ブロック乗換の例

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ブロック乗換はシート内乗換とも呼ばれ、一連のルートが次の条件を満たしている場合に使用できます。

  1. ルートが連続している。
  2. 同じ車両が 2 つのルートで使用されている。
  3. ルートが、乗換案内フィードの trips.txt ファイルの同じ block_id 値でプロビジョニングされている。

要件

ルート間でブロック乗換が可能なことを Google マップで認識できるようにするには、次の要件を満たす必要があります。

  1. trips.txt の同じ block_id 値が 2 つのルートに使用されている(2 つのルートに使用される車両が同じであることを示しています)。
  2. 2 つのルートの運行日が同一(ルート内で日をまたぐ場合は連続した日付)である。
  3. 2 つのルートの経路が重複しない形で連続している。
  4. 2 つ目のルートの最後の駅(停留所)が 1 つ目のルートの最初の駅(停留所)である。

block_id を使ってブロック乗換を有効にする

ブロック乗換は、連続したルート間(環状ルートの場合は、同一のルート)で設定できます。ルートをシート内乗換が可能な 1 つのブロックとして指定するには、block_id フィールドを使用します。

たとえば、次の trips.txtstop_times.txt 値があるとします。

trips.txt

route_id trip_id block_id
RouteA RouteATrip1 Block1
RouteB RouteBTrip1 Block1


stop_times.txt

trip_id arrival_time departure_time stop_id stop_sequence
RouteATrip1 12:00:00 12:01:00 A 1
RouteATrip1 12:05:00 12:06:00 B 2
RouteATrip1 12:15:00 C 3
RouteBTrip1 12:18:00 C 1
RouteBTrip1 12:22:00 12:23:00 D 2
RouteBTrip1 12:30:00 E 3

この場合のルールの仕組みは次のようになります。

  • 駅(停留所)A から駅 E までのルートを検索するユーザーに対して、駅 A から駅 C までで構成されるルート A(RouteATrip1)が提示されます。このルートは、駅 A で午後 12 時 00 分発の車両に乗り、駅 C に着いた後もその車両で待機する内容で構成されています。これは、次のルート B(RouteBTrip1)で使用される車両が同じためです。
  • ルート A(RouteATrip1)を利用したユーザーは、その車両にとどまることで、ルート B(RouteBTrip1)をそのまま利用することができます。
  • ルート A、ルート B と同じ経路をたどる他のルートには、各ルートで異なる車両が使われるため、ブロック乗換が適用されません。

環状ルートのブロック乗換

環状ルートの場合、最初と最後の駅(停留所)が同じで、かつ同一の stop_id がルート間で使用されます。連続する環状ルートで同じ block_id が使用されている場合、ブロックまたはシート内乗換が有効になります。これにより、最初のルートの終点に着いたユーザーに対して、そのルートの車両を引き続き利用するよう指示できるようになります。

GTFS フィードの有効なブロック

ブロック乗換を有効にするには、フィードでブロックを適切に定義する必要があります。同じブロックに属するルートの経路が重複せず、かつ同じ route_type(地下鉄、鉄道、バスなど)が適用されていることが、検証に合格するための条件です。なお、日付が異なるルートも同じブロックに含めることができます。静的フィードで定義されているブロックは、検証レポートの [概要] タブに表示されます。