REST Resource: spaces.messages

リソース: Message

Google Chat スペース内のメッセージ。

JSON 表現
{
  "name": string,
  "sender": {
    object (User)
  },
  "createTime": string,
  "lastUpdateTime": string,
  "deleteTime": string,
  "text": string,
  "formattedText": string,
  "cards": [
    {
      object (Card)
    }
  ],
  "cardsV2": [
    {
      object (CardWithId)
    }
  ],
  "annotations": [
    {
      object (Annotation)
    }
  ],
  "thread": {
    object (Thread)
  },
  "space": {
    object (Space)
  },
  "fallbackText": string,
  "actionResponse": {
    object (ActionResponse)
  },
  "argumentText": string,
  "slashCommand": {
    object (SlashCommand)
  },
  "attachment": [
    {
      object (Attachment)
    }
  ],
  "matchedUrl": {
    object (MatchedUrl)
  },
  "threadReply": boolean,
  "clientAssignedMessageId": string,
  "emojiReactionSummaries": [
    {
      object (EmojiReactionSummary)
    }
  ],
  "privateMessageViewer": {
    object (User)
  },
  "deletionMetadata": {
    object (DeletionMetadata)
  },
  "quotedMessageMetadata": {
    object (QuotedMessageMetadata)
  },
  "attachedGifs": [
    {
      object (AttachedGif)
    }
  ],
  "accessoryWidgets": [
    {
      object (AccessoryWidget)
    }
  ]
}
フィールド
name

string

メッセージのリソース名。

形式: spaces/{space}/messages/{message}

ここで、{space} はメッセージが投稿されたスペースの ID、{message} はシステムによって割り当てられたメッセージ ID です。例: spaces/AAAAAAAAAAA/messages/BBBBBBBBBBB.BBBBBBBBBBB

メッセージの作成時にカスタム ID を設定した場合、この ID をリクエストでメッセージを指定するには、{message}clientAssignedMessageId フィールドの値に置き換えます。例: spaces/AAAAAAAAAAA/messages/client-custom-name。詳しくは、メッセージに名前を付けるをご覧ください。

sender

object (User)

出力のみ。メッセージを作成したユーザー。Chat アプリがユーザーとして認証されると、出力にはユーザーnametype が入力されます。

createTime

string (Timestamp format)

省略可。変更不可。Chat で作成されたスペースの場合は、メッセージが作成された時刻。このフィールドは、インポート モードのスペースで使用されている場合を除き、出力のみとなります。

インポート モードのスペースの場合、元の作成時刻を保持するために、このフィールドに、ソースでメッセージが作成された時点の過去のタイムスタンプを設定します。

lastUpdateTime

string (Timestamp format)

出力のみ。ユーザーによってメッセージが最後に編集された時刻。メッセージが一度も編集されていない場合、このフィールドは空になります。

deleteTime

string (Timestamp format)

出力のみ。Google Chat でメッセージが削除された時刻。メッセージが削除されない場合、このフィールドは空になります。

text

string

書式なしテキストの本文。画像、動画、ウェブページへの最初のリンクでは、プレビュー チップが生成されます。Google Chat ユーザーまたはスペース内の全員に名前リンクを付けることもできます。

テキスト メッセージの作成方法については、テキスト メッセージを送信するをご覧ください。

formattedText

string

出力のみ。形式を伝えるためにマークアップが追加された text というメッセージが含まれます。このフィールドは、UI に表示されるすべての書式設定をキャプチャできるわけではありませんが、次のものが含まれます。

  • 太字、斜体、取り消し線、等幅、等幅のブロック、箇条書きのマークアップ構文

  • ユーザーのメンションは、<users/{user}> の形式で指定します。

  • <{url}|{rendered_text}> 形式のカスタム ハイパーリンク。1 つ目の文字列は URL、2 つ目の文字列はレンダリングされたテキストです(例: <http://example.com|custom text>)。

  • :{emoji_name}: 形式のカスタム絵文字(例: :smile:)。これは、笑顔の絵文字の U+1F600 など、Unicode 絵文字には適用されません。

