camera.setOptions

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

GPS のオン/オフ、日付と時間、時刻、ISO、ホワイト バランス、シャッター速度、スリープ/パワーオフ遅延など、指定したプロパティの値を設定します。このコマンドは API レベル 2 で変更されました。

パラメータ

  • sessionId: camera.startSession コマンドを使用して取得した、文字列型の一意のセッション識別子。このフィールドは API レベル 2 でサポートが終了しました。
  • options: 設定するプロパティの JSON <key, value> ペア。値は、StringString ArrayNumberNumber ArrayBooleanObjectObject Array のいずれかになります。オプションをご覧ください。

結果

  • このコマンドは結果を返しません。

エラー

  • missingParameter: 1 つ以上の必須パラメータがありません。たとえば、options は指定されていません。
  • invalidParameterName: 1 つ以上の入力パラメータ オプションまたはオプション名が認識できないかサポートされていない。たとえば、OptionsclientVersion が 1 の場合に API レベル 2 のオプション(captureInterval など)を使用すると、このコードが返されます。
  • invalidParameterValue: 1 つ以上の入力パラメータまたはオプション名が認識されますが、値が無効です。たとえば、データ型が正しくありません。

コマンド I/O

コマンド入力(API レベル 1)
{
    "parameters": {
        "sessionId": "12ABC3",
        "options": {
            "isoBalance": 200
        }
    }
}
コマンド出力(API レベル 1)
none
コマンド出力(エラー)(API レベル 1)
{
    "error": {
        "code": "invalidParameterName",
        "message": "Parameter options contains unsupported option isoBalance."
    }
}
コマンド入力(API レベル 2)
{
    "parameters": {
        "options": {
            "iso": 200,
            "captureInterval": 20
        }
    }
}
コマンド出力(API レベル 2)
none
コマンド出力(エラー)(API レベル 2)
{
    "error": {
        "code": "invalidParameterName",
        "message": "Parameter options contains unsupported option captureInterval."
    }
}