Method: indexing.datasources.items.upload

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

アイテム コンテンツをアップロードするためのアップロード セッションを作成します。100 KB 未満のアイテムの場合は、index リクエスト内にコンテンツ inline を埋め込む方が簡単です。

この API を実行するには、管理者アカウントまたはサービス アカウントが必要です。使用されるサービス アカウントは、対応するデータソースの許可リストに登録されているアカウントです。

HTTP リクエスト

POST https://cloudsearch.googleapis.com/v1/indexing/{name=datasources/*/items/*}:upload

この URL は gRPC Transcoding 構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
name

string

再開可能なアップロードを開始するアイテムの名前。形式: datasources/{sourceId}/items/{itemId}。最大長は 1,536 バイトです。

リクエスト本文

リクエストの本文には次の構造のデータが含まれます。

JSON 表現
{
  "connectorName": string,
  "debugOptions": {
    object (DebugOptions)
  }
}
フィールド
connectorName

string

この呼び出しを行うコネクタの名前。

形式: datasources/{sourceId}/connectors/{ID}

debugOptions

object (DebugOptions)

一般的なデバッグ オプション。

レスポンスの本文

成功した場合、レスポンスの本文には UploadItemRef のインスタンスが含まれます。

認可スコープ

次の OAuth スコープのいずれかが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/cloud_search.indexing
  • https://www.googleapis.com/auth/cloud_search

詳しくは、OAuth 2.0 の概要をご覧ください。