詳しくは、メッセージで送信されたテキスト形式を表示するをご覧ください。

cards[]
(deprecated)

object (Card)

非推奨: 代わりに cardsV2 を使用してください。

UI 要素(書式設定されたテキスト、ボタン、クリック可能な画像など)の表示に使用できる、リッチで書式設定されたインタラクティブなカード。カードは通常、書式なしテキストの本文の下に表示されます。cardscardsV2 の最大サイズは 32 KB です。

cardsV2[]

object (CardWithId)

cards の配列。

カードを作成できるのは Chat アプリのみです。Chat アプリがユーザーとして認証されている場合、メッセージにカードを含めることはできません。

カードとその作成方法については、カードを使用して動的でインタラクティブで一貫性のある UI を設計するをご覧ください。

カードビルダーでカードをデザインしてプレビューする。

カードビルダーを開く

annotations[]

object (Annotation)

出力のみ。このメッセージの text に関連付けられているアノテーション。

thread

object (Thread)

メッセージが属するスレッド。使用例については、メッセージ スレッドを開始または返信するをご覧ください。

space

object (Space)

Chat アプリがユーザーとして認証されると、出力がスペース name に表示されます。

fallbackText

string

メッセージ カードの説明。書式なしテキストで表します。モバイル通知など、実際のカードを表示できない場合に使用します。

actionResponse

object (ActionResponse)

入力のみ。Chat アプリがレスポンスの送信方法を構成するために使用できるパラメータ。

argumentText

string

出力のみ。Chat アプリのすべてのメンションが取り除かれたメッセージの書式なしテキスト本文。

slashCommand

object (SlashCommand)

出力のみ。スラッシュ コマンドの情報(該当する場合)。

attachment[]

object (Attachment)

ユーザーがアップロードした添付ファイル。

matchedUrl

object (MatchedUrl)

出力のみ。リンク プレビュー パターンに一致する spaces.messages.text の URL。詳細については、プレビュー リンクをご覧ください。

threadReply

boolean

出力のみ。true の場合、メッセージは返信スレッド内のレスポンスです。false の場合、そのメッセージは、スレッドの最初のメッセージか、スレッド返信がないメッセージのいずれかとして、スペースの最上位の会話に表示されます。

スペースがスレッドでの返信をサポートしていない場合、このフィールドは常に false になります。

clientAssignedMessageId

string

省略可。メッセージのカスタム ID。field を使用してメッセージの識別や、メッセージの取得、削除、更新を行うことができます。カスタム ID を設定するには、メッセージの作成時に messageId フィールドを指定します。詳しくは、メッセージに名前を付けるをご覧ください。

emojiReactionSummaries[]

object (EmojiReactionSummary)

出力のみ。メッセージ上の絵文字のリアクションの概要のリスト。

privateMessageViewer

object (User)

変更不可。メッセージを作成するための入力。それ以外の場合は出力のみ。メッセージを閲覧できるユーザー。設定すると、メッセージは非公開になり、指定したユーザーと Chat アプリにのみ表示されます。プライベート メッセージではリンクのプレビューと添付ファイルはサポートされていません。

プライベート メッセージを送信できるのは Chat アプリのみです。Chat アプリがユーザーとして認証されてメッセージを送信する場合、メッセージを非公開にすることはできません。したがって、このフィールドを省略する必要があります。

詳しくは、Google Chat ユーザーにプライベート メッセージを送信するをご覧ください。

deletionMetadata

object (DeletionMetadata)

出力のみ。削除されたメッセージに関する情報。deleteTime を設定すると、メッセージは削除されます。

quotedMessageMetadata

object (QuotedMessageMetadata)

出力のみ。スペースで Google Chat ユーザーが引用したメッセージに関する情報。Google Chat のユーザーは、メッセージを引用して返信できます。

attachedGifs[]

object (AttachedGif)

出力のみ。メッセージに添付された GIF 画像。

accessoryWidgets[]

object (AccessoryWidget)

