このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

カスタムのGoogleサインインボタンを作成する

カスタム設定でGoogleサインインボタンを作成するには、サインインページにサインインボタンを含む要素を追加し、スタイルとスコープの設定でsignin2.render()を呼び出す関数を記述し、 https://apis.google.com/js/platform.jsを含めhttps://apis.google.com/js/platform.jsクエリ文字列onload=YOUR_RENDER_FUNCTION使用したhttps://apis.google.com/js/platform.jsスクリプト。

以下は、カスタムスタイルパラメータを指定するGoogleサインインボタンの例です。

次のHTML、JavaScript、およびCSSコードは、上記のボタンを生成します。

<html>
<head>
  <meta name="google-signin-client_id" content="YOUR_CLIENT_ID.apps.googleusercontent.com">
</head>
<body>
  <div id="my-signin2"></div>
  <script>
    function onSuccess(googleUser) {
      console.log('Logged in as: ' + googleUser.getBasicProfile().getName());
    }
    function onFailure(error) {
      console.log(error);
    }
    function renderButton() {
      gapi.signin2.render('my-signin2', {
        'scope': 'profile email',
        'width': 240,
        'height': 50,
        'longtitle': true,
        'theme': 'dark',
        'onsuccess': onSuccess,
        'onfailure': onFailure
      });
    }
  </script>

  <script src="https://apis.google.com/js/platform.js?onload=renderButton" async defer></script>
</body>
</html>

また、定義することで、カスタムのGoogleサインインボタンの設定を指定することができますdata-に属性をdivクラスで要素g-signin2 。例えば:

<div class="g-signin2" data-width="300" data-height="200" data-longtitle="true">

カスタムグラフィックを使用してボタンを作成する

サイトのデザインに合わせてGoogleサインインボタンを作成できます。ブランディングガイドラインに従い、ボタンに適切な色とアイコンを使用する必要があります。ブランディングガイドラインには、ボタンのデザインに使用できるアイコンアセットも記載されています。また、ボタンが他のサードパーティのログインオプションと同じくらい目立つようにする必要があります。

以下は、カスタムグラフィックで作成されたGoogleサインインボタンの例です。

次のHTML、JavaScript、およびCSSコードは、上記のボタンを生成します。

<html>
<head>
  <link href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Roboto" rel="stylesheet" type="text/css">
  <script src="https://apis.google.com/js/api:client.js"></script>
  <script>
  var googleUser = {};
  var startApp = function() {
    gapi.load('auth2', function(){
      // Retrieve the singleton for the GoogleAuth library and set up the client.
      auth2 = gapi.auth2.init({
        client_id: 'YOUR_CLIENT_ID.apps.googleusercontent.com',
        cookiepolicy: 'single_host_origin',
        // Request scopes in addition to 'profile' and 'email'
        //scope: 'additional_scope'
      });
      attachSignin(document.getElementById('customBtn'));
    });
  };

  function attachSignin(element) {
    console.log(element.id);
    auth2.attachClickHandler(element, {},
        function(googleUser) {
          document.getElementById('name').innerText = "Signed in: " +
              googleUser.getBasicProfile().getName();
        }, function(error) {
          alert(JSON.stringify(error, undefined, 2));
        });
  }
  </script>
  <style type="text/css">
    #customBtn {
      display: inline-block;
      background: white;
      color: #444;
      width: 190px;
      border-radius: 5px;
      border: thin solid #888;
      box-shadow: 1px 1px 1px grey;
      white-space: nowrap;
    }
    #customBtn:hover {
      cursor: pointer;
    }
    span.label {
      font-family: serif;
      font-weight: normal;
    }
    span.icon {
      background: url('/identity/sign-in/g-normal.png') transparent 5px 50% no-repeat;
      display: inline-block;
      vertical-align: middle;
      width: 42px;
      height: 42px;
    }
    span.buttonText {
      display: inline-block;
      vertical-align: middle;
      padding-left: 42px;
      padding-right: 42px;
      font-size: 14px;
      font-weight: bold;
      /* Use the Roboto font that is loaded in the <head> */
      font-family: 'Roboto', sans-serif;
    }
  </style>
  </head>
  <body>
  <!-- In the callback, you would hide the gSignInWrapper element on a
  successful sign in -->
  <div id="gSignInWrapper">
    <span class="label">Sign in with:</span>
    <div id="customBtn" class="customGPlusSignIn">
      <span class="icon"></span>
      <span class="buttonText">Google</span>
    </div>
  </div>
  <div id="name"></div>
  <script>startApp();</script>
</body>
</html>