REST Resource: orgunits

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

リソース: 組織部門

アカウントの組織部門を管理すると、サービスやカスタム設定にアクセスできるようユーザーを設定できます。一般的な組織部門のタスクについて詳しくは、デベロッパー ガイドをご覧ください。顧客の組織部門の階層の深さは、35 レベルに制限されています。

JSON 表現
{
  "kind": string,
  "name": string,
  "description": string,
  "etag": string,
  "blockInheritance": boolean,
  "orgUnitId": string,
  "orgUnitPath": string,
  "parentOrgUnitId": string,
  "parentOrgUnitPath": string
}
フィールド
kind

string

API リソースのタイプ。組織部門のリソースの場合、値は admin#directory#orgUnit です。

name

string

組織部門のパス名。たとえば、/corp/support/sales_support 親パス内の組織部門の名前は sales_support です。必須。

description

string

組織部門の説明。

etag

string

リソースの ETag。

blockInheritance

boolean

下位組織部門が親組織の設定を継承できるかどうかを指定できます。デフォルト値は false です。この場合、下位組織部門は最も近い親組織部門の設定を継承します。組織構造における継承とユーザーについて詳しくは、管理者向けヘルプセンターをご覧ください。

orgUnitId

string

組織部門の一意の ID。

orgUnitPath

string

組織部門のフルパス。orgUnitPath は派生プロパティです。表示された場合は、parentOrgunitPath と組織部門の name から取得されます。たとえば、'apps' という組織部門の場合、親組織 '/engineering'の orgUnitPath は '/engineering/apps'です。orgUnitPath を編集するには、組織名または parentOrgunitPath を更新してください。
ユーザーがアクセスできる Google Workspace サービスは、ユーザーの組織部門によって決定されます。ユーザーが新しい組織に移動すると、ユーザーのアクセス権が変更されます。組織構造について詳しくは、管理者向けヘルプセンターをご覧ください。ユーザーを別の組織に移動する方法について詳しくは、chromeosdevices.update a user をご覧ください。

parentOrgUnitId

string

親組織部門の一意の ID。parentOrgUnitPath が設定されていない場合、必須。

parentOrgUnitPath

string

組織部門の親パス。たとえば、/corp/sales は /corp/sales/sales_support 組織部門の親パスです。parentOrgUnitId が設定されていない場合、必須。

Methods

delete

組織部門を削除します。

get

組織部門を取得します。

insert

組織部門を追加します。

list

アカウントのすべての組織部門のリストを取得します。

patch

組織部門を更新します。

update

組織部門を更新します。