メッセージの下部に表示される 1 つ以上のインタラクティブなウィジェット。テキスト、カード、またはテキストとカードの両方を含むメッセージにアクセサリ ウィジェットを追加できます。ダイアログを含むメッセージではサポートされていません。

アクセサリ ウィジェットでメッセージを作成するには、アプリの認証が必要です。

次の例は、テキスト メッセージでアクセサリ ウィジェット(高評価 / 低評価ボタン)を使用する Chat アプリを示しています。

アクセサリ ウィジェットのメッセージの例

この例のメッセージの JSON は次のとおりです。

{
  "text": "Rate your experience with this Chat app.",
  "accessoryWidgets": [
    {
      "buttonList": {
        "buttons": [
          {
            "icon": {
              "materialIcon": {
                "name": "thumb_up"
              }
            },
            "color": {
              "red": 0,
              "blue": 255,
              "green": 0
            },
            "onClick": {
              "action": {
                "function": "doUpvote",
              }
            }
          },
          {
            "icon": {
              "materialIcon": {
                "name": "thumb_down"
              }
            },
            "color": {
              "red": 0,
              "blue": 255,
              "green": 0
            },
            "onClick": {
              "action": {
                "function": "doDownvote",
              }
            }
          }
        ]
      }
    }
  ]
}

CardWithId

Google Chat メッセージ内のカード

カードを作成できるのは Chat アプリのみです。Chat アプリがユーザーとして認証されている場合、メッセージにカードを含めることはできません。

カードビルダーでカードをデザインしてプレビューする。

カードビルダーを開く

JSON 表現
{
  "cardId": string,
  "card": {
    object (Card)
  }
}
フィールド
cardId

string

メッセージに複数のカードが含まれている場合は必須。メッセージ内のカードの一意の識別子。

card

object (Card)

カード。最大サイズは 32 KB です。

Annotation

出力のみ。書式なしテキストの本文に関連付けられたアノテーション。テキスト メッセージに基本的な書式設定を追加するには、テキスト メッセージの書式設定をご覧ください。

書式なしテキストのメッセージ本文の例:

Hello @FooBot how are you!"

対応するアノテーション メタデータ:

"annotations":[{
  "type":"USER_MENTION",
  "startIndex":6,
  "length":7,
  "userMention": {
    "user": {
      "name":"users/{user}",
      "displayName":"FooBot",
      "avatarUrl":"https://goo.gl/aeDtrS",
      "type":"BOT"
    },
    "type":"MENTION"
   }
}]
JSON 表現
{
  "type": enum (AnnotationType),
  "length": integer,
  "startIndex": integer,

  // Union field metadata can be only one of the following:
  "userMention": {
    object (UserMentionMetadata)
  },
  "slashCommand": {
    object (SlashCommandMetadata)
  }
  // End of list of possible types for union field metadata.
}
フィールド
type

enum (AnnotationType)

このアノテーションの型。

length

integer

このアノテーションが対応する書式なしテキスト メッセージ本文の部分文字列の長さ。

startIndex

integer

このアノテーションが対応する書式なしテキスト メッセージ本文の開始インデックス(0 ベース、両端を含む)。

共用体フィールド metadata。アノテーションに関する追加のメタデータ。metadata は次のいずれかになります。
userMention

object (UserMentionMetadata)

ユーザー メンションのメタデータ。

slashCommand

object (SlashCommandMetadata)

スラッシュ コマンドのメタデータ。

AnnotationType

アノテーションの型。

列挙型
ANNOTATION_TYPE_UNSPECIFIED 列挙型のデフォルト値。使用しないでください。
USER_MENTION あるユーザーが言及されている。
SLASH_COMMAND スラッシュ コマンドが呼び出されます。

UserMentionMetadata

名前リンク付き投稿(@)のアノテーション メタデータ。

JSON 表現
{
  "user": {
    object (User)
  },
  "type": enum (Type)
}
フィールド
user

object (User)

ユーザーがメンションした。

type

enum (Type)

