基本方針

GTFS の当初のビジョンを保ち続けるために、この仕様を拡張する際に考慮すべきいくつかの基本方針が確立されてきました。

フィードの作成と編集が簡単であること

仕様のベースとして選ばれたのは CSV です。CSV はスプレッドシート プログラムやテキスト エディタで簡単に表示や編集ができ、中小交通機関にとって都合がよいためです。また、ほとんどのプログラミング言語やデータベースから直接生成できるので、大量のフィードの提供者にとっても便利です。

フィードの解析が簡単であること

フィード リーダーは、探している情報をできるだけ少ない動作で抽出できなければなりません。フィード リーダーが実装するコード パスの数を最小限に抑えるためには、フィードに対する変更や追加はできるだけ広く応用できるものにします(ただし、最終的にはフィード リーダーよりもフィード提供者の方が多くなるので、簡単に作成できることが優先されます)。

仕様の変更に後方互換性を持たせること

仕様に機能を追加する際、既存のフィードが無効になるような変更は避ける必要があります。既存のフィード提供者がフィードに機能を追加するときに余計な作業が増えることは好ましくありません。また可能な限り、更新後のフィードの以前の部分を既存のパーサーで引き続き読み込めるようにする必要があります。

未確認の機能の追加は控えること

新機能が追加されれば必ず、フィードの作成や読み込みが以前より複雑になります。したがって、効果があると確認できている機能のみを追加するように気をつけなければなりません。どの提案も、その新機能を利用する実際の交通機関用のデータを生成し、その読み取りと表示ができるソフトウェアを作成してテストしてみることが理想的です。GTFS では、正式なパーサーまたはバリデータには認識されない特別な列やファイルを追加することで手軽に形式を拡張できるようになっているので、既存のフィードに対して簡単に試作の適用やテストができます。