Google Maps 使用状況レポート

このページは、2016 年 1 月にリリースされた新しいバージョンの Google Maps APIs Premium Plan ユーザーを対象としています。

以前の Maps APIs for Work または Maps API for Business を所有している場合は、Maps APIs for Work ライセンス ガイドをご覧ください。以前のライセンスがあるかどうかを確認するには、Google Cloud Support Portal で、左側にある [Maps: Usage Report] をクリックします。レポートの最上部にある ID が次の形式になっている場合は、新しい Premium Plan があります。
gme-[company] & proj-[number] ([type])
そうでない場合は、以前のライセンスがあります。

概要

Google Maps Usage Reports ツールは、アプリケーションによる Google Maps APIs の使用と Maps APIs Credits の消費を追跡するのに役立ちます。このツールを使用すると、Google Maps APIs Premium Plan に含まれているすべての API に関する日次および月次の詳細なレポートを表示できます。レポート データは、クライアント ID またはプロジェクト ID が含まれる API リクエストに対して利用できます。

注: Usage Reports ツールで提供される情報は、Google が課金目的でアプリケーションの使用状況を判断する際に使用する情報と同じです。

レポートのタイプ

Successful Requests レポート

このレポートは、各 API について 1 日、または 1 か月ごとのアプリケーションの合計リクエスト数を示します。このレポートを使用して異なる期間の使用状況を比較して、傾向を確認したり、ピーク使用時を特定したりします。さらに、Successful Requests レポートを使用して次のデータを表示できます。

  • リクエスト エラー:日次レポートには、各 API について成功したリクエストと失敗したリクエスト(エラー)の数が表示されます。アプリケーションがクライアント ID を使用してアクセスするウェブサービス API については、トラブルシューティングに役立つエラーコードも表示されます。
  • チャンネル データ:リクエストにチャンネル パラメータを含めている場合、同じクライアント ID を使用する異なるアプリケーションにわたってアプリケーションの API リクエストの明細を示す Successful Requests レポートを生成できます(外部向けアクセスと内部向けアクセスの比較など)。チャンネルを使用することで、アプリケーションの使用状況に関する詳細なデータを含むレポートを生成できます。

Maps APIs Credits レポート

このレポートでは、あらゆる API の組み合わせに対して、1 日または 1 か月ごとのアプリケーションの合計クレジット消費量が示されます。このレポートを参考にして、購入するクレジットの量を決定します。アプリケーションでクレジットを消費する仕組みについては、使用レートと使用制限をご覧ください。

レポートの機能

  • 読み取りやすいグラフ:日次レポートのグラフでは、使用傾向の時間推移を視覚的に理解できます。ポインタをグラフに重ねると、レポートの詳細情報が表示されます。

  • 履歴データ:過去 1 年間の任意の期間のレポートを表示します。
  • ダウンロード可能なデータ:月次のリスエスト数とクレジットをカンマ区切り値(CSV)ファイルにダウンロードして、スプレッドシートやビジネス インテリジェンス ツールを使用した詳細な分析に使用できます。データを共有することも可能です。
  • データのドリルダウン:レポートの月次の合計や列見出しをクリックして、月次レポートから直接日次レポートにアクセスできます。例:

    <img src="/maps/premium/reports/images/usage_rep_mo_total.png" width="200px" /" style="float: left; width:30%; margin-right:1%; margin-bottom:0.5em;"><img src="/maps/premium/reports/images/usage_rep_mo_heading.png" width="200px" /" style="float: left; width:30%; margin-right:1%; margin-bottom:0.5em;">

Usage Reports へのアクセス

Google Maps Usage Reports にアクセスするには:

  1. Google Cloud Support Portal にログインします。
  2. 左パネルで、[Maps:Usage Report] をクリックします。

レポートの生成

デフォルトのレポートは、過去 12 か月の月次 Successful Requests レポートです。別のレポートを生成するには、レポート フィルタを使用します。

