以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps Roads API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps Roads API をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

Google Maps Roads API について

説明:Google Maps Roads API は、GPS のパンくずリストを追跡して車両が走行していた道路をマッピングし、道路上のある区間の速度制限を求めます。

Google Maps Roads API は、車両が走行していた道路を特定し、速度制限などの道路についての追加メタデータを提供します。

Google Maps Roads API を使用した開発を始める前に、認証要件(API キーが必要です)と API の使用制限について確認してください。

概要

Google Maps Roads API がどんな種類のアプリで活用できるか紹介しているビデオをご覧ください。

Google Maps Roads API を使用すると、GPS 座標を道路の形状に沿ってマッピングし、道路上のある区間の速度制限を求めることができます。

この API では次のサービスが公開されており、いずれも単純な HTTPS インターフェース経由で利用できます。

  • Snap to roads このサービスは、一連の GPS 座標と最もフィットする道路の形状を返します。 経路に沿って収集した最大 100 個までの GPS 地点を受け取り、車両が走行していた可能性が最も高い地点にスナップした一連のデータを返します。

オプションで、地点を補完するようリクエストすることもできます。その場合、道路の形状に沿ったスムーズなパスが返されます。

  • Nearest roads このサービスでは、指定した一連の GPS 座標に対して道路上の区間を個別に返します。 最大 100 個までの GPS 地点を受け取り、各地点の最寄りの道路上の区間を返します。 渡す地点は、連続したパス上の地点である必要はありません。

  • 速度制限 このサービスは、道路上の区間に掲示されている速度制限を返します。 速度制限サービスは、Google Maps APIs Premium Plan

のユーザーのみ利用可能です。 既存ユーザーの方は、アカウント マネージャーに連絡するか、Premium Plan サポート ポータルでチケットを発行すると、Google Maps Roads API を有効化できます。

クライアント ライブラリ

Google Maps Roads API は、Java Client、Python Client、Go Client、Node.js Client for Google Maps Servicesで使用できます。 クライアント ライブラリでは、認証、リクエスト スロットリング、自動再試行などの一般的なタスクのシンプルなネイティブ実装が提供されているため、Google Maps Roads API を用いた開発が簡単になります。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。