Are your users using Classroom with Google Meet? Check out the Apps Script quickstart covering how to check student attendance in Google Meet courses.

Method: courses.courseWorkMaterials.list

リクエストしたユーザーが表示できるコースの課題の資料のリストを返します。

コースの生徒は、PUBLISHED 件の課題の資料のみ表示できます。コースの教師とドメイン管理者は、コースの課題に関するすべての資料を閲覧できます。

このメソッドは、次のエラーコードを返します。

  • PERMISSION_DENIED: リクエストを行ったユーザーが、リクエストされたコースやアクセスエラーへのアクセスを許可されていない場合。
  • INVALID_ARGUMENT: リクエストの形式が正しくない場合。
  • NOT_FOUND: リクエストされたコースが存在しない場合。

HTTP リクエスト

GET https://classroom.googleapis.com/v1/courses/{courseId}/courseWorkMaterials

この URL は gRPC Transcoding 構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
courseId

string

コースの ID。この ID は、Classroom で割り当てられた ID または alias のいずれかです。

クエリ パラメータ

パラメータ
courseWorkMaterialStates[]

enum (CourseWorkMaterialState)

返される処理ステータスの制限。一致するコース課題の資料のみが返されます。指定しない場合は、処理ステータスが PUBLISHED のアイテムが返されます。

orderBy

string

結果の並べ替え順序(省略可)。並べ替えの方向のキーワード(省略可)を含むフィールドのカンマ区切りのリスト。指定できるフィールドは updateTime です。サポートされているルート キーワードは ascdesc です。指定しない場合は、updateTime desc がデフォルトの動作になります。例: updateTime ascupdateTime

pageSize

integer

返されるアイテムの最大数。0 または未指定は、サーバーが最大値を割り当てる可能性があることを示します。

サーバーから返された結果の数が指定した数より少なくなる場合があります。

pageToken

string

前の list 呼び出しで返された nextPageToken 値。後続の結果ページを返す必要があることを示します。

それ以外の場合は、list リクエストは、このトークンを生成したリクエストと同じである必要があります。

materialDriveId

string

コースの課題のフィルタ機能(省略可)。ID が指定した文字列と一致するドライブの資料が 1 つ以上ある。materialLink も指定した場合、コースの資料には両方のフィルタと一致する資料が含まれている必要があります。

リクエスト本文

リクエストの本文は空にする必要があります。

レスポンスの本文

成功すると、レスポンスの本文に次の構造のデータが含まれます。

コースの課題の資料を提出する際に回答する。

JSON 表現
{
  "courseWorkMaterial": [
    {
      object (CourseWorkMaterial)
    }
  ],
  "nextPageToken": string
}
フィールド
courseWorkMaterial[]

object (CourseWorkMaterial)

リクエストに合致するコースの教材アイテム。

nextPageToken

string

返される結果の次のページを識別するトークン。空の場合、これ以上の結果はありません。

認可スコープ

次の OAuth スコープのいずれかが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/classroom.courseworkmaterials
  • https://www.googleapis.com/auth/classroom.courseworkmaterials.readonly

詳しくは、OAuth 2.0 の概要をご覧ください。