概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google Wallet API では、あらかじめ定義されたさまざまなパス(ポイントカード、クーポン、ギフトカード、イベント チケット、乗車券、搭乗券、ワクチンカード)を通じて、ユーザーにアプローチすることができます。これらのフィールドはユースケース固有のフィールドや機能を備えています。

既存の 7 種類のパスがあらゆるユースケースに適しているとは限らないため、ここでは一般的なパスタイプを作成しました。その名前が示すように、ユースケースが他の特殊なタイプには該当しない場合は、一般的なパスタイプを使用してください。汎用パスを使用して特定のユースケースをサポートするには、リアルタイムでパスを可視化します。

ユースケース

以下では、一般的な業種向けのモデルの例を紹介します。

  • 駐車場所
  • 図書館会員カード
  • バリュー残高クーポン
  • ジム会員カード
  • 運転免許証
  • さまざまな種類の予約
  • 国境をまたぐ QR コード
  • お客様の事前スクリーン確認コード

始める

Google Pay とウォレット コンソールに汎用タイプを追加する作業はまだ進行中です。

ウェブAndroid 向けの Codelab を実際に使ってみるか、適切な統合を選択することから始めましょう。どの統合が適切かは、個々の要件によって異なります。また、主に顧客へのリーチ方法が異なります。