広告レスポンスに関する情報を取得する

デバッグとロギングの用途では、正常に読み込まれた広告が ResponseInfo オブジェクトを提供します。このオブジェクトには、読み込まれた広告に関する情報が含まれます。各広告フォーマット クラスには、読み込み後に入力されるプロパティ Ad.responseInfo があります。

ResponseInfo オブジェクトのプロパティには、以下が含まれます。

mediationAdapterClassName
現在の広告を取得した広告ネットワークのクラス名。
responseId
レスポンス ID は、広告レスポンスごとに固有の ID で、広告レビュー センター(ARC)で広告を識別してブロックするために使われます。
adapterResponses
広告レスポンスに含まれる各アダプタのメタデータを含む AdapterResponseInfo のリスト。メディエーション ウォーターフォールの実行をデバッグするために使用できます。

ウォーターフォールの広告ネットワークごとに、AdapterResponseInfo により次のプロパティが提供されます。

プロパティ 説明
adapterClassName 広告ネットワークを識別するクラス名。
credentials AdMob またはアド マネージャーの管理画面で指定されたアダプタ認証情報の文字列に関する説明。
adError ネットワークへのリクエストに関連したエラー。ネットワークが広告の読み込みに成功した場合、または読み込みを試行しなかった場合は null。
latencyMillis 広告ネットワークが広告の読み込みに費やした時間。読み込みを試行しなかった場合は 0
description ログに対応した AdapterResponseInfo の文字列バージョン。