変更履歴

2020 年 6 月 4 日

  • 次の仕様を GTFS-ContinuousStops に追加しました。
    • routes.txt: continuous_pickupcontinuous_dropoff が追加されます。
    • shapes_id: 条件付き要件が追加されました。
    • stop_times.txt: continuous_pickupcontinuous_dropoff が追加されます。
  • 継続的な降車と乗車のデータのサンプルページを作成しました。

2020 年 4 月 28 日

  • translations.txttable_name に指定可能な値のリストを更新しました。

2020 年 4 月 27 日

  • 「GTFS への Google 乗換案内拡張機能」ページに、fare_attributes.txt で使用する日本の IC カードについての情報を追加しました。

2020 年 4 月 6 日

  • feed_info.txt の定義を更新し、「GTFS への Google 乗換案内拡張機能」ページから別ページへ移動しました。

2020 年 2 月 6 日

  • attributions.txt を省略可能に変更しました。

2020 年 2 月 5 日

  • routes.txt の各種 route_type 値の定義を更新しました。

2020 年 1 月 24 日

  • translations.txt の定義を更新し、リファレンス ページに移動しました。

2020 年 1 月 23 日

  • attributions.txt ファイルをリファレンス ページに追加しました。

2019 年 5 月 3 日

  • pathways.txtlevels.txt の各ファイルをリファレンス ページに追加しました。

2019 年 4 月 7 日

  • stops.txt ファイルに platform_code を追加しました。

2019 年 1 月 3 日

  • route_type のケーブルトラム、ロープウェイ、ケーブルカーの定義を更新しました。

2018 年 8 月 22 日

  • feed_info.txt ファイルに feed_contact_emailfeed_contact_url の各フィールドを追加しました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。

2017 年 12 月 11 日

2016 年 3 月 16 日

2016 年 2 月 3 日

  • agency_email についての提案をリファレンス ページの agency.txt に追加しました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。

2015 年 2 月 2 日

  • timepoint についての提案をリファレンス ページの stop_times.txt に追加しました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。

2014 年 2 月 17 日

  • bikes_allowed についての提案をリファレンス ページの trips.txt に追加しました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。

2012 年 10 月 15 日

  • wheelchair_accessible についての提案をリファレンス ページの trips.txt に追加しました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。

2012 年 6 月 20 日

  • wheelchair_boarding についての提案をリファレンス ページの stops.txt に追加しました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。

2012 年 2 月 2 日

  • stop_timezone についての提案をリファレンス ページの stops.txt に追加しました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。

2012 年 1 月 18 日

2011 年 9 月 26 日

2011 年 9 月 6 日

  • agency_fare_url についての提案をリファレンス ページの agency.txt に追加しました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。
  • exact_times についての提案をリファレンス ページの frequencies.txt に追加しました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。

2009 年 3 月 30 日

  • 乗換案内フィードを一般公開する方法に関する新しいセクションを追加しました。厳密にはデータの解釈や書き込み方法の変更ではないため、これまでグループでは検討されていませんでしたが、GTFS 形式のデータを使用できるアプリケーションが増えているため、Google 以外での GTFS の使用についても検討することにしました。
  • CSV 形式の要件を明確にしました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。
  • route_colorroute_text_color のフィールドの説明で、対照的な色の組み合わせを選択する方法に関するガイダンスを追加しました。
  • スレッド ab で提案およびテストされたとおり、trip_short_nametrips.txt ファイルに追加しました。
  • ドキュメントの最後に記載されているサンプルデータの軽微なエラーを修正しました(stop_id S7 に parent_station S8 を追加)。
  • コメント期間中に挙がった Marcy からの提案に沿って、ドキュメントの末尾のサンプルデータに agency_lang の情報を追加しました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。
  • サイドバーにある OCTA の GTFS フィードへのリンクを更新しました。
  • 詳しくは、元の要約をご覧ください。

2009 年 2 月 26 日

  • この時点で、Google 以外の他の多くのアプリケーションでも GTFS データを使用していたため、Google 固有のフィード送信手順の大部分を削除しました。
  • サイドバーにある Orange County OCTA の公開フィードへのリンク切れを修正しました。

2008 年 8 月 7 日

  • 8 月 6 日のバージョンで誤って削除されていた stops.txtstop_url フィールドを復元しました。
  • サンプルデータに agency_phone を追加しました。
  • Google にフィードを送信する際の、データの使用に関する合意の項目を追加しました。

2008 年 8 月 6 日

  • transfers.txt ファイルを追加し、フィード発行者がおすすめの乗換に関するヒントを提供できるようにしました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。
  • stops.txtlocation_typeparent_station のフィールドを追加し、停車プラットフォームを駅にグループ化できるようにしました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。
  • 交通機関の代表電話番号を指定するための agency_phone フィールドを agency.txt に追加しました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。
  • 「フィードのテスト」セクションを追加し、オープンソースのテストツールについての説明を加えました。
  • CSV 形式、agency_timezoneagency_langroute_colorroute_text_colorarrival_timedeparture_timecalendar.txt に対する calendar_dates.txt、運賃表、frequencies.txt についての説明を追加しました。
  • フィード履歴ドキュメントへのリンクを追加し、公開フィードリンクの一部を修正しました。
  • 現在の Google マップの UI を反映するようサンプル画像を更新しました。
  • ドキュメント内のサンプルデータを更新、修正しました。