ユーザーのメンションのタイプ。

タイプ

列挙型
TYPE_UNSPECIFIED 列挙型のデフォルト値。使用しないでください。
ADD ユーザーをスペースに追加します。
MENTION スペース内のユーザーに名前リンクを付けます。

SlashCommandMetadata

スラッシュ コマンド(/)のアノテーション メタデータ。

JSON 表現
{
  "bot": {
    object (User)
  },
  "type": enum (Type),
  "commandName": string,
  "commandId": string,
  "triggersDialog": boolean
}
フィールド
bot

object (User)

コマンドが呼び出された Chat アプリ。

type

enum (Type)

スラッシュ コマンドのタイプ。

commandName

string

呼び出されたスラッシュ コマンドの名前。

commandId

string (int64 format)

呼び出されたスラッシュ コマンドのコマンド ID。

triggersDialog

boolean

スラッシュ コマンドがダイアログ用かどうかを示します。

タイプ

列挙型
TYPE_UNSPECIFIED 列挙型のデフォルト値。使用しないでください。
ADD Chat アプリをスペースに追加します。
INVOKE スペースでスラッシュ コマンドを呼び出す

スレッド

Google Chat スペース内のスレッド。使用例については、メッセージ スレッドを開始または返信するをご覧ください。

メッセージの作成時にスレッドを指定した場合、messageReplyOption フィールドを設定すると、一致するスレッドが見つからない場合の処理を指定できます。

JSON 表現
{
  "name": string,
  "threadKey": string
}
フィールド
name

string

出力のみ。スレッドのリソース名。

例: spaces/{space}/threads/{thread}

threadKey

string

省略可。スレッドを作成または更新するための入力。それ以外の場合は、出力のみ。スレッドの ID。4,000 文字まで使用できます。

この ID は、その ID を設定する Chat アプリに固有のものです。たとえば、複数の Chat アプリが同じスレッドキーを使用してメッセージを作成すると、それらのメッセージは別々のスレッドに投稿されます。ユーザーまたは別の Chat アプリによって作成されたスレッド内で返信するには、代わりにスレッド name フィールドを指定します。

ActionResponse

Chat アプリがレスポンスの送信方法を構成するために使用できるパラメータ。

JSON 表現
{
  "type": enum (ResponseType),
  "url": string,
  "dialogAction": {
    object (DialogAction)
  },
  "updatedWidget": {
    object (UpdatedWidget)
  }
}
フィールド
type

enum (ResponseType)

入力のみ。Chat アプリのレスポンスの種類。

url

string

入力のみ。ユーザーが認証または構成するための URL。(REQUEST_CONFIG レスポンス タイプのみ)。

dialogAction

object (DialogAction)

入力のみ。ダイアログに関連する操作イベントに対するレスポンス。ResponseType.Dialog とともに指定する必要があります。

updatedWidget

object (UpdatedWidget)

入力のみ。更新されたウィジェットのレスポンス。

ResponseType

Chat アプリのレスポンスの種類。

列挙型
TYPE_UNSPECIFIED NEW_MESSAGE として処理されるデフォルトの型。
NEW_MESSAGE トピックに新しいメッセージとして投稿します。
UPDATE_MESSAGE Chat アプリのメッセージを更新します。これは、メッセージの送信者タイプが BOTCARD_CLICKED イベントでのみ許可されます。
UPDATE_USER_MESSAGE_CARDS ユーザーのメッセージのカードを更新する。これは、URL が一致した MESSAGE イベント、またはメッセージ送信者タイプが HUMANCARD_CLICKED イベントに対するレスポンスとしてのみ許可されます。テキストは無視されます。
REQUEST_CONFIG ユーザーに追加の認証または構成を非公開で求めます。
DIALOG ダイアログを表示します。
UPDATE_WIDGET ウィジェット テキストのオートコンプリートのオプションのクエリ。

