グローバル サイトタグ(gtag.js)は Google タグに変わりました。詳細

リマーケティング

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google 広告リマーケティングを使用して見込み顧客に再アプローチするには、ウェブサイトやアプリのユーザーをリマーケティング リストに追加して、これらのリストを広告のターゲットに設定します。このタグを使用する場合は、事前に Google 広告ヘルプセンターでこの機能の仕組みについて詳しく確認しておくことをおすすめします。

リマーケティングの手法

ビジネスニーズに合ったリマーケティングのタイプと、使用するタグ設定の方法を決定します。リマーケティングには次の 2 種類があります。

  • 標準リマーケティングでは、以前サイトを訪れたことがある、またはモバイルアプリを利用したことがあるユーザーに広告を表示することができます。この記事では、標準リマーケティングについて主に説明します。
  • 動的リマーケティングでは、ユーザーが過去にサイトで閲覧した商品を含む広告を表示して、さらに一歩進んだリマーケティングを行うことができます。この場合、データフィードの作成が必要となります。動的リマーケティングを始める方法については、動的リマーケティングをご覧ください。

導入するリマーケティングの種類が決まったら、ウェブサイトに合ったタグ設定の方法を選びます。

  • Google 広告リマーケティング: 基本的なリマーケティングの導入で十分な場合は、Google 広告タグがおすすめです。検索広告向けリマーケティング リストを導入済みのサイトであれば、同じタグをそのままご使用いただけます。リマーケティング リストは、ウェブページの URL またはカスタム パラメータをもとに作成します。この方法の場合、リマーケティング タグをウェブサイトに直接設置することでリマーケティングを導入できます。
  • Google アナリティクス リマーケティング: Google アナリティクスのリマーケティング リストには、より具体的なオーディエンス リスト(特定の地域のユーザーや、特定の目標を達成したユーザーなど)をターゲットにできるというメリットがあります。Google アナリティクスのインストールで、Google シグナルまたは広告向けの機能を有効にすると、ウェブサイトにすでに実装されているコードに変更を加える必要がなくなる可能性があります。

Google 広告と Google アナリティクスのリマーケティング手法は、Google タグを使った実装にも Google タグ マネージャーによる実装にも対応しています。

標準の Google 広告リマーケティング

Google 広告によるリマーケティングを導入するには、新しいタグを作成するか、リマーケティング用のコンバージョン ID を取得します。手順は次のとおりです。

Google タグ(gtag.js)

Google タグを導入済みの場合: 導入済みのタグに「G」または「AW」で始まる ID が入っている場合は、変更を加えることなくそのまま使用できます。

まだ Google タグが設置されていないサイトの場合: Google 広告で Google タグを作成し、[このデータソースから入手できる標準のデータを収集] に設定します。手順

作成したリマーケティング タグをコピーして、ウェブサイトの <head></head> タグの間に貼り付けます。

タグの例:

<!-- Google tag (gtag.js) -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=TAG_ID"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config','TAG_ID');
</script>

Google タグ マネージャー

  • Google 広告からコンバージョン ID を取得します。
    1. Google 広告で、 [ツールと設定] > [共有ライブラリ: オーディエンス マネージャー] の順にクリックします。
    2. [オーディエンス ソース] をクリックします。
    3. [Google 広告タグ] カードで、[詳細] をクリックします。
    4. [タグを設定する] をクリックします。
    5. [Google タグ マネージャーを使用する] をクリックします。
    6. コンバージョン ID をコピーします。
  • Google タグ マネージャーで新しいタグを作成します。[Google 広告リマーケティング] タグタイプを選択します。
    1. [新しいタグ] > [タグの設定] > [Google 広告リマーケティング] の順に選択します。
    2. Google 広告コンバージョン ID を入力します。
    3. [トリガー] をクリックし、1 つ以上のトリガーを選択して、タグをいつ配信するかを指定します。たとえば、ウェブサイトのどのページにもリマーケティング タグを追加する場合は、すべてのページで配信するトリガーを選択します。
    4. [保存] をクリックして、タグの設定を完了します。
    5. 重要: ウェブブラウザの最適な互換性を得るには、コンバージョン リンカーが有効になっていることを確認します。
    6. 変更をプレビューし、準備ができたら公開します。

重要: リマーケティング タグでは、通常、「コンバージョン ラベル」は必要ありません。特定のタグを含むリストを作成する場合に限り、リマーケティング用のコンバージョン ラベルを使用する必要があります。コンバージョン アクションのラベルは、リマーケティング タグで使用しないでください。

標準の Google アナリティクス リマーケティング

Google アナリティクスによるリマーケティングは、広告向けの機能を有効化した場合に利用できるディメンションと指標に基づくオーディエンス定義をもとに行われます。

Google アナリティクスによるリマーケティングをセットアップするには、以下を行う必要があります。

上記の手順を完了後、タグの設置を行います。各プラットフォームでの手順は次のとおりです。

Google タグ(gtag.js)

Google タグによる実装でリマーケティング機能を有効にするには、Google アナリティクスのプロパティ設定を変更します。タグを変更する必要はありません。

analytics.js

以前のユニバーサル アナリティクスの設定でこれらの機能を有効にするには、次の例のように、'create' コマンドと 'send' コマンドの間の既存のトラッキング コードに ga('require', 'displayfeatures'); を挿入します。

<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
ga('create', 'UA-XXXXXX-1', 'example.com');
ga('require', 'displayfeatures');
ga('send', 'pageview');
</script>

タグ マネージャー

  1. タグ マネージャーで、現在の Google アナリティクス タグに移動します。
  2. [詳細設定] > [広告] で、[ディスプレイ広告向け機能を有効にする] を true に設定します。

既存のタグにサービスを追加する方法の詳細