2008 年 2 月 29 日

  • 乗客向けの停車地コードを指定できるように、stops.txtstop_code フィールドを追加しました。詳しくは、こちらのディスカッションを参照してください。
  • routes.txtroute_short_nameroute_long_name の説明を明確にしました。
  • stop_times.txtarrival_timedeparture_time の説明を明確にしました。
  • サンプルデータ セクションの誤字を修正しました。

2007 年 11 月 20 日

  • block_id の説明を明確にしました。
  • Google 乗換案内を強調しないように言葉遣いを変更しました(Google 以外のアプリケーションも GTFS を使用しており、乗換案内のルート検索は現在 Google マップの統合機能になっているため)。また、さまざまな誤字を修正しました。
  • GTFS フィールドが現在の Google マップ UI でどのように反映されるか示すため、スクリーンショットのサンプルを更新しました。
  • 乗換案内データ プロバイダ向けの Google 連絡先メールアドレスを更新しました。
  • 書式を更新しました。

2007 年 10 月 5 日

  • 0 以上の整数で値を増やすことができるように、stop_sequenceshape_pt_sequence を変更しました。
  • 説明を明確にし、誤字を修正しました。

2007 年 5 月 31 日

  • ページスタイルを更新し、HTML をより見やすくわかりやすくしました。
  • 公開フィードのサンプルやその他の便利なサイトへのリンクを追加しました。
  • 個々のフィールドの説明からサンプルを削除しました。

2007 年 4 月 9 日

  • フィードを送信する方法に関するセクションを追加しました。
  • Example Demo Transit Agency フィードを追加しました。
  • すべての運行日が calendar_dates.txt で定義されている場合、calendar.txt を省略できる説明を追加しました。
  • 1 件の交通機関のみを含むフィードで、agency_id フィールドを省略可能にしました。これにより、agency_id のない既存のフィードが無効にならずに済むようになりました。
  • agency_urlstop_urlroute_url をより詳細に指定できるようにし、各フィールドの値のサンプルを追加しました。
  • 有効な route_type 値として 6(ゴンドラ)と 7(ケーブルカー)を追加しました。

2007 年 3 月 8 日

  • stop_url フィールドを、2 月 28 日の更新で誤って指定された stop_times.txt ファイルから正しい stops.txt に移動しました。

2007 年 3 月 5 日

  • route_long_name フィールドの説明を明確にしました。

2007 年 2 月 28 日

  • 運行間隔に基づくスケジュールに対応できるようにするため frequencies.txt ファイルを追加しました。
  • 同じフィードに複数の交通機関を含めることができるようになりました。また、どのルートがどの交通機関で運営されているかを指定できるように、agencies.txtroutes.txt の両方に新しく agency_id フィールドを追加しました。
  • ルートごとおよび停車地ごとの URL を追加しました。
  • trips.txt ファイルに direction_id フィールドを追加しました。
  • 旅程の途中で行先表示を変更できるように、stop_times.txt ファイルに stop_headsign フィールドを追加しました。
  • ルート色を指定できるように、routes.txt ファイルにオプションの route_color フィールドと route_text_color フィールドを追加しました。
  • 住所を使用して停車地を指定できる機能を削除しました。以前のバージョンの仕様では、stop_streetstop_citystop_regionstop_postcodestop_country の各フィールドで、住所を使用して停車地の場所を指定できましたが、今後はほとんどのアプリケーションに対応するよう stop_lat(緯度)と stop_lon(経度)を使って指定する必要があります。
  • routes.txt ファイルの route_type フィールドにケーブルカー車種を追加しました。
  • 変更について詳しくは、運行間隔に関する元のブログ投稿の要約をご覧ください。

2006 年 11 月 29 日

  • shapes.txt による旅程シェイプの情報定義のサポートを追加しました。
  • stop_sequence の定義を明確にしました。
  • pickup_typedrop_off_type を省略可能に変更しました。

2006 年 10 月 31 日

  • 運賃情報のサポートを追加しました。
  • 個々のファイル名から日付を削除しました。
  • route_type 値の定義を変更しました。
  • 運行期間が重ならない限り、複数のフィード ファイルを同時に投稿することができるようになりました。
  • trips.txt ファイルの block_id に省略可能のマークを付け、正しく修正しました。
  • 必ず列ヘッダーを含めるよう注意を加えました。

2006 年 9 月 29 日

  • サンプルに含まれるエラーを数か所修正しました。

2006 年 9 月 25 日

  • 初期バージョン。