DialogAction

ダイアログとリクエスト ステータス コードが含まれます。

JSON 表現
{
  "actionStatus": {
    object (ActionStatus)
  },

  // Union field action can be only one of the following:
  "dialog": {
    object (Dialog)
  }
  // End of list of possible types for union field action.
}
フィールド
actionStatus

object (ActionStatus)

入力のみ。ダイアログを起動または送信するリクエストのステータス。必要に応じて、ユーザーにステータスとメッセージを表示します。たとえば、エラーが発生した場合や成功した場合などです。

共用体フィールド action

action は次のいずれかになります。

dialog

object (Dialog)

入力のみ。リクエストのダイアログ

ダイアログ

ダイアログのカード本文を囲むラッパー。

JSON 表現
{
  "body": {
    object (Card)
  }
}
フィールド
body

object (Card)

入力のみ。モーダルに表示されるダイアログの本文。Google Chat アプリは、次のカード エンティティをサポートしていません: DateTimePickerOnChangeAction

ActionStatus

ダイアログを呼び出すか送信するリクエストのステータスを表します。

JSON 表現
{
  "statusCode": enum (Code),
  "userFacingMessage": string
}
フィールド
statusCode

enum (Code)

ステータス コード。

userFacingMessage

string

リクエストのステータスについてユーザーに送信するメッセージ。設定しない場合、statusCode に基づく汎用メッセージが送信されます。

コード

gRPC API の正規のエラーコード。

複数のエラーコードが該当する場合があります。サービスは、該当する最も具体的なエラーコードを返す必要があります。たとえば、両方のコードが該当する場合、FAILED_PRECONDITION より OUT_OF_RANGE を優先します。同様に、FAILED_PRECONDITION より NOT_FOUND または ALREADY_EXISTS を優先します。

列挙型
OK

エラーではありません。成功したときに返されます。

HTTP マッピング: 200 OK

CANCELLED

オペレーションがキャンセルされました。通常、キャンセルは呼び出し元により行われます。

HTTP マッピング: 499 クライアントのクローズ リクエスト

UNKNOWN

不明なエラーが発生しました。たとえば、別のアドレス空間から受信した Status 値がこのアドレス空間で不明なエラー空間に属している場合に、このエラーが返される可能性があります。また、十分なエラー情報を返さない API によって発生したエラーは、このエラーに変換できます。

HTTP マッピング: 500 内部サーバーエラー

INVALID_ARGUMENT

クライアントが無効な引数を指定しました。これは FAILED_PRECONDITION とは異なることに注意してください。INVALID_ARGUMENT は、システムの状態を問わず問題(ファイル名の形式が不適切であるなど)があった引数を示します。

HTTP マッピング: 400 不正なリクエスト

DEADLINE_EXCEEDED

オペレーションが完了する前に期限が切れました。システムの状態を変更するオペレーションの場合、オペレーションが正常に終了しても、このエラーが返されることがあります。たとえば、サーバーからの正常なレスポンスが期限切れになるほど遅延する場合もあります。

HTTP マッピング: 504 ゲートウェイ タイムアウト

NOT_FOUND

一部のリクエストされたエンティティ(ファイルやディレクトリなど)が見つかりませんでした。

サーバー デベロッパーへの注: 段階的な機能のロールアウトや文書化されていない許可リストなど、ユーザークラス全体に対してリクエストが拒否された場合は、NOT_FOUND を使用できます。ユーザーベースのアクセス制御など、あるユーザークラス内の一部のユーザーに対してリクエストが拒否された場合は、PERMISSION_DENIED を使用する必要があります。

HTTP マッピング: 404 見つかりません

ALREADY_EXISTS

クライアントが作成しようとしたエンティティ(ファイルまたはディレクトリなど)はすでに存在しています。

HTTP マッピング: 409 競合

PERMISSION_DENIED

呼び出し元には、指定されたオペレーションを実行する権限がありません。PERMISSION_DENIED は一部のリソースが枯渇し拒否されたため使用できません(このようなエラーには代わりに RESOURCE_EXHAUSTED を使用します)。呼び出し元が特定できない場合は、PERMISSION_DENIED を使用しないでください(このようなエラーには代わりに UNAUTHENTICATED を使用します)。このエラーコードは、リクエストが有効であること、リクエストされたエンティティが存在すること、および他の事前条件が満たされていることを意味するものではありません。

