Lighthouse によるパブリッシャー広告監査の改善にご協力をお願いいたします。アンケートでご意見をお聞かせください。

ボトルネックとなっているリクエストを避ける

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

概要

この監査では、最初の広告リクエストを妨げている実行時間の長いリクエストを特定します。これらは、最初の広告リクエストが行われる前に開始され、レスポンスも受け取っていたリクエストです。妨げとなっているこれらのリクエストの数と実行時間を減らすことで、最初の広告リクエストの待ち時間を短縮して、広告の読み込みを高速化できます。

おすすめの方法

この監査の詳細では、妨げとなっている上位 5 件のリクエスト(費用基準)が示されます。ここでの目標は、広告の読み込みを高速化するためにこれらのリクエストを削除するか、実行時間を減らすことです。そのためには、次のようにすることをおすすめします。

  • 不要なリクエストを削除する。
  • 広告の読み込みが完了するまで、重要ではないリクエストを保留する。
  • リクエストを順次ではなく並行して発行する。
  • バックエンド サービスの最適化や HTTP/2 の使用などにより、レスポンス時間を改善する。

その他の情報

この監査では、費用面でボトルネックとなっている上位 5 件のリクエストが表示されます。リクエストの費用は次のように計算されます。

request duration + (request self-time * 3)

式中の「リクエスト自体の時間」は、実行時間から他のリクエストによって妨げられた時間を引いた値に等しくなります。この時間が 250 ミリ秒を超えるリクエスト、または実行時間が 1 秒を超えるリクエストのみが検討対象になります。