Search Central Unconference について

Search Central Unconference のロゴ

Search Central Unconference は、コミュニティと出会い、アイデアを交換し、一緒に楽しむことができるイベント シリーズです。誰でも参加できるグローバル イベントや、特定の地域や言語を対象とするイベントがあります。

Unconference とは

Unconference は、その他の大部分のイベントと異なります。このことは、Google ではなく皆さんについて該当します。さらに皆さんだけでなく、ご自身のイベントにも関連します。講演者は存在せず、プレゼンテーションは行われません。具体的に「Unconference」とは、セッションを提案し、参加するセッションを選択して積極的に議論に加われるという意味です。ブレインストーミング、ディスカッション、フィードバック セッションなど、発言を求められるセッションにご参加いただくことで、参加者ご自身がイベントを作り上げるのです。

このイベント シリーズは 2019 年に開始されました。Google は、人々が情報を共有し、ブレインストーミングして、つながるための、よりインタラクティブな環境が必要であることを認識していました。視聴者がプレゼンテーションから学ぶ一般的な会議とは異なり、Unconference では参加者全員が集まりトピックについて話します。参加者の皆さんは耳を傾けイベントに参加したことを実感でき、ディスカッションが実りのあるものであったとお考えくださいました。そこで、より多くの地域とタイムゾーンでこのようなイベントの開催を継続しました。2022 年には、英語以外の言語にも対応できるようにイベントの範囲を拡大しました。現在、このイベント シリーズはバーチャルでのみ開催されています。

4

イベント数

400+

参加者数

70+

ファシリテーターの人数

3

言語数

カウントが上昇しています

このイベントの仕組み

このイベントは一連のグループ ディスカッションで構成され、ディスカッションにはさまざまな形式があります。ブレインストーミング セッション、フィードバックの収集、事例紹介、経験の共有が行われています。各ディスカッションに 1 人または 2 人のファシリテーターがいます(あなたご自身がファシリテーターをお勤めいただく可能性があります)。ファシリテーターは会話のきっかけが作られるようにし、セッション全体を通じて盛り上がるようにするとともに、全員が参加できる機会を確保します。

ディスカッションの管理とオープン性を維持するため、各ディスカッションの参加人数には上限があり、セッションは録画されません

ファシリテーターは、Google 社員、コミュニティのプロダクト エキスパート、その他のコミュニティ メンバーです。ご参加をお待ちしております。

次のイベントを見つける方法

今後のイベントについてはイベント カレンダーをご確認いただくか、Twitter @googlesearchc でフォローしてください。

イベントへの参加

セッションの進行

イベントについてお知らせする際には、まずファシリテーターの登録を開始します。ファシリテーターになるためにご応募いただくには、セッションのトピックを 1 つ(または複数)ご提案いただく必要があります。トピックが選択され、投票が行われます。トピックの提出期限は通常、参加者の登録が始まる前に終了します。

積極的に参加する

参加者の登録が開始されたら、イベントへの参加申し込みをして、関心のあるトピックまたはセッションに投票できます。すべての応募を選別し、地理的条件、職業、専門知識、その他のさまざまな属性について多様性に富んだ一連の参加者を選定して、ディスカッションが豊富な情報を交えた興味深いものになるようにします。

イベントはファシリテーターと参加者の双方に対して無料で開催されます。

イベントにご参加いただくことに関する期待

これを実現するため、ファシリテーターと参加者の皆さんには積極的にセッションに参加し、コミュニティ ガイドラインを遵守していただく必要があります。

バーチャル イベントの場合、ファシリテーターと参加者がセッションに参加して他のユーザーと会話するには、少なくともマイク(および必要に応じて、使用可能な場合はカメラ)が必要です。セッションは英語またはその他の各イベントに指定された言語で行われます。そのため、指定された言語を合理的に十分なレベルで話し理解できることが必要です。

Search Central Unconference の最近の更新内容