以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps Distance Matrix API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps Distance Matrix API をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

複数の目的地と移動モードの距離と時間

出発地点と到着地点間の推奨ルートに基づいて時間と距離の値を取得します。

時間と距離

推奨ルートに基づいて移動時間と距離を見積もります。

移動モード

距離と移動時間を計算する際に使用する移動モードを指定します。

交通状況

現在と過去の交通状況を使用して移動時間を予測します。

デモとサンプルコード

クイック スタート ステップ

[キーの取得]をクリックして、Google API Console にプロジェクトを作成し、Google Maps Distance Matrix API をアクティベートして、API キーを取得します。その後、ドキュメントを読んで、開発を始めてください。

Google Maps Distance Matrix API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps Distance Matrix API をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

関連 API

Distance Matrix API と他の API を同時に使用して、位置情報を用いたアプリやサイトを作成します。

Google Maps Directions API

複数の地点間の道順を計算します。

Google Maps JavaScript API

独自のコンテンツや画像を使ってマップをカスタマイズします。

Google Maps Android API

マップを Android アプリに追加します。

フィードバックを送信...

Google Maps Distance Matrix API
Google Maps Distance Matrix API
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。