コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

タイプと形式の概要

パラメータとスキーマの type プロパティと format プロパティを使用して、プロパティのデータ型を特定できます。type プロパティは、JSON のリクエストおよびレスポンスで送信されるプロパティのタイプを示します(JSON は少数のデータ型をサポートしています。詳しくは json.org をご覧ください)。format プロパティは、基になる型に関する追加情報を提供します。プロパティは type プロパティを持ちますが、format プロパティを持つプロパティもあります。

たとえば、64 ビット整数は JSON では表現できません(JavaScript と JSON が最大 2^53 の整数をサポートしているため)。したがって、64 ビット整数は JSON リクエスト/レスポンスの文字列として表す必要があります。したがって、type プロパティは &stringt; string" に設定されますが、format プロパティは "int64" に設定され、64 ビット整数であることを示します。

JSON スキーマ仕様では、すでに format プロパティの共通の値のセットを定義しています。Google API Discovery Service では、これらの値のいくつかがサポートされ、他の値も定義されます。Google API Discovery Service でサポートされている typeformat の値の完全なリストは次のとおりです。

値の入力 フォーマット値 意味
any このプロパティには任意の型を指定できます。JSON スキーマ仕様によって定義されます。
array 値の JavaScript 配列。items プロパティは、配列値のスキーマを示します。JSON スキーマ仕様で定義されています。
boolean ブール値(「true」または「false」)。JSON スキーマ仕様で定義されています。
integer int32 32 ビット符号付き整数。最小値は -2,147,483,648、最大値は 2,147,483,647 です。
integer uint32 32 ビット符号なし整数。最小値は 0、最大値は 4,294,967,295 です。
number double 倍精度 64 ビット IEEE 754 浮動小数点。
number float 単精度の 32 ビット IEEE 754 浮動小数点。
object JavaScript オブジェクト。JSON スキーマ仕様で定義されています。
string 任意の文字列。JSON スキーマ仕様で定義されています。
string byte パディングされた、Base64 でエンコードされたバイトの文字列。URL とファイル名に安全なアルファベット文字(「ウェブセーフ」または「Base64url」とも呼ばれます)でエンコードされます。RFC4648 によって定義されています。
string date RFC3339 の日付(YYYY-MM-DD 形式)。JSON スキーマ仕様で定義されています。
string date-time RFC3339 タイムスタンプ(UTC 時間)。「yyyy-MM-ddTHH:mm:ss.SSSZ」の形式で指定します。ミリ秒の部分(".SSS")は省略可能です。JSON スキーマ仕様で定義されています。
string google-datetime RFC3339 タイムスタンプ(UTC 時間)。「yyyy-MM-ddTHH:mm:ss.SSSZ」の形式で指定します。ミリ秒の部分(".SSS")は省略可能です。
string google-duration 文字列は接尾辞「s」で始まり、秒数で表されます。ナノ秒は小数点以下の秒数で表されます。小数点には、カンマではなくピリオドが常に使用されます。
string google-fieldmask フィールド名をカンマで区切る文字列。フィールド名は、小文字の命名規則で表されます。
string int64 64 ビット符号付き整数。最小値は -9,223,372,036,854,775,808 で、最大値は 9,223,372,036,854,775,807 です。
string uint64 64 ビット符号なし整数。最小値は 0、最大値は(2^64)-1 です。