広告タグを非同期で読み込む

概要

この監査では、広告タグ ライブラリ スクリプトが非同期で読み込まれているかどうかを確認します。

デフォルトでは、JavaScript は同期して実行されます。つまり、スクリプトが発生すると、そのスクリプトがダウンロード、解析、実行されるまで他のコンテンツは読み込まれません。非同期で実行するように設定すると、指定したスクリプトがバックグラウンドで読み込まれている間も、ブラウザで他のリソースの処理を続行できるようになります。これにより、スクリプトの読み込み中もページの応答性が維持され、すべての重要なコンポーネントの読み込みに必要な時間が短縮されます。

おすすめの方法

スクリプトタグの定義に async 属性を追加します。例:

AdSense

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

AdSense(自動広告)

<script async data-ad-client="ca-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx" src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

Google パブリッシャー タグ

<script async src="https://securepubads.g.doubleclick.net/tag/js/gpt.js"></script>

その他の情報

次の広告タグ ライブラリ スクリプトがサポートされています。

広告タグ ライブラリ スクリプト
AdSense

pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js

Google パブリッシャー タグ

googletagservices.com/tag/js/gpt.js

securepubads.g.doubleclick.net/tag/js/gpt.js

Google パブリッシャー タグを使ってみる
GPT のリクエスト モードと非同期レンダリング