HTTP マッピング: 403 禁止です

UNAUTHENTICATED

リクエストにはオペレーションに有効な認証情報がありません。

HTTP マッピング: 401 権限なし

RESOURCE_EXHAUSTED

ユーザーごとの割り当て、またはファイル システム全体で容量が不足しているため、一部のリソースが枯渇しています。

HTTP マッピング: 429 リクエストが多すぎます

FAILED_PRECONDITION

システムがオペレーションの実行に必要な状態ではないため、オペレーションが拒否されました。たとえば、削除されるディレクトリが空でない、rmdir オペレーションがディレクトリ以外に適用されているなどの状態です。

サービスの実装者は、次のガイドラインを使用して、FAILED_PRECONDITIONABORTEDUNAVAILABLE のいずれかに決定できます。(a)クライアントが失敗した呼び出しのみを再試行できる場合は、UNAVAILABLE を使用します。(b)クライアントがより高いレベルで再試行する必要がある場合は、ABORTED を使用する。たとえば、クライアント指定の test-and-set が失敗した場合に、クライアントが読み取り - 変更 - 書き込みのシーケンスを再開する必要があることを示します。(c)システムの状態が明示的に修正されるまでクライアントが再試行すべきでない場合は、FAILED_PRECONDITION を使用します。たとえば、ディレクトリが空でないために「rmdir」が失敗した場合は、ファイルがディレクトリから削除されない限り、クライアントは再試行しないため、FAILED_PRECONDITION を返します。

HTTP マッピング: 400 不正なリクエスト

ABORTED

オペレーションは、通常、シーケンサー チェックの失敗、またはトランザクションの中止などの同時実行の問題のために中止されています。

FAILED_PRECONDITIONABORTEDUNAVAILABLE の決定については、上記のガイドラインをご覧ください。

HTTP マッピング: 409 競合

OUT_OF_RANGE

オペレーションが有効な範囲を超えて試行されました。たとえば、ファイルの終わりを超えたシークまたは読み取りなどが該当します。

INVALID_ARGUMENT とは異なり、このエラーは、システムの状態が変化すれば修正できる可能性のある問題を示しています。たとえば、32 ビット ファイルシステムは [0,2^32-1] の範囲にないオフセットでの読み取りを要求されると、INVALID_ARGUMENT を生成しますが、現在のファイルサイズを超えるオフセットからの読み取りを要求されると、OUT_OF_RANGE を生成します。

FAILED_PRECONDITIONOUT_OF_RANGE はかなりの部分で重複しています。スペースの反復処理を行う呼び出し元が、完了時に OUT_OF_RANGE エラーを簡単に探せるようにするため、適用される場合は OUT_OF_RANGE(より具体的なエラー)を使用することをおすすめします。

HTTP マッピング: 400 不正なリクエスト

UNIMPLEMENTED

オペレーションが実装されていないか、このサービスでサポートまたは有効にされていません。

HTTP マッピング: 501 実装されていません

INTERNAL

内部エラー。これは、基盤となるシステムで予期される一部の不変条件が満たされていないことを意味します。このエラーコードは深刻なエラーのために予約されています。

HTTP マッピング: 500 内部サーバーエラー

UNAVAILABLE

サービスは現在使用できません。これは、バックオフで再試行することで解決できる可能性が高い一時的な状態です。非べき等オペレーションの再試行が常に安全であるとは限りません。

