利用ください。

プラグインをダウンロード ソースを表示

Mobile Ads Unity プラグインをインポートする

Unity 向け Google Mobile Ads は Unity アセット パッケージで配信されています。パッケージをインポートするには、Unity エディタでプロジェクトを開き、[Assets] > [Import Package] > [Custom Package] を選択し、ダウンロードした GoogleMobileAdsPlugin.unitypackage ファイルを見つけます。すべてのファイルが選択されていることを確認して、[Import] をクリックします。

外部依存関係を含める

Google Mobile Ads Unity プラグインは、Unity Play Services Resolver ライブラリと一緒に配布されています。このライブラリは、AAR や iOS CocoaPods などの Android 固有のライブラリにアクセスする必要がある Unity プラグインで使用するためのものです。Unity プラグインで依存関係を宣言すると、その依存関係が自動的に解決されて Unity プロジェクトにコピーされます。

プロジェクトにすべての依存関係が含まれていることを確認する手順は次のとおりです。

Android

[Project Settings] > [Player] > [Android] > [Publishing Settings] > [Build] に移動し、次のいずれかを選択します。

  • カスタム Main Gradle テンプレート
  • カスタム Gradle プロパティ テンプレート

Unity エディタで [Assets] > [External Dependency Manager] > [Android Resolver] > [Resolve] を選択し、Unity External Dependency Manager ライブラリが宣言された依存関係を Unity アプリの Assets/Plugins/Android ディレクトリにコピーします。

iOS

Google Mobile Ads SDK を Unity プロジェクトに組み込むために追加の手順は必要ありません。

  • Unity 5.6 以降を使用すると、必要な依存関係ライブラリを含む xcworkspace が生成されます。標準の Xcode プロジェクトではなく、生成された xcworkspace を使用します。
  • 以前のバージョンの Unity を使用している場合、依存関係は標準の Xcode プロジェクトに含まれています。

アプリ ID を AdMob 設定する

Unity エディタで、メニューから [Assets](アセット)> [Google Mobile Ads](Google モバイル広告)> [Settings](設定)を選択します。

各フィールドに Android と iOS を入力します AdMob アプリ ID

SDK を初期化する

広告を読み込む前に、MobileAds.Initialize() を呼び出して、アプリで Google Mobile Ads SDK を初期化します。この処理は 1 回だけ行います(アプリの起動時に行うのが理想的です)。

GameObject にアタッチされたスクリプトの Start() メソッド内で Initialize() を呼び出す方法の例を次に示します。

...
using GoogleMobileAds.Api;
...
public class GoogleMobileAdsDemoScript : MonoBehaviour
{
    public void Start()
    {
        // Initialize the Google Mobile Ads SDK.
        MobileAds.Initialize(initStatus => { });
    }
}

メディエーションを使用している場合は、コールバックが発生するまで待ってから広告を読み込むと、すべてのメディエーション アダプタが初期化されます。

広告フォーマットを選択

Android または iOS プラットフォームにデプロイする際に、Unity アプリに Google Mobile Ads SDK が含まれるようになりました。これで、広告を実装する準備が整いました。AdMob にはさまざまな広告フォーマットが用意されており、最適なユーザー エクスペリエンスに最適なものを選択できます。

バナー広告ユニットは、アプリのレイアウトの一部を占有する長方形の広告を表示します。設定した期間後に自動的に更新されます。つまり、ユーザーはアプリの同じ画面にとどまっている場合でも、新しい広告が定期的に表示されます。また、最も簡単に実装できる広告フォーマットでもあります。

バナー広告を実装する

インタースティシャル

インタースティシャル広告ユニットは、アプリ内に全画面広告を表示します。ゲームアプリでレベルクリアした後など、アプリのインターフェースの自然な中断や移行のタイミングで広告を表示します。

インタースティシャル広告を実装する

ネイティブ

ネイティブ広告は、広告見出しや行動を促すフレーズなどのアセットをアプリに表示する方法をカスタマイズできる広告です。広告のスタイルを自分で設定することで、自然で邪魔にならない広告を表示して、ユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。

ネイティブ広告を実装する

特典

リワード広告ユニットを使用すると、ユーザーはゲームをプレイしたり、アンケートに回答したり、動画を視聴したりして、コイン、追加ライフ、ポイントなどのアプリ内報酬を獲得できます。広告ユニットごとに異なる報酬を設定し、報酬の値やユーザーが受け取るアイテムを指定できます。

リワード広告を実装する

リワード インタースティシャル

リワード インタースティシャルは、新しいタイプのインセンティブ広告フォーマットで、アプリの画面が切り替わる自然なタイミングで自動的に表示される広告に対して、コインや追加ライフなどの報酬を提供できます。

リワード広告とは異なり、ユーザーはリワード インタースティシャルを表示するためにオプトインする必要はありません。

リワード インタースティシャル広告では、リワード広告のオプトイン メッセージの代わりに、報酬について知らせ、ユーザーがオプトアウトする機会を提供するイントロ画面が必要です。

リワード インタースティシャル広告を実装する

アプリの起動

アプリ起動時広告は、ユーザーがアプリを開いたとき、またはアプリに戻ったときに表示される広告フォーマットで、読み込み画面に重なって表示されます。

アプリ起動時広告を実装する