ユーザーが Classroom と Google Meet を使用している場合は、Google Meet コースの生徒の出席状況を確認する Apps Script クイックスタートをご覧ください。

REST Resource: courses.courseWorkMaterials

リソース: CourseWorkMaterial

コースの教師向けに教師が作成したコース教材

JSON 表現
{
  "courseId": string,
  "id": string,
  "title": string,
  "description": string,
  "materials": [
    {
      object (Material)
    }
  ],
  "state": enum (CourseWorkMaterialState),
  "alternateLink": string,
  "creationTime": string,
  "updateTime": string,
  "scheduledTime": string,
  "assigneeMode": enum (AssigneeMode),
  "individualStudentsOptions": {
    object (IndividualStudentsOptions)
  },
  "creatorUserId": string,
  "topicId": string
}
フィールド
courseId

string

コースの ID。

読み取り専用です。

id

string

このコースの資料の、Classroom で割り当てられた ID(コースごとに一意)。

読み取り専用です。

title

string

このコースの課題タイトル。タイトルは、1 ~ 3,000 文字を含む有効な UTF-8 文字列にする必要があります。

description

string

このコースの学習資料の説明(省略可)。テキストは 30,000 文字以下の有効な UTF-8 文字列にする必要があります。

materials[]

object (Material)

補足資料。

コースの課題で使用できる教材は 20 個までです。

state

enum (CourseWorkMaterialState)

このコースの課題の資料のステータス。指定しない場合のデフォルトの状態は DRAFT です。

creationTime

string (Timestamp format)

このコースの課題の資料が作成されたときのタイムスタンプ。

読み取り専用です。

RFC3339 UTC「Zulu」形式のタイムスタンプ。解像度はナノ秒、小数点以下は 9 桁まで。例: "2014-10-02T15:01:23Z""2014-10-02T15:01:23.045123456Z"

updateTime

string (Timestamp format)

このコースの資料の前回の変更のタイムスタンプ。

読み取り専用です。

RFC3339 UTC「Zulu」形式のタイムスタンプ。解像度はナノ秒、小数点以下は 9 桁まで。例: "2014-10-02T15:01:23Z""2014-10-02T15:01:23.045123456Z"

scheduledTime

string (Timestamp format)

このコースの課題の資料が公開予定である場合のタイムスタンプ(省略可)。

RFC3339 UTC「Zulu」形式のタイムスタンプ。解像度はナノ秒、小数点以下は 9 桁まで。例: "2014-10-02T15:01:23Z""2014-10-02T15:01:23.045123456Z"

assigneeMode

enum (AssigneeMode)

コースの課題の資料の割り当て先モード。指定しない場合、デフォルト値は ALL_STUDENTS です。

individualStudentsOptions

object (IndividualStudentsOptions)

コースの学習資料にアクセスできる生徒の ID。このフィールドは、assigneeModeINDIVIDUAL_STUDENTS の場合にのみ設定されます。assigneeModeINDIVIDUAL_STUDENTS の場合は、このフィールドで指定された生徒のみが課題の資料を表示できます。

creatorUserId

string

コースの教材を作成したユーザーの ID。

読み取り専用です。

topicId

string

このコースの資料が関連付けられているトピックの ID。コース内の既存のトピックと一致する必要があります。

CourseWorkMaterialState

コースの学習教材の想定される状態

列挙型
COURSEWORK_MATERIAL_STATE_UNSPECIFIED 州が指定されていません。返されることはありません。
PUBLISHED 公開されているコースの課題のステータスです。これはデフォルトの状態です。
DRAFT まだ公開されていないコースの課題のステータス。この状態でのコースの資料は、コースの教師とドメイン管理者にのみ表示されます。
DELETED コースの資料が公開されましたが、現在は削除されています。この状態でのコースの資料は、コースの教師とドメイン管理者にのみ表示されます。この状態のコース教材は、しばらくすると削除されます。

メソッド

create

コースの教材を作成します。

delete

コースの教材を削除します。

get

コースの課題の資料を返します。

list

リクエストしたユーザーが表示できるコースの課題の資料のリストを返します。

patch

コースの教材の 1 つ以上のフィールドを更新します。