フィードのタイプ

GTFS リアルタイムは、タイプの異なる 3 種類のリアルタイム データをサポートしており、これらを 1 つのリアルタイム フィード内で組み合わせることが可能です。以下にそれぞれの概要を紹介します。詳しい説明については、対応するセクションをご覧ください。

ルート最新情報

「バス X に 5 分の遅れが発生しています」

ルート最新情報は時刻の変動を表します。時刻表が作成されていてリアルタイム対応が可能なすべての旅程について、ルート最新情報を Google に提供していただくことになります。これらの更新情報では、ルート上の停車地での予想到着時刻または出発時刻を提示します。また、旅程の中止、時刻表への追加、さらにはルート変更など、より複雑な状況にも対応できます。

ルート最新情報に関する詳細をご覧ください。

運行情報

「Y 駅は工事中のため閉鎖されています」

運行情報では、特定のエンティティに関連した、より大局的な問題を表します。通常は、運行上の障害をテキストで記述した形式をとります。

運行情報では次のエンティティに関する問題を提供することができます。

  • 路線
  • 路線網全体
  • その他

運行情報は通常、問題について説明するテキストで構成されます。また、誰がこの運行情報の影響を受けるのかを把握できるように、より体系的な情報や詳しい情報が得られる URL を指定することもできます。

運行情報に関する詳細をご覧ください。

車両位置情報

「このバスは Y 時の時点で X にいます」

車両位置情報は、路線網を走る特定の車両に関するいくつかの基本的な情報を表します。

最も重要なのは車両の位置を表す緯度と経度ですが、車両の現在の速度と走行距離計の測定データを利用することもできます。

車両位置情報に関する詳細をご覧ください。

フィードタイプについて過去に寄せられたご意見

GTFS Realtime Specification の初期の仕様では、個々のフィードで 1 つのタイプのエンティティしか使用できませんでした。統合されたフィードからタイプ別フィードのスキーマに変換するツールのサンプルについては、https://github.com/bliksemlabs/gtfsrt-examples/blob/master/split_by_entitytype.py でご覧いただけます。