フィルタ 説明
Client ID
複数のクライアント ID を所有している場合のみ使用可能です。レポートを表示するクライアント ID を選択します。
Channel ID
Successful Requests レポートのみに使用可能です。使用状況データを表示するチャンネルを選択します。または、[Show all] を選択してすべてのチャンネルの使用状況を表示します。
From / To レポートの期間を選択します(最大 1 年間)。[Update] をクリックして新しいレポートを生成します。
Type of report
[Successful Requests] または [Maps APIs Credits] レポートを選択します。
Select time granularity [Monthly] または [Daily] レポートを選択します。月次レポートには、日次レポートへのリンクが含まれます。日次レポートには、成功したリクエストと失敗したリクエスト、エラーコードが表示されます。
API type 日次レポートのみで使用可能です。レポートを表示する API を選択します。

よくある質問

Successful Request レポート

使用状況データがレポートに表示されるまでどのくらいの時間がかかりますか?

レポートデータはリアルタイムでは利用できません。クライアント ID を使用したリクエストの使用状況データは、日次ベースで処理されます。レポートの日付は太平洋標準時刻を基準としているため、1 ~ 2 日遅れて表示される場合があります。API キーを使用したリクエストのデータの場合、追加の処理が必要となり、レポートに表示されるまで最大 3 日を要します。

Google Maps JavaScript API マップロードとは何ですか?これは、ページビューとはどのように違うのですか?

Google Maps APIs Premium Plan では、マップのロード、つまりマップが実際にページに表示されたときに Google Maps JavaScript API が使用されたと判断されます。マップロードはページビューとは異なります。ページビューは、以前の Maps API for Business または Maps APIs for Work ライセンスによる Maps JavaScript API の使用を計算するために使用されます。詳細については、使用レートと使用制限をご覧ください。

マップロード数がウェブサーバーのアクセス統計と一致しないのはなぜですか?

ページ上のマップロード数がウェブサーバー ログ上のその URL へのヒット数と異なる理由はいくつかあります。

  • ページ上でさまざまなマップの使われ方がある:マップロードは、ページ上で google.maps.Map オブジェクトが作成されると必ず発生します。マップロード レポートとウェブサーバーのアクセス統計を比較するときは、各ウェブページ上でのマップの使用方法を詳しく分析して、以下のような相違の原因を特定してください。
    • ページに複数のマップが含まれているため、複数のマップ オブジェクトが作成された。
    • ページにマップが表示されないが、マップ オブジェクトは作成されている。これは、マップ オブジェクトが非表示の HTML div 要素に関連付けられている場合などに発生します。
    • マップを表示するには、ページでユーザー操作(ボタンのクリックなど)が必要である。ユーザーがこの操作を実行しなかった場合、マップ オブジェクトは作成されません。
    • ページにマップが含まれていないため、マップ オブジェクトが作成されなかった。
  • タイムゾーンが異なる:レポートは、太平洋時間のタイムゾーンに設定されたログから作成されます。太平洋時間のタイムゾーンを基準にしてサーバーログを分析すると、ローカル時間のタイムゾーンでのロギングにより発生する誤差を減らすことができます。
  • HTML がキャッシュされている:マップのロードはキャッシュされません。ユーザーがページをリロードした場合、セッション トークンを取得するためにリロードにより別のマップロードが発生します。ただし、この場合、ブラウザは HTML をキャッシュからロードする可能性があります。これにより、マップロード数がサーバーログのヒット数より多くなります。
Google Maps Distance Matrix API でリクエスト数が想定より多くなるのはなぜですか?

Google Maps Distance Matrix API レポートでは、リクエスト数ではなく要素数(出発地と目的地のペア)が表示されます。要素の詳細については、デベロッパー ガイドをご覧ください。

リクエスト エラー

アプリケーションのリクエスト エラーはどのように確認できますか?