FAILED_PRECONDITIONABORTEDUNAVAILABLE の決定については、上記のガイドラインをご覧ください。

HTTP マッピング: 503 サービスを利用できません

DATA_LOSS

回復不能なデータの消失や破損。

HTTP マッピング: 500 内部サーバーエラー

UpdatedWidget

更新されたウィジェットのレスポンス。ウィジェットのオートコンプリート オプションを提供するために使用します。

JSON 表現
{
  "widget": string,

  // Union field updated_widget can be only one of the following:
  "suggestions": {
    object (SelectionItems)
  }
  // End of list of possible types for union field updated_widget.
}
フィールド
widget

string

更新されたウィジェットの ID。ID は、更新リクエストをトリガーしたウィジェットの ID と一致する必要があります。

共用体フィールド updated_widget

updated_widget は次のいずれかになります。

suggestions

object (SelectionItems)

ウィジェットのオートコンプリートの結果のリスト

SelectionItems

ウィジェットのオートコンプリートの結果のリスト。

JSON 表現
{
  "items": [
    {
      object (SelectionItem)
    }
  ]
}
フィールド
items[]

object (SelectionItem)

SelectionItem オブジェクトの配列。

SlashCommand

Google Chat のスラッシュ コマンド

JSON 表現
{
  "commandId": string
}
フィールド
commandId

string (int64 format)

呼び出されたスラッシュ コマンドの ID。

MatchedUrl

Chat メッセージ内の一致した URL。Chat アプリでは、一致した URL をプレビューできます。詳しくは、プレビュー リンクをご覧ください。

JSON 表現
{
  "url": string
}
フィールド
url

string

出力のみ。一致した URL。

EmojiReactionSummary

特定の絵文字でメッセージにリアクションしたユーザーの数。

JSON 表現
{
  "emoji": {
    object (Emoji)
  },
  "reactionCount": integer
}
フィールド
emoji

object (Emoji)

リアクションに関連付けられた絵文字。

reactionCount

integer

関連付けられた絵文字を使用したリアクションの合計数。

DeletionMetadata

削除されたメッセージに関する情報。deleteTime を設定すると、メッセージは削除されます。

JSON 表現
{
  "deletionType": enum (DeletionType)
}
フィールド
deletionType

enum (DeletionType)

メッセージを削除したユーザーを示します。

DeletionType

メッセージを削除したユーザーとその方法。

列挙型
DELETION_TYPE_UNSPECIFIED この値は使用されません。
CREATOR ユーザーが自分のメッセージを削除しました。
SPACE_OWNER スペースのオーナーがメッセージを削除した。
ADMIN このメッセージは Google Workspace 管理者によって削除されました。
APP_MESSAGE_EXPIRY Chat アプリは、有効期限が切れたときにそれ自体のメッセージを削除しました。
CREATOR_VIA_APP Chat アプリがユーザーに代わってメッセージを削除しました。
SPACE_OWNER_VIA_APP Chat アプリがスペースのオーナーに代わってメッセージを削除しました。

QuotedMessageMetadata

引用されたメッセージに関する情報。

JSON 表現
{
  "name": string,
  "lastUpdateTime": string
}
フィールド
name

string

出力のみ。引用されたメッセージのリソース名。

形式: spaces/{space}/messages/{message}

lastUpdateTime

string (Timestamp format)

出力のみ。引用されたメッセージが作成された時点、または引用されたメッセージが最後に更新されたときのタイムスタンプ。

AttachedGif

URL で指定された GIF 画像。

JSON 表現
{
  "uri": string
}
フィールド
uri

string

出力のみ。GIF 画像をホストする URL。

AccessoryWidget

アプリのメッセージの下部に表示される枠線のないウィジェット。

JSON 表現
{

  // Union field action can be only one of the following:
  "buttonList": {
    object (ButtonList)
  }
  // End of list of possible types for union field action.
}
フィールド

共用体フィールド action

action は次のいずれかになります。

buttonList

object (ButtonList)

メッセージの下に表示されるボタンのリスト。

Methods

create

Google Chat スペースでメッセージを作成する。

delete

メッセージを削除します。

get

メッセージの詳細を返します。

list

発信者がメンバーであるスペースのメッセージ(ブロックされているメンバーやスペースからのメッセージを含む)が一覧表示されます。

patch

メッセージを更新します。

update

メッセージを更新します。