Google Maps Platform スタートガイド

このページでは、Google Maps Platform の API と SDK を使用する際の基本的な手順について説明します。

クイックスタート

Google Cloud Console を使用して請求先アカウントまたはプロジェクトを作成したことがない場合は、[使ってみる] ボタンをクリックし、Cloud Console の設定方法と運用方法をご確認ください。

スタートガイド

または、以下の各タブをクリックし、表示される手順に従って設定してください。

ステップ 1

  1. Google Cloud Console の [プロジェクトの選択] ページで [新しいプロジェクト] をクリックし、新しい Cloud プロジェクトの作成を開始します。

    [プロジェクトの選択] ページに移動

  2. Cloud プロジェクトでお支払いが有効になっていることを確認します

    Google Cloud の無料トライアル(300 ドル分)と Google Maps Platform の無料クレジット(毎月 200 ドル分)が付与されます。詳しくは、請求先アカウントのクレジットおよび Google Maps Platform の料金をご覧ください。

ステップ 2

Google Maps Platform を使用するには、プロジェクトで使用する API または SDK を Cloud Console で有効にする必要があります。

一部の統合では、複数の API または SDK を有効にする必要があります。有効にする API や SDK がわからない場合は、API Picker を使用するか、該当する API / SDK のドキュメントをご覧ください。

1 つ以上の API または SDK を有効にするには:

  1. Cloud Console の Maps API ライブラリ ページにアクセスし、有効にできる Google Maps Platform の API と SDK をご確認ください。

    Maps API ライブラリ ページに移動

  2. 有効にする API または SDK をクリックします。
    • [有効にする] ボタンが表示された場合は、このボタンをクリックして、選択した API または SDK を有効にします。
    • [管理] ボタンが表示された場合、その API または SDK はすでに有効になっています。何もする必要がありません。
    • いずれかのボタンをクリックすると、選択した API または SDK のダッシュボードが表示されます(このプロジェクトから API または SDK を削除するには、[無効にする] ボタンをクリックします)。

ステップ 3

このステップでは API キーを作成します。本番環境で API キーを使用する場合は、API キーを制限することを強くおすすめします。詳しくは、各サービスの API キーの使用ページをご覧ください。

API キーは、使用量を正確に集計して課金するため、プロジェクトに関連付けられたリクエストであることを認証する一意の識別子です。少なくとも 1 つの API キーをプロジェクトに関連付ける必要があります。

API キーを作成するには:

  1. [API とサービス] > [認証情報] を選択します。

    [認証情報] ページに移動

  2. [認証情報] ページで、[認証情報を作成] > [API キー] をクリックします。
    [API キーを作成しました] ダイアログに、新しく作成した API キーが表示されます。
  3. [閉じる] をクリックします。
    新しく作成した API キーが [認証情報] ページの [API キー] に表示されます。
    (本番環境で使用する前に、忘れずに API キーの使用を制限してください)。

請求先アカウントのクレジット

請求先アカウントとプロジェクトを作成すると、Google Cloud Platform の無料トライアル(300 ドル分)と Google Maps Platform の無料クレジット(毎月 200 ドル分)が付与されます。詳しくは、請求先アカウントのクレジットをご覧ください。

次のステップ

設定が完了すると、Google Maps Platform の API と SDK を使用できるようになります。詳しくは、該当する API または SDK の概要、デベロッパー ガイド、スタートガイドをご覧ください。API と SDK の一覧は、Google Maps Platform ドキュメント(サービス別)および Google Maps Platform API(プラットフォーム別)をご覧ください。