Successful Requests 日次レポートを生成して、[API type] リストから API を選択します。アプリケーションがクライアント ID を使用してアクセスするウェブサービス API に対して実行したリクエストの成功および失敗回数が、グラフと表に表示されます。また、これらのリクエストにより返されたステータス コードも表示されます。

ステータス コードは何を意味しますか?

Usage Reports ツールでは、アプリケーションがクライアント ID を使用してアクセスするウェブサービス API のステータス コードが表示されます。これらのコードの説明は、次の各 API のデベロッパー ガイドで確認できます。

Geolocation API、Places API、および Roads API には、常に API キーが必要です。これらの API や、アプリケーションがキーを使用してアクセスするその他の API については、Developers Console でステータス コードを確認してください。

エラーは Maps APIs Credits を消費しますか?

いいえ、エラーコードを受信するリクエストはクレジットを消費しません。ただし、OK または ZERO_RESULTS コードを受信するリクエストはクレジットを消費します。

チャンネル データ

チャンネル データとは何ですか?

同じクライアント ID を使用する異なるアプリケーションにわたって使用状況を追跡するために、API リクエストに channel パラメータを使用できます。アプリケーションの異なる局面に対して異なる channel 値を指定することで、アプリケーションの使用状況を正確に把握することができます。

たとえば、外部ウェブサイトは customer に設定した channel を使用して API にアクセスする一方で、社内のマーケティングの部署では mkting に設定した channel を使用できます。レポートでは、API の使用状況をこれらのチャンネル値別に分けて表示できます。

チャンネルはどの API でサポートされますか?

チャンネルを使用したレポートは、Maps JavaScript API、Static Maps API、および Google Maps APIs ウェブサービスを使用したアプリケーションで利用できます。チャンネルは、Geolocation API、Places API、Roads API、および Maps Mobile SDK では使用できません。

チャンネルは何個使えますか?

1 つのクライアント ID で最大 2,000 個の異なるチャンネルを使用できます。

アプリケーションのリクエストにどのようにチャンネルを設定しますか?

リクエスト内の channel 値が以下の要件を満たすようにします。

  • ASCII 英数字の文字列にする必要があります。
  • ピリオド(.)、アンダースコア(_)、ハイフン(-)を含めることができます。
  • 大文字と小文字は区別されません。大文字および大文字小文字混合の channel パラメータは、小文字の同等のものに統合されます。たとえば、CUSTOMER チャンネルでの使用状況は customer チャンネルでの使用状況と統合されます。
  • 静的である必要があり、アプリケーション インスタンスごとに割り当てる必要があります(動的には生成できません)。たとえば、チャンネル値を使用して個別のユーザーを追跡することはできません。

次のようにチャンネル パラメータをリクエストに追加します。

クライアント側 API

script タグの src 値にチャネル パラメータを追加します。

<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?v=3
&client=gme-yourclientid
&channel=your_channel"></script>

Static Maps API および Street View API

次のようにチャネル パラメータをリクエスト URL に含めます。

https://maps.googleapis.com/maps/api/staticmap
?center=15.800513,-47.91378
&zoom=11
&size=300x300
&client=gme-yourclientid
&channel=your_channel
&signature=your_signature

ウェブサービス

次のようにチャネル パラメータをリクエスト URL に含めます。

https://maps.googleapis.com/maps/api/geocode/json
?address=101+Main+St
&client=gme-yourclientid
&channel=your_channel
&signature=your_signature

Maps APIs Credits レポート

Maps APIs Credits とは何ですか?

アプリケーションによる API へのリクエストは、Google Maps APIs Premium Plan で購入したクレジットのプールから Maps APIs Credits を消費します。 クレジット、およびアプリケーションがクレジットを消費する仕組みの詳細については、使用レートと使用制限をご覧ください。

クレジットのデータがレポートに表示されるまで、どのくらい時間がかかりますか?

Google Maps Usage Reports のクレジット消費データは処理が必要であり、レポートに表示されるまで最長 3 日かかる場合があります。