Open Spherical Camera メーカーガイド

バージョン 1.0

はじめに

この Open Spherical Camera (OSC)メーカーガイドでは、組み込み WiFi を備えたカメラのメーカー向けに、球体カメラ API の実装に関するガイダンスを提供します。

すべてのコマンドについては、OSC API 仕様をご覧ください。

フィードバック

当社では、ドキュメントの改善に関する皆様からのご提案を歓迎します。 エンジニアリングで苦労した点、わかりづらいドキュメント、予期しない動作等がございましたら、お知らせください。

問題の報告、フィードバックやご提案をお待ちしております。

検出

検出フローは、次のように機能します。カメラが、検出可能でパスワードで保護された WiFi ネットワークを提供します。 携帯端末やその他のコンピューティング デバイス上で実行されているクライアント ソフトウェアは、そのようなネットワークを探し、検出されたネットワークのサービスセット識別子(SSID)の一覧を表示します。ユーザーは、ここからネットワークを選択できます。

ユーザーは、選択したネットワークのパスワードを入力して認証し、カメラのサーバーを使用してクライアント ソフトウェアに接続します。

カメラは、クライアントに対してカメラを一意に識別する、人の読める形式の SSID を定義することで、検出フローを実装します。 カメラのサーバーは、ポート 80 で HTTP を使用してクライアントを認証し、クライアントと通信します。

SSID とパスワード

WiFi SSID は、ユーザーにわかりやすい名前(最大 20 文字)で始まり、その後に先頭にピリオド(.)の区切り文字が付いた接尾語 OSC が付いています。 ランダムな一意の要素を名前の最後に追加すると、名前の競合を防ぐのに役立ちます。 たとえば、VendorCamera123.OSC; の場合、123 により、近くにある同じメーカー、同じモデルのカメラから、現在のカメラが一意に識別されます。

カメラの WiFi には WPA2-PSK 保護が必要です。 WPA2-PSK には、8 文字以上のパスワードが必要です。 パスワードには、文字、数字、記号を使用できますが、スペースは使用できません。 ユーザーがパスワードを変更できるのは、カメラがクライアント デバイスに接続されているときのみです。 変更すると、カメラが切断され、クライアントは新しいパスワードを使用して再接続する必要があります。

ユーザーがパスワードを忘れた場合に備えて、カメラにはリセット方法が用意されている 必要があります。たとえば、ファクトリー デフォルト パスワードを復元するための、カメラのリセットボタンなどです。

IP アドレスとポート

カメラの IP アドレス(例: 192.168.1.1)は、カメラの WiFi ネットワークのゲートウェイ IP アドレスです。IP アドレスはクライアント側で WiFi 接続から取得できます。 ポートには HTTP のデフォルトのポート 80 を使用します(アップデート用のポートは、/osc/info のエンドポイントから取得します。[OSC プロトコル > Info] (/streetview/open-spherical-camera/guides/osc/info#endpoints_object) をご覧ください)。

フィードバックを送信...

Open Spherical Camera API