以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Places API Web Service をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Places API Web Service をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

使用制限と購入

注: プレイスの検索のみが必要で、新しいプレイスを送信しないウェブベース アプリケーションを開発している場合は、Google Places API Web Service ではなく、Google Maps Javascript API のプレイス ライブラリを使用できます。 Places Library in the Google Maps JavaScript API を使用する場合も、同じ使用制限が適用されます。 1 日あたりの使用量は、クライアント側およびサーバー側のクエリの合計数で計算されます。

注: Android や iOS アプリで Google Places API Web Service を使用している場合は、代わりに Google Places API for Android か Google Places API for iOS を使うことをお勧めします。

使用制限は AndroidiOS では異なることに注意してください。また、Google Places API for Android と Google Places API for iOS は Google Maps APIs Premium Plan に含まれていません。

使用制限

Google Places API Web Service はデフォルトで、24 時間あたりの無料リクエスト数を 1,000 件までと定めています。これは、クライアント側とサーバー側のリクエスト数の合計で計算されます。 この制限を超えると、アプリでエラーが生じるようになります。 Google API Console で課金を有効にして本人確認を行うことで、この制限を無料で 24 時間あたり最大 150,000 件のリクエストに引き上げることができます。 本人確認にはクレジット カードが必要です。 クレジット カード情報は単にユーザーの本人確認を行うために使用するものであり、 このカードに Google Places API Web Service の使用料が請求されることはありません。

無料で使用できるのは、24 時間あたり最大 150,000 件のリクエストです。 この制限を超えると、再びアプリでエラーが生じるようになります。 24 時間あたりのリクエスト数を 150,000 件から引き上げるには、Google Maps APIs Premium Plan のライセンスを購入します

デフォルトのリクエスト数を超えることが予測される場合は、早めに引き上げの手続きを取ってください。

Google Places API Web Service ではレートも制限されています。 同じプロジェクトを共有しているユーザー数に関係なく、ユーザー セッションごとにレート制限が適用されます。

注: テキスト検索サービスには 10 倍の乗数が適用されます。 つまり、テキスト検索リクエスト 1 回で、リクエスト 10 回分の割り当て量を使用することになります。

Google Maps APIs Premium Plan の契約の一部として Google Places API Web Service を購入した場合、乗数は異なります。

詳細については、Google Maps APIs Premium Plan のドキュメントをご覧ください。

課金を有効にして本人確認をする

Google API Console で課金を有効にして本人確認を行い、24 時間あたりの無料リクエスト数を 150,000 件に引き上げます。 本人確認にはクレジット カードが必要です。 クレジット カード情報は単にユーザーの本人確認を行うために使用するものであり、 このカードに Google Places API Web Service の使用料が請求されることはありません。

課金の有効化

Google Maps API の課金を有効にして、割り当て制限を解除するには、Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. 課金プロファイルの設定や選択を行う
  3. プロジェクトの課金を有効にする

Continue

プロジェクトへの課金を有効にするには、[Enable Billing] ボタンをクリックします。 初めて課金を有効にする場合、お支払い方法の指定などの支払い情報の設定を求めるメッセージが表示されます。

課金を有効にすると、割り当て数が 24 時間に 150,000 件のリクエストに自動的に増加します。

課金は API レベルではなく、プロジェクト レベルで有効にします。 Google Places API Web Service の使用により課金されることはありませんが、 一度特定のプロジェクトに対する課金を有効にすると、そのプロジェクトの有効化された課金可能な API すべてに対して、プロジェクトによる使用量に基づいて課金が行われます。

プロジェクトへの課金は、 支払いペインでいつでも無効にできます。 課金をキャンセルした場合、プロジェクトは「未課金」の状態に戻り、有効化された API すべての使用量が課金手続きなしで使用できる範囲に制限されます。

Google Maps APIs Premium Plan ライセンスを購入する

Google Places API Web Service において、24 時間あたりに 150,000 件以上のリクエストが必要な場合は、Google Maps APIs Premium Plan ライセンスを購入します。 このライセンスにより、より拡張されたユーザーのクチコミやリクエスト フィルタといった [Google Places API Web Service] の追加機能](/places/web-service/premium-data)も利用できるようになります。

課金の設定が完了しました

課金プロファイルの設定は完了です。 Google Maps API を使ってアプリケーションの開発を始めるには、API キーを取得します。

フィードバックを送信...