グローバル サイトタグ(gtag.js)は Google タグに変わりました。詳細

CMP プロバイダの同意モード

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

この記事では、同意モードを同意管理プラットフォームと統合する方法について詳しく説明します。同意管理プラットフォーム(CMP)プロバイダは、Google の同意モードと統合することで、Google サービスを利用するユーザーの利便性を高めることができます。

同意モードを使用すると、Google の測定システムは、ユーザーの行動全体で同意ステータスを追跡できます。Google タグと第三者タグは、ユーザーの同意に基づいて自動的に調整されます。たとえば、広告でのデータの保存についてユーザーが同意を拒否した場合、通常は広告 Cookie を設定するタグから Cookie のない ping が送信されます。

タグを手動でブロックする代わりに同意モードを使用すると、同意に関するユーザーの選択を尊重しながら、一般的な測定情報を収集できます。同意モードに対応するには、ユーザーが使用する各タグ設定プラットフォームにソリューションを提供する必要があります。